2013年05月29日

情報の整理について

情報とは新しいものほど価値があり、古い情報は捨てられるべき
ものである。ということもあるが、情報建築家を名乗る以上、

ここで情報の整理をしておこうと思った。

なぜなら、せっかく書いたんで・・・。
古い順に並べていくんで、暇な時にでも読んでください。

あわせて、このブログの影のテーマである
「デザインセンスをつけよう」のブログはこちらから

誰でも学べるデザインの学校 Design University



このブログ・カテゴリー別分類と
記事一覧



情報について(私の勝手情報)

・このブログの存在理由
・このブログの存在理由 その2
・役に立つ情報とは?
・一生を変えてしまう愛がある
・なんで私も、このCMなんだろう?
・頑張れ、ジーコジャパン!!
・うちの息子が骨髄ドナーに
・中村獅童の情報流出
・強力なライバルが・・
・三つ折りのフェイスタオル
・障害物競争なのだから・・・
・マインドマップ思考法
・札幌デザイナーズウィークの開催
・社会ニュース?芸能ニュース?
・あなたの個人情報は大丈夫か?
・新年を迎えて・・
・Good Luck
・札幌雪祭り期間中のデザイン関連イベント
・2年前の4月25日
・自らの身の処し方を考える
・天国からのメッセージ
・札幌デザインウィーク2007
・2008年・平成20年、新年にあたって
・プロダクトデザイナー 須藤大介氏
・いつも希望を持って生きよう!!
・世の中の空気を読む
・自分が変えられないようにするために・・・
・札幌デザインウィーク2008
・時の流れに身をまかせて・・・
・日本の貧困率 長妻厚生労働相が発表!!
・札幌デザインウィーク2009
・何か、おかしくないか?
・情報の偽装工作について



デザインに関して(思うこと)

・ライフデザインとは?
・デザインのススメ!
・デザインの勉強の仕方
・感動、感性、感受性とは?
・絵に描いた餅
・キャンドルナイトの日
・知識を溜め込むだけでは
・信念とこだわり
・変わろう、変えようと意識する
・アメニティ・デザインとは
・「しつらえ」とは
・ハイ・コンセプト思考を持とう
・スーパーマリオだっけ?
・デザインのヒントの発信
・感性の扉をひらく
・おおいに恥をかこう。
・貴方のコアコンピタンスとは
・デザイン物は小指を立てよう。
・初動の動きが大事!!
・21_21 DESIGN SIGHT に期待!?
・こだわり力をつける
・アジアンビューティーとは
・「美しい○○」より「格好いい○○」
・「こどもごころ」を持とう!!
・デザインバイブル2008 改訂
・『ここだ』という瞬間がある。
・どうしたらデザインセンスがアップするか?
・あなたとは違うんですデザイン!!
・これからの時代に必要な能力とは!?(デザインバイブル2009 改訂)
・結婚式のシークエンスとイマジネーション
・H22、天皇誕生日に思ったこと
デザインバイブル2012改編にあたって




建築について(言いたいこと)

・装飾ということをしない建築
・建築の松・竹・梅(特上・上・並)
・有名建築家と無名建築家
・建築のふさわしさ、適切さ、気配
・建築のプロフェッション
・建築デザインはツライ
・建築はワーキング・プアか?
・忙しさを快感にしよう
・ワクワクすること
・「たたずまい」とは
・昔取った杵柄(きねづか)
・リ・デザイン、リ・フォームとは
・「ハレ」と「ケ」
・言葉、経験、感情
・建築設計業界のいじめについて
・お空の神様が怒ってる?!
・建築が生まれるとき
・住宅のプランニングについて
・建設・建築は死闘
・いい顔で働こう。
・リフォームとリノベーション
・建築士はみんな悪者か?
・建築設計事務所の仕事 その1
・建築設計事務所の仕事 その2
・建築設計事務所の仕事 その3
・2007年の暮れに
・建築士試験と教員試験
・政権担当能力と設計担当能力
・次の新しい建築の時代は!?
・貧困スパイラル社会の逸脱のために
・2010新年度にあたっての雑感。



仕事について(考えていること)

・二人の石工、二人のデザイナー
・自分の壁にぶち当たった時
・工夫しよう。苦労は買ってでもしよう。
・健康になろう。決断をしよう。
・恋をしよう。大いに恋をしよう。
・ブロガ−になろう!! [自分のバックボーンを持とう。]
・人間の器
・実力は立場がつくる
・人とうまく付き合うには
・個性的であること
・わらしべ長者の話
・花火大会で考えたこと
・優れたアイディアを生むには
・遊牧型の人間になろう
・仕事が嫌になった人へ
・デレゲーションを受ける・・・
・ケナゲに生きよう。
・「型破り」をビジネスの参考に・・・
・スランプに陥ったら
・仕事の迷いから抜け出したいとき
・自分の支配的な価値とは
・忙しい中毒?
・新年度のスタートです
・世界の中心で愛を叫ぼう!!
・役割責任のためにギクシャクしよう!!
・仕事が趣味!!
・丹田(たんでん)をきたえる
・不安を抱える自分を好きになろう!!
・ナンバーワンよりオンリーワンへ
・ネガティブな今日この頃、ポジティブに生きよう



業界研究について(アドバイス)

・設計事務所について
・店舗設計・商業施設関連会社について
・住宅(ハウス)メーカーについて
・建設会社・工務店について
・インテリア関連・設計施工業界
・インテリア関連・物流販売業界
・住設機器・厨房関連業種
・CADデータ出力・デジタルデータ処理
・建具・家具製造、木工関連業界
・ディスプレイ・装飾関連業界
・ジュエリー・アクセサリー関連業界
・陶芸・やきもの関連業界
・生花装飾系関連業界
・広告代理店関連業界
・広告制作会社関連業界
・印刷・製版会社関連業界
・看板・屋外広告制作会社関連業界
・雑誌・出版・編集関連業界
・写真スタジオ・写真館・現像ラボ関連業界
・ゲーム会社関連業界
・アニメーション制作業界
・CG画像・映像制作業界
・インターネット事業・ホームページ制作業界
・番組映像制作業界
・キャラクター関連事業・業界



