2010年04月08日

鶏頭となるも牛尾となるなかれ

よく、「出会いは大事」「一期一会」と言われます。
人生やビジネスにおいても、「どんな人と出会うか」で、運命は

決まってしまうと言っても言いすぎではない。
それは、「どんな情報と出会うか」と同じ様なものだとも言える。

情報には、良質なものと悪質なものが混在している。
誰かの意図に基づき操作されたものから、単純な事象としての情報まで

ある志向性を持ったアンテナをメンテナンスしていないと、
雑踏の中で聞こえてくる様々な情報が、ドサっと人々に押しかけてくる。

その情報を吟味するのは、受け手の判断であり能力でもある。
能力が高ければ良質な情報だけを抜き取り、その他はゴミ箱へ
ポイと捨てればいい。

しかし、その能力が低ければ、悪質なウイルスに感染しまったかのように、
頭脳が混乱し悪くなる方向へと突き進んで行く。

良質な情報だけを抜き取って保存しているだけではだめで、それらの
情報を再構築し、新たな形として組み立てなければならないのだ。

それをする者のことを情報建築家と呼ぶ。
情報の量とスピードが進化して行く現在において、押し寄せる情報から

我々は逃げることは出来ない。
逃げれば、あっという間に社会から取り残されてしまうのである。

そんな、2ヶ月前に私のアンテナにひっかかった情報から。


会社の新卒採用試験が、今までとはかわりつつあるという話題です。

今までは中途採用の社員に求められていたビジネス能力が、
新卒の学生にも(ビジネスの)企画力と提案能力が必須になってきた。

与えられた仕事をこなすだけでなく、企画力や実行力、そして創造力を
発揮して自分自身の可能性に挑戦したいと考えている人を募集というのは、

たくさんの企業が言ってきたことであるが、その企画力や創造力、
そしてプレゼンの提案力を採用試験の段階で問うことをしようという動き。

日経と日経産業新聞の記事からパラダイムシフト(価値感の転換)の
話題を。

共通するのは企業が新卒を採用するにあたり、ビジネスゲームや
事業企画コンテストを行い、その中で選考するというもの。

面白いのは、キャンペーンとしての新しい選考方法ではなく、
学生が企業に応募するに当たって、これが義務付けられる点です。

例えばツタヤを展開するカルチャーコンビニエンスクラブ(CCC)は
2011年度の全ての新卒を対象にしているそうです。

事業企画コンテスト形式で独創性や収益性を審査する方式で、
課題はグループの事業領域においての企画とか。

そして採用選考だけではなく、賞金まで出すくらい本気なんだとか。
上場企業の採用手法としては異例中の異例とのこと。

ここから・・・・

CCC、事業企画競わせ選考 11年度新卒採用
 
CD・DVDレンタル店「TSUTAYA」を運営する
カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は2011年度のすべての

新卒採用者を事業企画のコンテスト形式で選考する。
独創性などの観点から能力を見極め、最大50人を採用する。

上場企業でこうした採用試験を実施するのは異例。

募集期間は2月23日から1カ月間。
店舗やポイントなどを活用した事業企画案を募集し、独創性、収益性、

実現性など5項目を基準に審査する。
これをパスすれば面接官の前でのプレゼンテーションに進む。

4月上旬までに賞金50万円を贈る最優秀賞1人、2位1人(賞金30万円)、
3位2人(同10万円)を選ぶ。

この過程で採用選考を実施し、4月末までに内定する。
10年度の新卒採用は約60人。

従来は毎年秋に募集を告知して、全国で説明会を開催。
面接や学力試験などを実施してきた。

                      ここまで・・・

サイトは↓↓
http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/jinji/index.cfm?i=2010020410442b4

続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 就職に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

2010年 年頭所感(事に触れて心に感じた事柄)