就職に関して(思うこと)

・ニートとフリーターについて
・ニートの解釈について
・人生は所詮、人真似
・海水浴へ
・働けど 働けどなお 我暮らし・・
・何もしないことを恐れよう!!
・就職戦線、作戦変更だ!!
・目標確認と就職・転職カウンセラー
・新入社員のタイプ
・笑い話のような本当の話。
・2010年 年頭所感(事に触れて心に感じた事柄)
・鶏頭となるも牛尾となるなかれ



転職・起業について(考えていること)

・興味、企画、起業とは?
・会社を辞めたくなったら
・チームに違和感を感じたら
・別世界「アナザーワールド」
・あなたのアイデンティティとは
・起業家精神をもとう!?
・社会起業家になろう!!
・会社に対する相性とは、
・あなたの会社は大丈夫か?
・忘年会の前の飲み会は、
・情報ビジネスの未来
・ホリエモンのビジネスモデル構築法
・無料ホリエモンビジネス動画 第2弾


人生・生き方に関して(徒然草の勝手な解釈)

第1段 望むべき人の姿とは
第2段 国の頂点に立つ者
第3段 色好まざる男なんて・・・
第4段 後々のことを考えて・・・
第5段 悲しみの淵に明日のパーティ
第6段 子供は、かわいいぞ〜
第7段 わいは、八十歳まで生きるぞ。
第8段 人の心惑わせるもの
第9段 女性の髪は美しい
第10段 建物に宿る心
第11段 「たたづまい」と「しつらえ」
第12段 まめやかの心の友
第13段 古い書物をデスクトップで広げ
第14段 昔の歌は良かった〜!
第15段 しばし旅立ちたるこそ
第16段 神楽こそ、なまめかしく
第17段 お空の神様につかえよう
第18段 たまにはモダンデザインもいいけど
第19段 季節への思い、それぞれに
第20段 名残惜しい人になろう
第21段 水の流れはとどまることを知らず
第22段 温故知新
第23段 その場所の持つポテンシャル
第24段 空間のおもむき
第25段 産業突然死の時代
第26段 荒れ果てた庭に咲くスミレ
第27段 もう、はや過去の人
第28段 わび・さび とは
第29段 寝静まった夜に一人
第30段 人の亡き跡ばかり、悲しきはなし
第31段  時候の挨拶も出来ないなんて
第32段 来客への思いやりのある気遣いとは
第33段 その一言が大変に重い

ただの日記(でも、濃い。と思う)

続きを読むをクリックしてください。

人気blogランキングへ

続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 00:00| Comment(1) | TrackBack(15) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

情報の偽装工作について

ブログ、再開します。というか、復活です。

あの2011.3.11以降、無力感と脱力感のなかでブログを投稿するのも
何か億劫になっていたのだけど、ここに来てブログの再開です。

あまりにも、頭にくるぐらい既得権益集団やそれに取り込まれた
やつらの偽装工作、洗脳工作がひどいものだから、書かずには
いられないという現状です。


私が師と仰ぐ小沢一郎先生の現在の状況は、昨日、今日のニュースを
見れば判るように、「脱原発・反消費税増税・反TPP」の国民連合で

ある新党「日本未来の党」に「国民の生活が第一」の党首を投げ打って
集結している。

既得権益集団やその尖兵であるマスメディアが、全局を挙げて創作して
きたシナリオに「ちょっと、待った〜」っていう感じで、実際は

さりげなく、何ヶ月も前からマスゴミなどに気付かれないように、
こっそり準備してきたことを、選挙公示まであとわずかという状況の、

今の時点で公表されたものである。


マスゴミは民・自・公の大政翼賛談合勢力と橋下・石原維新だけを
主たるプレーヤーとして総選挙を実施することを目指して、

橋下・石原のTV電波芸者の芸能を利用し連日応援報道してきた。


権力欲に取り憑かれた石原暴走老人に、原発、消費税、TPPを
些細な問題だと言わせ、脱官僚だけの主張で今回の選挙の争点ボカシを
図ったのだ。


メディアは今回の総選挙を「政局」だけの選挙にしようとしてきた。
それが橋下・石原騒ぎの本質であり、マスゴミなど既得権益集団に

利するようにするためのシナリオであり、国民への偽装、洗脳工作で
あったのだ。

実質、民主・自民についで第3の人数であった「国民の生活が第一」の
無視というか、歯牙にもかけないて、「維新」、「維新」と持ち上げて
いたのである。

民・自・公と「日本維新の会」は最初から補完関係にあって、
選挙後は既成政党の談合政治に突入し消費税増税、原発推進、TPP推進で

私なんぞ、また無力感と脱力感で生きていかなければならないかと
暗〜い想いだったのである。


それが、ここ2、3日の小沢一郎氏や亀井静香氏の動きで
「反消費税増税」「脱原発」「反TPP」の勢力が集結する、本当の第3極。

(政策で言えば第2極なのだ。)「日本未来の党」への集結である。

昨日のマスゴミは、「日本未来の党」への批判が噴出していると
橋本や自民党の高村老害の意見のみを放送し、「日本未来の党」への

期待コメントを一切スルーして、マスゴミのシナリオ崩壊に大ピンチと
いう状況だったのだろう。


しかしである、そんな中、滋賀県の嘉田由紀子知事は小沢さんの
影響があるのではないかと報道陣に聞かれたとき、「その影響が
無いように決めていきたい」と述べた。


又、何をビビッテいるのだ。何故こんな馬鹿な失礼な言い方をするのだ。
と言いたい。

また、飯田哲也代表代行も小沢一郎代表の「日本未来の党」での
処遇については「無役だと理解している」と言明したという。

ふざけるな〜!!と言いたいのである。「反消費税増税」「脱原発」
「反TPP」この主張を一貫して貫いてきた中核の存在が、小沢一郎氏が

率いてきた「国民の生活が第一」であろう。もっと毅然とせい!!

新党「日本未来の党」の中核に小沢一郎氏が位置するのは言うまでもない
ことである。

マスゴミに迎合する形で小沢色を消すということは、マスコミの論理を
正当化したことになり、その時点で、負のイメージとしての小沢色なる
ものを内包していることを自ら認めたに等しい。

大半の議員が小沢氏の志を良しとして集結した(国民の生活が第一の)
前議員たちであるにも拘らず、いくら、化粧や衣装を変えて、

小沢色を消しますといったところで、喜ぶのは、マスゴミぐらいである。


マスゴミは、そうした発言を捉えて、小沢隠しをしていると批判できる
言質を得た訳であるから、また何かあると「前はこう言っていたでは

ないか・・・。」というに決まっている。


小沢色を消す必要は全くないはずだ。堂々と「最大勢力の小沢さんの
党に参加頂いた。」

「小沢さんを中心に、既得権益集団を豪腕でぶっ壊す。」と言えば
いいのである。


その場合マスコミはスルーするが国民は注目したはずだ。
それでよかったはずだ。


それで選挙に勝てないなら、日本国民は終了したのであり、
放射能惨禍の中で、世界中から避難を浴びて滅亡していくのみである。


かりに、小沢氏の影をなくしたり、小沢色を消すことで、果たして本当に
選挙に勝てるのか?

日本が抱える官僚機構の矛盾を放置したまま、嘉田、飯田氏を
代表とする政権が取れたとしても、また民主党の二の舞になるのではないか?

小沢色を消すといった時点で、民主党の二の舞になる可能性が
極めて大きくなった。


なぜなら、この小沢問題にこそ、日本の官僚機構の矛盾が
集約されているからである。

小沢色を消すということは、日本の官僚機構が内包する、
ウソ、インチキ、隠蔽、彼らの言うところの国益(既得権益)等に
目を瞑ることに等しい。


小沢氏色で勝てなければ、卒原発も官僚機構の壁に阻まれて、
消滅の運命をたどるのは目に見えている。

小沢色っていう亡霊に取り付かれた民主党が辿った道である。


嘉田氏や飯田氏の能力がどれほどのものか知らないが、こんなことで
マスゴミに併合しているようではいくら頑張っても、官僚どもに

赤子の手をヒネられるごとく、何も達成できないのではないかと
考えてしまう。

嘉田由紀子知事は今日もまた「表には出ていただかないように
してもらう。」とか、言っているが、小沢一郎を苦しめてきた陸山会事件は、

決着(11月19日)がついたはずだ。

司法の全てを駆使して小沢有罪を勝ち取ろうとしてきたのだが、
それを果たすことは出来なかった。完璧に無罪といういうことなのだ。

司法の完敗である。背後の黒幕・CIAワシントンの陰謀から、
小沢は見事に生還した。


3年余の苦闘から解放された小沢の、永田町最後の戦いが、
これから開始される。

マスゴミは「豪腕、小沢」と揶揄しているが、官僚機構は豪腕じゃなきゃ
改革できないだろうに。


「壊しや小沢」じゃなきゃ、消費税増税法案や原発推進を
壊すことなんて無理なことは、民・自・公の大多数に、維新の野合勢力、

そしてマスゴミの電波利権保守勢力の力を見れば明らかだろう。

まずは最初の戦いは、CIA・財閥・官閥に操作されているメディア・マスゴミ
なのである。


メディア・マスゴミの本音、意図などを確認していかないと、うまく
ごまかされてしまう。


その情報が 誰によって 流されているか?

なぜ今 流されているか?


事象解析をし、その事象・情報で だれが利益を得るか?

じっくり、現在の状況を見据えていきましょう。


そんなことを考えていると、こんなブログがありました。



政経徒然草


 「小沢が権力を握る」だの「嘉田氏が小沢氏の操り人形になる」だの、
そんな批判は織り込み済みだ!・小沢さんの掌で踊るマスコミ

http://haru55.blogspot.jp/2012/11/blog-post_29.html
 
    

情報の偽装工作について・・・怒りでした。
「日本未来の党」、小沢一郎と旧「国民の生活が第一党」
 応援団です。

posted by 情報建築家・niNaru  at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

新生活応援プレゼントの紹介

100万部のベストセラー、2000億円のヘッジファンドを
世界35カ国で展開するジェームス・スキナーからの

新年度のスタートにあたって「新生活応援プレゼント」の紹介です。

アメリカ生まれの彼は19歳の時に、「日本、カッコイイ!行かなきゃ!」
と突然思い立ち、来日。


お金もない、コネもない、日本語もロクに話せない、
そんな彼の当時の生活費は月5万円。


東京の下町で、線路とパチンコ屋に挟まれた、手足を伸ばせば壁に
届いてしまう様な、狭い4畳半一間の部屋で暮していました。


彼はこの狭い四畳半一間の部屋を
8年間もの間抜け出す事が出来なかったのです。


ちゃんと仕事もしていたにもかかわらず、預金残高はほとんどない、
人間関係もうまく行かず、健康状態もよくないという最悪の状況でした。


そんな彼がどの様にして億万長者になれたのか?
その秘密をここから無料で聴く事が出来ます。


↓ ↓ ↓
http://123direct.info/tracking/af/282980/ONhEFvkH/



もしあなたが、本当に人生を変化させたいのなら、
ぜひこのオーディオを聞いてみることをお勧めします。

↓ ↓ ↓
http://123direct.info/tracking/af/282980/ONhEFvkH/



併せて、誰でも学べるデザインの学校でも新年度のスタートに当たって
デザインを学習したいという方の応援企画を実施しています。


新年度スタートキャンペーンのお知らせページで確認を

↓ ↓ ↓
http://design-university.blogspot.jp/2012/04/blog-post.html




久々のブログアップでした。
2012年、新年度にあたって、まずはプレゼント等のご紹介でした。

posted by 情報建築家・niNaru  at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

何か、おかしくないか?