明けまして、おめでとうございます。
2010年 平成22年が始まりました。

昨年の年頭所感の記事アップから比べると、早い方なのですが
新年の挨拶が遅くなった事をお詫び申し上げます。

さて、皆さんはどんな年越しを過ごしました?
私といえば、昨年の暮れごろは忘年会やクリスマスパーティなんかで

相変わらずの師走だったわけなのですが、本当の暮れである27日の
日曜日、札幌で一人暮らしをしている甥っ子(大学3年生)が

「新型インフルエンザになったかも知れない!!!」っていう
連絡から、甥っ子を迎えにいって当日の当番病院にかけつけ、

本当にごった返すと言う表現の当番病院で、新型インフルエンザか
どうかの検査をしたりして、治療を受けさせていたわけなのですが、

私目も菌の一杯いる病院へ行かなければならないということで
「マスク」をして備えていたわけですが、やはり若い菌には勝てないようで

私目もすぐに、インフルエンザになり鼻水ボロボロ、喉はガラガラ、
頭はボーっとしていた今年の年越しを過ごしたというわけです。

甥っ子も新型ではなく、通常のインフルエンザですぐに実家に帰って
自宅療養とあいなったわけであります。

まっ、本来のお正月はしめ飾りや神棚に置く鏡餅などのように
神聖なるものであるので、静かに除夜の鐘を聞きながら新年を迎える

ものなので、今年のように頭がボーっとしていた年越しなんていうのが
本来の姿なのでしょう。

そんなこんなで、今年も年が明けてはや5日目、NHKのニュースで
こんな状況だそうです。


-----ここから-----

新卒の“パート労働”大幅増


去年高校や大学を卒業した人のうち非正規雇用が多くを占めるパートタイムの
仕事に就いた人は前の年よりおよそ80%増えて全国で17万人余りに

上ることが厚生労働省の調査でわかりました。
→→ NHKニュース 

                                  
                                      -----ここまで------

続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 就職に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

笑い話のような本当の話。

最近、ゼネコンさんの営業部長とちょっと打ち合わせを
していた時の話。

最近、乗っている会社の車が普通の乗用車から
軽乗用車になったので、私が

「なに、部長から格下げになったのかい?」って言うと、
全社あげてのリストラで、リースの会社の車が

営業から現場担当までみんな軽乗用車になったんだって・・・。
ほとんど二人乗りのチッチャイ車。

「恥ずかしくてクライアントも乗せることも出来ないし、
営業部長のプライドもズタズタだ。」って・・・(笑)

今まで、セダンの車でクライアントを乗せて現場まで
来れたのに、今は「自分の車でいきますから・・・」って

断られるそうだ。・・・(ハハハ)

何か経営者の感覚が間違っているんじゃないかと思うのですが、
まっ、人の会社なものですから笑っているだけです。

リストラするのは、こういう考えをする発想の無さを
リストラすべきなのです。

営業部長の乗る車は営業部長だけが乗る車ではないだろう、
大事なお客さんや、私みたいな大事な取引先が乗る

車だろう、と思うのです。

だから、このゼネコンさんは中堅といえども
大きくならないんだと思うのです。(言い過ぎか?)

続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 就職に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

新入社員のタイプ

4月に入って、2週目です。新年度に新入社員を迎えて
スタートした会社を、今週2社ほど野暮用で訪ねました。

いえ、新入社員が居るから訪ねたわけでもなく、何気なく
遊びに行ったら、新入社員がいたというだけなんですが・・・。

まっ、それはそれはスレているのでもなく初々しい感じで
「頑張れよ。」って声を掛けるだけなんですが・・・。

財団法人 社会経済生産性本部の発表によると、
→→http://www.jpc-sed.or.jp/

今年の新入社員のタイプは?というと
「デイトレーダー型」というそうです。

そのココロは、このHPが消えちゃうと困るので
ここにコピーしときますと・・・・。

・・・・ここから・・・・

景気の回復で久々の大量採用だったが、氷河期前とは異なり、
細かい損得勘定で銘柄(会社)の物色を継続し、

安定株主になりにくい。
売り手市場だっただけに、早期転職が予想される。

ネットを駆使した横のつながりで情報交換が活発だが、
情報に踊らされない慎重さも必要。

             ・・・・ここまで・・・

この、社会人になった若者を呼ぶ「タイプのキーワード」は
その時代背景を表しているといい、もう30年以上も前から

その年の新入社員タイプの命名がなされ、この時期に
発表されるものなんですが、ついでだから私が新入社員だった頃の

キーワードを、このHPで見つけたので見てみると
私は「人工芝型」だったんだ!?・・・・。

で、そのココロは「見た目きれいで根が生えず、夜のネオンで
よみがえる」だって・・・・・。

ハハハ、今でも夜のネオンでよみがえっているんだけど・・・何か!?

ちなみに、昨年は「ブログ型」って言われていたんだよ〜。
貴方が社会に出た頃の「新入社員タイプ」を見てみると、

面白いかも・・・。(上記HPより見つけてください)


続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 就職に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

目標確認と就職・転職カウンセラー

前回は目標にどうやって向かっていくかについて書いてみました。
まっ、ロールプレイングゲームのように1ランクづつレベルアップ

していくしかない。地道な下ごしらえを日々、積み重ねるしか
ないという、ごく当たり前の誰でも知っている話なのですが・・・。

さっそく、コミットメント(決意表明)されている方もいたりして。

目標設定。これは、人間を動かす原動力になるものなので
誰でもこれを設定しながら、その価値観を基準に日々の行動を

取っていくといいということです。
それも、心の中にじっと秘めておくよりも、紙に書いて

いつもそのことを考えていると、自分の目標がよりはっきりして
達成しやすくなるということです。

1月の中旬になってしまいました。再度、2007年の貴方の
目標を確認してみましょう。


◆あなたの手に入れたい結果はなんですか?(肯定的な表現で)

◆そのためにあなたは何をしますか?そのためにあなたは
 何ができますか?

◆具体的にはどういう結果になりますか?
 (いつ、どこで、なにを、誰と、どのように)

◆それが手に入ったとき、どのようにしてわかりますか?

◆そのために役立つリソース(資源)はなんですか?

◆そのために手に入れる必要のあるリソース(資源)がありますか?

◆やりたいという気持ちは十分ですか?

◆あなたが結果を手に入れるのを、引き止めているものは何ですか?

◆最初の一歩としてできることはなんですか?

◆結果を手に入れたとき、どのような影響がありそうですか?

◆それを手に入れることは、あなたにとってどんな意味がありますか?
 
◆それを手に入れることは、あなたにとって
 どんな良いことがありますか?


目標達成には、達成するというモチベーション(意欲)と同時に、
フレキシビリティ(柔軟性)があるといいと思います。

やってる途中で別の目標が見つかるかもしれないし、予定より早く
達成してしまうことだってあるし、もちろん、予定より時間が

かかる場合もあります。そのつど、柔軟に設定しなおしたり、
見直したりできるといいと思います。

いちど目標を設定したら、あきらめずにやり続けなければいけないと、
かたくなになる必要もありません。
(あまり簡単に諦めるのもどうかと思いますが・・・柔軟にという意味です)

自分の成長にあわせて、夢や目標もかわっていくものですから。
それよりも「どうしても続けたい」と思えるかどうかという

自分の気持ちに正直になれることが最も大切だと思います。


続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 17:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 就職に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

就職戦線、作戦変更だ!!

気が付けば、もう今年も9月、今年も残り4ヶ月間となってしまいました。
ちょうど切りが良くて、今年も残り1/3。

大学なんかでは、夏休みが終って後期開始。
前期、後期に分かれている学校なり、会社であれば、前期の最終月。

どうでしょうか?今年のお正月に掲げた貴方の「今年の目標」は、
2/3まで達成できているでしょうか。

高校野球じゃないけど、残る回数は7回、8回、9回。
今のところは、負けているけど何とか残り3回の攻撃で逆転するか。

プロ野球みたいに、もう消化試合にしてしまうか・・・。
若い人たちは、いいよ。

まだまだたくさん試合数が残っていると錯覚できるから・・・。
中高年は、残る試合数がだんだん少なくなっているんだから、

こんなところでこの試合を、諦め捨てるわけにはいかない。
そんな方のための、(自称)キャリアデザイナーからのアドバイス。

負け試合の流れを、変えるには「作戦変更」と「思い切った行動」。
駒大苫小牧のように常勝チームの人たちは、9回裏でも「負ける気が

しない」って言っていられるが、我々「負け組み」に属している人たちは、
まだ6回の裏が終ったばかりだというのに、心の中に

「あきらめムード」が漂っている。
あきらめるな、まだ3回の攻撃が残されているんだから。

そういえば、女子ソフトボールのチームが準決勝で米国を3−1で破り、
決勝に進みました。そして北京オリンピックの出場権を獲得しました。
(パチ、パチ、パチ)

オシムサッカージャパンは、サウジ戦に0−1で敗れ予選初黒星を
喫しましたが・・・。


続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 就職に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

何もしないことを恐れよう!!