心配していた通り、民主党の小沢幹事長への検察審査会の議決が
「起訴 相当」と本日出されました。

今月の19日頃より、検察審査会が小沢氏に起訴相当という結論を
出すだろう、という情報が漏れ出していました。

鳩山首相や小沢幹事長に関する検察審査会の審議が異様なスピードで
進んでいることも、そして、検察審査会が小沢氏の検察官らに説明を

求めたことなども情報が流れていました。
本来であればこの検察審査会は秘密会などで情報などは外に流れることは

ないとされているのですが、またしても何処かの人々世論操作の
一環なのでしょう。

そして、昨日は鳩山首相、今日は小沢幹事長への検察審査会の議決でした。
その理由を見てみると
小沢民主党幹事長「起訴相当」議決の要旨 

本当に、小沢幹事長を痛めつけて民主党から追い出したら、勝手に民主党は
崩壊してくれるだろうし、マスコミのクロスオーナーシップ制度や電波利権も

民主党が崩壊してくれれば、今のままテレビ業界は安泰だから
とにかくあの小沢幹事長を徹底的に痛めつけてやれとでも思っている

ということなのでしょう。

テレビのニュースでは、東京第5検察審査会には11人の一般の人が集められ
検察庁の事務方の説明などで議決を行ったらしいのだが、秘密の会なんで

どんな状況なのかはまだ不明のところなのだが、なんでも11名全員の
議決らしい。

この、議決の趣旨を読むと
続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

札幌デザインウィーク2009

ここ札幌は今年も「デザインウィーク」の季節がやってきました。

→→SAPPORO DESIGN WEEK 2009


このHPからエリアマップ・タイムテーブルを見てみましょう。
今年もいろんなところで、いろんなイベントが目白押し。

フォーラムとセミナーを列挙するだけでも下記の通り。

◇第13回 あかり百人百灯展 札幌記念セミナー
◇カンディハウス札幌 第2回クリエイティブミーティング

◇「オーガニックなデザイン〜デザインを身近に〜」
◇建築3次元シュミレーション&インタラクティブツール体験セミナー

◇ケント・ハウス デザインセミナー&パーティ
◇サインデザインセミナー

◇SAPPORO ECO DESIGN PROJECT 講演会「中村好文さんのエコで愉快な暮らし」
◇JCD北海道支部作品発表展 ノンストップトークセッション

◇次世代商いタイトルマッチ 新感覚トークショー
◇JAGDA北海道 ポスター展 トークショー&パーティ

◇16人のクリエイターによる椅子展 ギャラリートーク
◇卒業設計日本一決定戦2009巡回展 トークショー

◇体験型ユニバーサルデザインセミナー
◇HIPA 2009 札幌デザインウィーク

◇別冊UN40 建築展〜未完のプロジェクト展U〜 トークイベント
◇第34回北海道建築賞 2009年度 表彰式・講演会

今年のテーマは「オーガニック」ということですが、
オーガニックとは有機的なものを意味することで、

有機栽培でつくられる食物や繊維、動物であれば化学飼料を
一切与えていない動物で良く見かけるのが、地鳥とか鶏卵などですね。

この「オーガニック」というキーワードで、様々な建築やインテリア、
ファッションなどデザインと、どう関わっているのか?

やはり、この時期はプロ野球のクライマックスシリーズで
気になるところですが、デザインということを考える絶好の

一週間なのである。
札幌においても、新型インフルエンザの感染が急速に拡大しています。

昨日、久しぶりに地下鉄に乗ったのですが、あまりマスクをしている人が
いないなーと思ったら、どうも普通の人と乗ってる時間が違ったようで、

アルコールで消毒ばかりしている人達の時間だったようです。(わかるかな〜?)
人前で咳なんてしようものなら白い目で見られるますが、咳エチケットの励行など、

感染予防に注意しながら、デザインウィークを盛り上げましょう。


札幌以外で言えば、『東京デザイナーズウィーク』

2009年10月30日(金)〜11月3日(火)の5日間、明治神宮外苑一帯は
デザイン一色に染まります。

この『東京デザイナーズウィーク』の開催にあわせて、国内最大級の
デザインポータルサイト『DESIGN CHANNEL』も開設されていますので、

是非ご覧になってみてください。


→→『DESIGN CHANNEL』 


大阪や名古屋などのデザイナーズウィークは先週や、今週で
終了してしまいましたが、他の地域ではこれからのところもあると

思いますので、どうぞご自分で調べましょう。
そして、「デザインしよう!!」と思ったらここ↓↓

⇒⇒誰でも学べるデザインの学校   


今日は取り急ぎ、デザインウィークの情報でした。

posted by 情報建築家・niNaru  at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

日本の貧困率 長妻厚生労働相が発表!!

最近、厚生労働省のお役人達に篭絡されたと噂されている
長妻厚労相なんですが、今月6日に所得の低い世帯の割合や

所得格差を示す「貧困率」の調査に着手することを明らかにして
いたのですが、本日、その貧困率について政府として初めて

その数値を発表しました。
あの竹中平蔵氏の名セリフ「大問題としての貧困はこの国にはない」って

言うことを受けて、自民党時代には一切、調査はしていたんだろうけど
国民には公表してこなかったこの「貧困率」が、明らかになりました。


・・・・・ここから・・・

雇用状況の悪化などによって貧困の問題が深刻化していることを受けて、
厚生労働省は国民全体のうち貧困の状態にある人の割合を示す「貧困率」が、

おととしの時点で15.7%だったことを初めて公表しました。
           ・・・・・NHKニュース ここまで引用・・・・・


ここでいう貧困率は、日本国民全体の中での相対的な貧困率で、
「相対的貧困率」というそうなんだが、んじゃあ「相対的貧困率」とは

なんぞやっていうと・・・・・。

YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091020-OYT1T00665.htm

続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

時の流れに 身をまかせ・・・

時の流れに身をまかせ過ぎてしまいました。

またまた、1ヶ月以上もブログアップが疎かになっていました。
緊急案件の処理と、なにせ全国的にゴールデンウィークだったものですから。

ゴールデンウィークなど、本当は関係のない弱小企業の我が身ですが
時の流れに身をまかせて・・・・

豚インフルエンザが、いつの間にか新型インフルエンザにごまかされて
「絶対アメリカ産の豚肉は食べないぞ」と心に誓い、もうこりゃあ

新型細菌兵器の漏出事故に違いない。そう思った私は、ここ札幌も
豚インフルエンザ細菌が蔓延するに違いないと・・・・。

そうであれば遊ぶのは今の時期しかないということで・・・。
そんなわけで、1年に一度の桜の開花に「花見」で宴会三昧。

ついでに「ETC高速料金割引」という時の流れに乗っかろうと・・・
しかし、普段あまり高速道路には乗らない私の車にはまだETCがついていなかった。

政府・自民党のばら撒き経済対策の、この流れには乗っかることも出来ず
桜の開花にあわせて北上の小旅行に行ってきました。

今年は結構、桜の開花の北上スピードも速く道央や道北の都市でも
満開の桜を見てくることが出来ました。

あと何度、花見が出来るんだろうか?映画の「感染列島」みたいに
ならなければいいなと思いながら、海外旅行にいけない言い訳を

時の流れの「豚インフルエンザ」のせいにしながら過ごしておりました。
続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

札幌デザインウィーク 2008

SAPPORO DESIGN WEEK 2008
ホームページがようやくアップされました。
ここ→→ http://www.hokkaidodesign.com/


ここのところ、この私めのブログにタイトルのキーワードで
ご訪問いただき、2008じゃなくて2007の情報しか載って

いなくでごめんなさい。・・・でした。
さて、本年度の札幌デザインウィークですが、
今年のコンセプトは
 デザインで街を楽しくする。
 デザインで空間を美しくする。
 デザインで企業を元気にする。
 デザインで心を豊かにする。

ということで、さまざまなイベントが
札幌市内で10月31日から11月3日まで行われます。

ようやく本家本元のホームページがアップされたようなので
その紹介と、勝手なお勧め語録。

上記HPを見ると、今年もいろんなところでデザインのイベントが
開催されますのでその中から、お勧め情報をお伝えします。

来週末は、デザインウィークでデザインを考えてみましょう。
なお、札幌以外のデザインウィークは、

東京デザイナーズウィーク2008はこちら
→→ http://www.design-channel.jp/

その他の都市はもう始まっているところもあるので、
ご自分で調べましょう。

続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

自分が変えられないようにするために・・

ハゲタカとも言われてきたリーマンブラザーズの破綻。
負債総額は6130億ドル(約63兆8千億円)。

破綻したときに踏み倒しができるという負債額。
63兆8千億円はただ忽然と消えていくものでしょうか?

ま〜あまりにも額が大きくて???
名古屋のウイロウ・・・お前もかって・・・・身近な話題。

とうとう自殺者が出てしまいました。
ここから・・・・
農薬で汚染された米が食用として流通していた事件で16日、

汚染米の流通先として公表された奈良県の米穀販売会社の社長が
自殺したことが分かった。

奈良県警によると、死亡したのは同県広陵町の米穀販売業「ナカガワ」の
男性社長。16日夜に自宅で首をつって自殺したと見て調べている

                   ・・・・ここまで

この男性社長の思いとはいったい何だったのでしょう。
つい、10日ほど前まではそんなにぼろ儲けはしないけど

商売がきちんと成り立っていたのに、仕入れ先の業者から「安全」と
言われ続けていたお米が、ある日一転して毒米だった・・・・。

自分の顧客への申し訳なさ、信用して仕入れしていた会社への裏切られた思い、
末端流通なのにいきなり公表された怒り、日本政府へのあきらめ・・・・。

いろんな思いが噴出してきたのでしょう。でも、死んではいけません。
何も知らずに流通業者から購入してただ販売していただけなのですから・・・・。
(だと思います。)

いよいよ、姉歯さんの事件の耐震偽造の時のようになってきました。
いろんな仕組みが内部告発から日の当たるところへさらけ出されています。

続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 20:00| Comment(1) | TrackBack(3) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

世の中の空気を読む

久しぶりのブログのアップなのだけど、やはり世の中の
空気を読むと、この話題に触れなければいけません。

と、言うか他の話題にすることが何かいけないことのような・・・・。
5月に入って、この世界中で何人の人が亡くなったのでしょうか?

ミャンマーでは、10万とも20万とも言われていますが、
軍事政権下のため、詳しいことは良くわかりません。

そして、中国でももう生き埋めの人も含めて5万人とも言われ
益々多くなるのではないかと危惧されています。

そして、もっと不安なことが近くのダムが決壊しそうだということ。
もし紫坪鋪ダムが決壊すると、下流域の人たちにも被害を及ぼし

世界遺産の都江堰も甚大な被害を被るとして対応を急いでいるそうだ。
ここから 山陽新聞 WEB NEWSより

【北京14日共同】新華社などによると、中国の四川大地震で、
震源地の四川省アバ・チベット族チャン族自治州☆川(ぶんせん)県に

ある紫坪埔ダムの堤頂部に亀裂が見つかり、「極めて危険な状況」
(地元幹部)となったため、水利省は14日、ダムの安全確保のために

緊急放流を開始した。
同ダムは2006年に完成した発電や洪水調節用の多目的ダムで、

総貯水量は日本最大の徳山ダム(岐阜県)の2倍弱に当たる
11億1200万立方メートル。水利省は、仮にダムが決壊すれば、

約9キロ下流にある人口約60万人の都江堰市が、完全に水没する
大災害になるとして対策を急いでいる。

紫坪埔ダムでは同日、水利省次官や専門家がダムを検査し、通常の
放流量を大幅に超える毎秒700立方メートルの放流を行うことを決定。

また万一に備えて、既に約2000人の兵士が現場に急行しているとの
情報もある。

(注)☆はサンズイに文
                    ・・・・ここまで・・・
続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

いつも希望を持って生きよう!!