最近、ブログを始めた方がおります。

タイトルは「☆色々はじめてみよう☆」→→http://ameblo.jp/showkoma/


 社会に出て三年目の平凡OL。

 お金はないが、少し余裕が出てきたこの頃。

 ブログをはじめ、他にも色々な事をはじめてみようと意気込んでいる。


このブログの5月24日の記事「ブロガーになろう!!」にも
書かせてもらいましたが、本当にいいことです。

世の中ってなにかをおこなうと、結構他人は必ずあれこれいうものである。
ピッチャーマウンドで、汗をフェイスタオルで拭いていただけだっていうのに

有名になった「ハンカチ王子」と、ブルーのフィスタオル。
斎藤投手はもうブルーのタオルは使わないって・・・。言っているそうです。

こんなふうに、いい評判がたつのならいいのですが悪い評判の方が
多いでしょう。だって、悪い評判のほうがおもしろいから・・・。

ホント、人間っておもしろいなと思います。
まっ、どちらにしても「批判」されるならば、批判される人は

何かをした人であり、批判されない人は何もしなかった人という
ことになるでしょう。

確かに、何もしなければ失敗もしない。
でも、失敗とは何かをしたことの証拠なのである。

早稲田実業と駒大苫小牧の再試合の1回裏、今までであれば確実に
送りバントで2塁へ送るべきところを、1塁走者に盗塁を指示しました。

しかし、残念ながら失敗に終ったのですが、早稲田の和泉実監督は

「点を取りにいくぞ〜」という姿勢をナインの皆に示したかった。
監督の姿勢を表明するためにそうしたんだと・・・。



続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 16:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 就職に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

働けど 働けどなお 我暮らし・・

働けど 働けどなお 我暮らし 楽にならざり じっと手を見る

これは、石川啄木の短歌です。

日曜日のNHKスペシャルは見過ごして、昨日深夜の再放送を
見ました。

ここ↓↓
http://www.nhk.or.jp/special/onair/060723.html

日本の景気がよくなったとか、就職戦線も売り手市場で2、3社の
内定を取っているとか、どっかの新聞社の社員がインサイダー取引で

3000万円儲けたとか、平成17年度の1世帯当たり平均貯蓄額が
1728万円、私んちはもう子供が独立しているから

3世帯でカウントすると、1728×3=5184万円(?)


平成17年度の総務省家計調査の話 All About>>


全国の2/3はこの額以下だし、統計の取り方として平均額は少数の
セレブな人たちによって引き上げられているということも分かるが、

今、日本では、「ワーキングプア」と呼ばれる『働く貧困層』が
急激に拡大しているというのだ。

ワーキングプアとは、働いているのに生活保護水準以下の
暮らししかできない人たちのことだ。

生活保護水準以下で暮らす家庭は、日本の全世帯のおよそ10分の1。
400万世帯とも、それ以上とも言われている。

続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 19:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 就職に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

海水浴へ

全国的に雨模様の本日でしたが、皆さんのところは大丈夫でしょうか?
札幌も今日は、朝からどんよりしててとうとう夕方から久しぶりの

どしゃぶり(←わかるよね?)、このどしゃぶりの雨の中、ちょっと
出かける用事があったのだけど、車のワイパーMAXの状態でもすぐ

フロントガラスが前が見えないぐらい雨でいっぱい、前の道路も
50mぐらい先が雨で見えないという、私にとったらいままでも

生きていく事の恐怖心はいろんなことがあったけれど、
そう久しぶりにまた、恐怖心を味わってきました。

そんな、雨模様の三連休でしたが昨日はいつも誘ってくれる学校の
卒業生達との海水浴へ。

女性陣9人、男性陣6人の15人で焼肉・ビール・そして
ぴちぴちギャルのビキニ姿。

ぐずつき模様の三連休中、ちょっと晴れた天候の中、至福の時を
過ごしてきましたが、あまりにも至福過ぎて思わずうとうとと、
浜辺で、酔ってしまい寝てしまったのが悔やまれます。

もっと、もっと目の保養したかったのに・・・。
みんな、仕事の合間の夏のひと時、また休日の今日も電話番で

会社に行かなければならないんだとか、朝8時に現場に出て夜は
現場事務所を出るのが22時ぐらいだとか、・・・

話を聞くだけで寝てしまった私です。

まったく、キャリアデザイナーは出来ませんでした。


続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 23:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 就職に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

人生は所詮、人真似

日本の芸術選奨を受けた洋画家の和田義彦氏が発表した絵画が、
イタリア人画家の作品と酷似している問題が、ここのところ

ニュースで騒がれています。一応テレビなんかでも見ましたが
絵画には素人の私が見ても、偽装というよりもう完全に模写って

いう感じでしたが、日本の美術界とか文化庁はその偽装した絵画
そのものにも、賞を与えていたというから何をしてるんだ。

という感じでしょうか。
皆さんも、機会があれば見てみるといいのですが・・・。

ちょっと絵の具の色を変えてあったりして、本人は「空間を
変えているから、模写じゃない」なんて言ってるけど。

そんなら、おいらが安藤忠雄の水の教会の1.5倍ぐらいの
建物を全くそっくりに造ったって、オリジナルになるじゃん。

すぎむらたいぞう君のブログだって、誰かの本のモノマネだと、
つい最近騒がれて、彼は奥さん連れて著者の処へ、あやまりに

行ったというけど・・・・。
(その文章は、全くそっくりっていう訳じゃないんだけど・・・)