昨年12月の全国的に知っている人は知っているRC−Zの家の
早川工務店の倒産や、そして今月5日の北海道ではちょっと

有名であの小泉元首相もこの会社の工場を見学されたことも
あるという、木の城たいせつというハウスメーカーの自己破産。

本当に北海道の建設業界、特に住宅関連業界は
やっぱりだめか〜という状況になってきておりますが、

本日、スペースシャトル・エンデバーのドッキングが成功しました。
このエンデバーってもう何回飛んでいるんだろうかとも

思ってしまいますが、宇宙飛行士の土井さんが乗り込んで
いることから、私も成功の報道を聞くまでドキドキしていました。

地上で建設会社の倒産だ、自己破産だといっている間に
地球上上空では着々と国際宇宙ステーション(ISS)の建設が
進んでいるのです。

スペースシャトルによるISS組み立てミッションとしては25回目で、
「1J/Aミッション」と呼ばれるそうだ。

今回は3回に分けて取り付けられる日本の実験棟「きぼう」を
取り付ける最初のミッションで、保管庫の役割を担う船内保管室が

ISSに取り付けられるとのこと。
そして、この取り付け業務を行うのが土井隆雄宇宙飛行士なのです。

今日(13日)の夕方、5時にエンデバーとISSのドッキングに
成功し、ISSの中に入ったとニュースで伝えてきております。

そうこうしていると、とうとう円高で1ドル99円!!
まっ、1ドル85円という時代にちょうど建築関係の輸出業務を

していた私としては、もう何があっても「へっちゃら〜」。
それに伴って株価がまたまた、今年最高の下落だって・・・・オド、オド。

そんな、今日この頃ですが皆様お元気でお過ごしでしょうか?


 

続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

プロダクトデザイナー 須藤大介氏

株価がまたしても暴落している本日、中国からの
餃子の話題で持ちきりの日本全国ですが、ここ札幌

また、今年も札幌雪祭りが始まりました。

昨日の火曜日(5日)から始まっていて今度の
月曜の祝日(11日)までというスケジュールです。

HP→→http://www.snowfes.com/


もう、第59回というさっぽろ雪祭りなのですが、
そこで行なわれている第35回国際雪像コンクールと

いうイベントも、もう第35回だって・・・・。
もう35年間だよ。私も年を取るわけだ。当たり前か。

本日21時まで世界各地の国・地域・都市による
15チームが参加して雪像制作を競いあいました。

実際は見に行っていませんので、競い合ったはずです。
まっ、各チームが雪像を作ってそれの立体作品を

審査員の審査を受けて優劣を競うというものなのです。
審査は明日の午前中のはず。

さっぽろ雪まつり大通会場「国際広場」という場所で
行なわれているのですが、近くには市民雪像の広場もあって

私も学生の頃は市民雪像参加者でしたので解かるのですが、
そりゃあ、作るのは雪が降ったり寒かったりと大変なのです。

その辺の事は、上記のサイトなどから調べていただくとして

今日は、その国際雪像コンクールはもちろんイタリアや
スウェーデンのコンクールや韓国などの雪像大会にも

日本代表として出場したことがあるというプロダクトデザイナーの
須藤大介氏を紹介しましょう。
 

続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

2008年・平成20年、新年にあたって

新年あけましておめでとうございます!!
2008年が始まりました。平成20年が始まりました。

もう、平成元年生まれの若者でさえ成人式です!?
いえ、昭和天皇が亡くなって20年かと・・・・。感無量!?

正月早々、某施設の耐火壁の設計仕様に付いて打ち合わせを
していたら、建材偽装でメーカー40社が試験とは違う仕様で

建材を販売していたとか・・・・!?
我々、一般庶民は一体何を信じて生きていけばいいのでしょうか?

と、言いながら2008年が始まりました。
何か、段々といろんなことに頑張る気力というか・・・。

いかんいかん。今年も頑張るぞ〜!!

今の時期だからこそ、今年の目標を立てたでしょうか?
デザインの世界でいえば、今年のコンセプトは何だろうか?

あなたはどんなコンセプト(目標)を立てたでしょうか?
今年はどんな人生をデザインすることにしたのでしょうか?

想いは人それぞれです。そして、でも想いの無いところには
デザインは生まれません。

ああしたい、こうしたいという小さな想いから
デザインはスタートするのです。

新年の今の気持ちを大切に、そして今年の大晦日の頃には
「すばらしい2008年であった!」と言えるよう

どうぞ新たな目標に向けて、ご自身の「志・想い」を新にして
素晴らしい平成20年の時を歩まれることを

心からお祈りしています。
 
私も皆様に負けぬよう体に、そして気力に鞭打ちながら
頑張っていこうと思っております。

そんな訳で、本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

札幌デザインウィーク2007

今年で3年目を迎える札幌デザインウィーク(11月1日〜4日)。

札幌デザインウィーク2007のイベント内容が
ネット、ホームページ上にUPされました。

☆詳細は下記の札幌デザインウィーク2007のホームページで。

   →→http://www.hokkaidodesign.com/

さまざまなイベントが札幌市内で11月1日から4日まで
行われます。

その中から、お勧め情報をいくつか情報としてお伝えします。
来週は、デザインウィークでデザインを考えてみましょう。

札幌以外のデザインウィークは、

東京デザインウィーク2007はこちら→http://tdw07.excite.co.jp/

その他の都市はもう始まっているところもあるので、
ご自分で調べましょう。

==============================

★ 「札幌デザインウィーク2007 デザインフォーラム」

今年のデザインフォーラムには、無印良品のボードメンバーとしても
活躍中の原研哉氏を講師にお迎えして開催します。

■ 日時 2007年11月3日(土) 18:30〜20:00

■ 場所 エスタ・プラニスホール(札幌市中央区北5条西2丁目エスタR階)

■ 参加費 無料(100名) ※事前申込が必要です

■ 講師 原 研哉 氏(日本デザインセンター代表) 

【お問い合わせ・お申し込み先】

  札幌市コールセンター

  TEL:011-222-4894  FAX:011-221-4894  

   Mail :info4894@city.sapporo.jp

==============================

★ JIA 建築家によるトークセッション「WHITES」

■ 11.2(金)16:00 - 18:00

■ 場所:シンコール株式会社 北海道本社(札幌市中央区南1条東6丁目1-1)

  参加料:無料

■ パネリスト:JIA北海道支部 川人洋志 / 北海道工業大学 教授、
  JIA北海道支部 中山真琴 / (株)ナカヤマ・アーキテクツ代表取締役

  ゲスト:JIA近畿支部 橋本健二 / 橋本健二建築設計事務所

■ 申し込み:山辺 TEL.011-209-0123(代)

■ 主催:シンコール株式会社 北海道本社
■ 協賛:社団法人日本建築家協会 北海道支部


==============================
続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

天国からのメッセージ

前回、「生きる」ということと熱き血潮の 冷えぬ間に 

明日の月日は ないものを・・・なんて書いたから

実際、あとどれぐらい生きられるかあまり信じないけど
あるサイトで占ってみました。

このサイトでは自分の名前と生まれた西暦を入れると
「天国からのメッセージ」がメールされてくるという

まっ、只のお遊びなんですが、そのメールの差出人が
誰かというと天寿をまっとうした「天国の自分」からです。


そして、天国からの手紙は次の項目が書かれて居るようです。

 1.亡くなった西暦&年齢
 2.亡くなった理由
 3.人生の転機になった「どんな事が何処で何年に」あったか
 4.自分の人生を総括して一言


ちなみに私の場合は次の通りメールを貰いました。


 ・・・ここから・・・

2007年の僕へ。
元気ですか?2007年ごろの自分のことを懐かしく思い出します。

僕は71歳で、つまり西暦2025年に、寿命を全うして生涯を終えます。
周りに迷惑かけてばっかりだったけど、楽しい人生でした。

だたひとつだけ過去の自分に、つまり今のあなたに伝えて
おきたい事があります。

それは 2016年のある暑い日の出来事です、僕は自然な成り行きによって、
飛騨の山奥にあるコテージへでかけることになります。

そこで人生感を変える大変な出来事が起こるのです。
時がくればわかると思います。

最後にひと言、71年間生きてみて思ったのは
「危ぶむ無かれ、踏み出せば、その一歩が道となる」ってこと。

では、またいつか会いましょう。
これから先の人生もチャレンジをおそれずに。

             <私の名前> - 2025年の天国にて


             ・・・・ここまで・・・


続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

自らの身の処し方を考える

昔は、東大とか京大に行ったとか、大学院に行ったと
いうことが「教育ある人間」ということになった。

何日か前の記事ではないが、向こう三軒ただの人のつくった
社会だけど少なくとも、昔の「教育ある人間」たちにリーダーを

任せて来たはずだ。

だけれども現代は、その定義は変化してしまっている。
「教育ある人間」達がちっとも勉強していないのである。

社会保険庁のお役人さん達や、クールビズの阿部総理の
ポスター制作に83億円だって・・・・・。

何か最近、納税通知書が届いてから元気が無い私です。

3年前にも国民に叩かれたことをすっかり忘れて、
ちっとも勉強していない。

現代は大学時代に勉強したことや、持っている情報は
アッというまに何の意味も無く陳腐化してしまう。

そういう意味で「教育ある人間」とは、
勉強し続けなければならないことを自覚している人間のことなのだ

と思うのです。
いい学校を出たからそれで終わりとか、学生時代に一生懸命

勉強したからもう大丈夫だ、とか。未だにこんなことを
考えている人はいないと思うけど。

実は、学校を卒業してからが本当の実践的学びの場。
継続して学び、実践し、その結果を見てまた新しく学び直し、

実践し、また新しい結果を生み出す。
そういうサイクルを生み出していかなければなりません。


続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

2年前の4月25日

10年ほど前に、浦河(北海道の牧場が多い馬の産地名)の
あの有名な競走馬、ティーエムオペラオー

(何年か前にG1レースの3冠馬で有名になったんだよ)が、
生まれた牧場を設計・監理していた時のことだが、

仕事で浦河を夜の10時くらいに車で出発して、札幌に戻って
来ようとしていた時のことです。

12月の初旬で、道路は路面凍結状態。北海道の人たちは
普通の夏タイヤから冬用のスタッドレスタイヤに車のタイヤを

履き替える頃で、私も当然スタットレスタイヤに履き替えた
ばかりの時期であった。

走って僅か10分ぐらいの登り坂道で、夜の国道を静かに走っていた

私の車の前に、坂道の上のほうからトレーラーが、そのまま、
横になったまま私の車に向かってきた。

そう、坂道の上のほうでスリップしたトレーラーが
道路で横になったまま、そのまま坂道をスキーのように

滑ってきたのである。

ガシャーン、ドシャーン、ビシッ、バシッ。
京都の方のトレーラーで運転手さんも、助手の人も

初めての北海道ということで、タイヤも夏タイヤの磨り減ったまま
そして路面凍結の状況での運転も初めてだと・・・。

この時から、私はゴルフをしていない。(なんの脈絡も無く・・・)
首の調子があまり良くないから。

まだ、すこし鞭打ちの症状が出ていて、朝起きると首が
固まって動かない事があり、ちょっと斜頚といって首が

傾いているさ。いずれ、整形でも行かないといけないかなと
思ってたりもします。

まっ、人生長く生きているといろんなことがありますが、
ゴールデンウィークに向かうこの時期に、くれぐれも

このような交通事故には気をつけましょうと、言っても
私みたいに、自分の意志ではどうしようもない事故に遭遇して

しまうことがあります。
私の交通事故の記録をここで紹介してみたところで、

つまらないでしょうから・・・・。
今回は情報カテゴリとして、今から2年前に起こった事故の

貴重な経験談が読めるというHPを紹介します。


続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

札幌雪祭り期間中のデザイン関連イベント

過去記事の札幌デザイナーズウイーク開催の記事が、
いまだに読まれているのでまたまた、札幌市経済局産業振興部

産業企画課様からメールが届きましたので、情報の公開です。
明日からは札幌雪祭りも始まりますが、今年の札幌雪祭り期間中の

デザイン関連イベントの紹介です。
札幌の方はもちろん、札幌以外の方で雪祭りを見に来られる方は

以下のイベントにも参加されてみてはいかがでしょうか?