こんな私の文章だって、頭の中ではどっかで読んだ文章なり、
誰かの言葉だったりしているわけで・・・。

まっ、やっぱりあまり有名にならない方が、楽に生きられるって
言う事ですね。(頑張れ、すぎむらたいぞう君!!)


続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 就職に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

ニートの解釈について

昨日の記事で、ニートについての解釈が違うってメールを
もらった。すごい!!ファンメールだ。と思ったら・・・

残念ながらクレームメールでした。今日はその釈明を・・。

ニートとはNot in Employment, Education or Trainingの略で、
「職に就いていず、学校機関に所属もしていず、そして就労に

向けた具体的な動きをしていない」若者を指すそうです。

現在、日本にはニートに分類される若者の数は68万人と
言われていて、次の4タイプに分類されるそうな・・・。。

 
Tヤンキー型
 反社会的で享楽的。「今が楽しければいい」というタイプ
 
Uひきこもり型
 社会との関係を築けず、こもってしまうタイプ
 
V立ちすくみ型
 就職を前に考え込んでしまい、行き詰ってしまうタイプ
 
Wつまずき型
 いったんは就職したものの早々に辞め、自信を喪失したタイプ

 
 確かに、昨日の文章ではTとUのことは考えていなかったな。

 昔からこういうタイプの人は確かにいただろうけど、最近は
このTとUのタイプが多くなっているとのご指摘でした。

Tのケースは、親がアマちゃんで結構裕福な家庭の若者なんだろう。
これは、親の問題だから私は知らん。

享楽できないように、経済封鎖をしてしまえば気付くだろう。 

この場合の経済封鎖は一国だけでやっても、意味がないから
全方位外交で、多国間で経済封鎖を実施しないといけない。


Uのひきこもり型のケースは、これはうつ病の一種。
うつ病も偏見のなくなった病気だからさっさと病院へつれていく。

最近うつ病のクスリも良くなってきているし、1ヶ月ぐらいで
快復するっていう。一番良くないのは廻りが、恥ずかしいからと隠す事、

そんな病気にはなっていないと、知らない振りをして放っておくこと。
これも、親とか周りできちんと対処してもらわないと・・・。

でも、なんか自分でうつに入ってきたなって感じたときは
とにかく廻りの友達にいうか、私みたいなそんな人を多く見てきた人に

相談する事だな。
すぐ、病院へ行って薬を飲めばすぐ直る。って言うけど。

と書いたけど、私の廻りにはあまりこのタイプはいなかった。
そんな訳で、このタイプのキャリアコンサルタントはこれで終了。



一昔前は、こんな公共の電波で個人の意見を勝手に言うなというのが
当たり前だったけど、インターネットは個人の勝手な意見情報なので

取り扱いには、十分注意するようにしましょう。


続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 就職に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

ニートとフリーターについて

まっつあんの自分探しを読んだ。

ここ→→sub-voice 勝手気まま気の向くままな男の副音声blog。


最近、ニートだとかフリーターだとか横文字にすれば
かっこいいとマスコミは考えて言ってんだろうけど・・

早い話、自営業ってくくってしまっても同じだよ。
まっつあんの言うように「仕事とはそもそも需要があるから

供給がある、その供給という穴を自分が埋める、
というすごくシンプルな仕組みなはず。」

その通り、世の中の仕事とは誰かが何かを誰かにしてもらいたい。
その何かを誰かがしてあげる。

ただでしてもらったらボランティアになるんで、そこに
契約が発生して報酬が発生するからビジネスになるんで・・

会社に属さないで、好きな仕事をしたいというならニート。
好きでもないが、お金が欲しいからいっとき仕事をすると

フリーター。

そんなもん自営業者は毎日やっているぞ〜。

思いっきりデザインできる物件ばかり出来るならいいが、
コンクリートの塊の地下構造物の設計なんて、面白いわけ

ないだろう。
そう考えたら、会社組織だって面白い仕事もあるし、
やりたくない仕事もいっぱいあるし・・・。
続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 就職に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。