【1】つ目

◆◆札幌スタイル2006・デザインコンペティション表彰式◆◆
◆◆ 札幌スタイル・ビジネス+デザインフォーラム2007 ◆◆

 真冬の「Design 2Days」の先鋒を務めますのは、「札幌スタイル」
関連イベントです。

昨年公募したデザインコンペの表彰式・作品展示からビジネスセミナー
そして対談まで、市内のデザイン団体様のご協力もいただきまして、

盛りだくさんの内容で皆様をお待ちしています。


◆札幌スタイル2006・デザインコンペ表彰式◆
 日時:2007年2月8日(木) 12:30-13:00
 会場:さっぽろ雪まつり大通2丁目会場 道新 氷の広場ステージ
 ※悪天候の場合は予定を変更することがあります


◆札幌スタイル・ビジネス+デザインフォーラム2007◆
 日時:2007年2月8日(木) 15:30-18:20
 会場:札幌市立大学サテライトキャンパス
     (札幌市中央区北3条西4丁目日本生命札幌ビル5階)


 [プログラムNo.1]15:30-
 札幌スタイル・デザインビジネスセミナー
  「ブランド力を高めるアクションを!」
 ◇講師:臼井 栄三 氏
  株式会社電通北海道 アカウント計画室長 
  
 [プログラムNo.2]16:40-
 札幌スタイル・デザインセミナー トークセッション
  「売れない時代に生き残るために〜デザインで拓く事業の未来〜」

 ◇パネリスト
 ・森山 明子 氏
  武蔵野美術大学デザイン情報学科教授
 ・川島 蓉子 氏
  伊藤忠ファッションシステム
  (株)事業開発室マーケティングマネジャー
 ・林 美香子 氏
  フリーキャスター
  
 [プログラムNo.3]17:50-
 札幌スタイル2006・デザインコンペティション入賞者プレゼンテーション

 ※同日昼間に発表されるグランプリ・準グランプリ等受賞者3名による
  プレゼンテーションです

 [並行開催]14:00-20:00
 札幌スタイル2006・デザインコンペティション入賞作品プロトタイプ展示


 【参加申込等】
 [プログラムNo.1〜3]につきましては申込が必要です。
 詳しくは札幌スタイルホームページをご覧下さい。

ここ↓↓
 http://www.city.sapporo.jp/keizai/sapporo-style/event.html


続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

Good Luck

前回は目標設定について書きましたから、今日はその目標に
どうやって向かっていくかについて書いてみましょう。

2004年にヒットした「Good Luck」という本を
読んだことがあるでしょうか?





四葉のクローバーの物語がメインなのですが・・・。

それは五十四年ぶりの運命の再会だった―。公園のベンチで
幼なじみのジムと隣り合わせたマックスは、仕事も、財産も、

すべてを失い変わり果てた友人に、祖父から聞かされた
「魅惑の森」の物語をかたった。

奇蹟のラストへ、七日間の旅が始まる。

はるか昔の平和な日々が続いていた王国の話。
平和ボケが続いていたため、腕試しをしたかった騎士達のために

宮廷魔術師がすべての騎士に目標の課題を告げた。

今日から7日目の朝に、魔法の四葉のクローバーが生えるという。
魅惑の森へ探しに行ってこいと言う。

魅惑の森は王国中の街を合わせたより広く、とてつもなく
困難なことと思われたため、どの騎士も最初から諦めたが、

たった二人の騎士だけが魅惑の森へ向かったという。・・・・


続きを読む
タグ:デザイン
posted by 情報建築家・niNaru  at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

新年を迎えて・・

明けましておめでとうございます。
新年を迎え、皆様のご多幸、ご健康を心よりお祈り申し上げます。

新たな年のページがめくられ、2007年という新たな年が、
皆様にとって、素晴らしい、人生の飛躍をとげる年となるよう
   
心から祈っております。   
私めは、正月は実家でノンビリと過ごしました。

本当に久しぶりで、ある意味新鮮な感動でした。
大晦日は、家族で集まって「紅白歌合戦」を見るという

正しい日本の正月の過ごし方の王道を行きましたが、例年以上に
お酒が体中をめぐるのが早く、お正月期間中は結構、早寝早起きの

健康的な生活を送っていました。(笑)
何事を成そうにもやはり健康であることが一番ですので、

今年も、健康と体力つくりに邁進していこうと思っています。
皆様も、くれぐれもお体をご自愛ください!

このように、新しい年が始まりました。
このブログの計画は、元気、勇気、やる気を皆様にお伝えし、

「誰でもデザイン」ということをとおして、自分のライフデザインを
計画しようということを今年も言い続けていこうと考えております。

ところで、皆さんは新年の計画を立てていますか?
わたしがお薦めする方法は「紙に書く」ことです。

心で思うだけでは、自分の甘えに負けてしまいますので、
ぜひ、「紙に書いて」毎日確認してください。

毎日確認することで、潜在意識に書き込まれ、潜在能力が
沸き上がって来ます。本当です!

まっ、今の時代はDTPによるメモ帳か、こんなふうな
ブログで自分の計画をインターネット上に発表するというのも

いいのかも知れませんね。企業ビジョンだとかは何処の会社も
HP上に載せている時代だから・・・。

とにかくです、これからは個人も自分のこれからのライフデザインや
キャリアデザインを何かの媒体に書いていくことが一番なのです。

あなたが日頃、考えもしなかったパワーが発揮されるようになります。
ぜひ、「紙に書く」「パソコンのメモ帳に書く」「ブログに書く」を

実行して見てください。
きっと、今年は何かが変わっていくはずですから・・・。


続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。