2008年11月30日

ネガティブな今日この頃、ポジティブに生きよう。

いよいよ、ここ札幌も積雪の季節になってしまいました。
今日の札幌は雪がしんしんと降り続いている状態なのです。

マンション前の道路が先日降った雪が解けずにツルツルのまま凍った状態です。
皆、転ばないようにそろそろ歩いていてちょっと大変です。

天気予報では12月の5日頃に根雪になるとか・・・もう、そんな時期です。
(根雪とは、積もった雪が、長期間消えないで残っている状態のこと)

雪でいうと先日(20日)の朝、目覚めたら外が雪のため芝生も道路も
一面真っ白だったんです。。(あたりまえですが・・・)

まっ、天気予報は雪だったんで覚悟は出来ていたのですが、
ちょっと道北の深川と言う街に行かなければならなかったのですが、

車のタイヤがまだ夏用のままだったので、しゃあないと
電車で行くことにしたのですが、深川の街に到着すると吹雪。

吹雪なんて知らない人は分からないだろうけど、もう雪と風が一緒に
顔に吹き付けてくるんだから・・・「おー、いっぺんに真冬だぁ〜!!」

おまけに、駅に近いところの訪問先だったものだからタクシーにも
乗らずに歩いていくと、今度は道に迷って30分もウロチョロ。

おかげ様で今週は風邪気味だったのですが・・・・もう元気です。
もう車の方も、冬タイヤに交換し冬将軍の襲来に用意万端です。

そんなこんなで、気が付けばもう11月も終わりで、
さらには2008年も終わりそうです(苦笑)

本当に時の流れは早いなーと。


そして過ぎ去った時間はもう二度と戻ってこないと
考えると1秒も無駄にできないなーと思う今日この頃ですが・・・。


 

続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

ナンバーワンより、オンリーワンに

まずい。ブログのアップが1ヶ月も開いてしまいました。
今日の北海道は、気温が23℃ぐらいで大雪山の方では

初霜が降りたとかで・・・・・。あーもう今年の夏も
もうすぐ終わりを告げようとしています。

北海道の「夏もお盆まで」という言葉もあるくらいで、
今週から夏休みも終わって、小学校なども始まっております。

私めも、今年の夏は海も行ったし山も行ったし、ビアガーデンも
お盆の墓参りも、ついでに小旅行もしてきた・・・・

高校野球も、そして北京オリンピックもそろそろ終盤。
女子ソフトボールが金メダルと昨日と今日はテレビに釘付け。

そんなオリンピック最中に、分離独立を求める南オセチア自治州を
グルジア軍が攻撃。ロシアも介入し激しい戦闘になって、

南オセチア住民が虐殺された可能性があるとか・・・。
中国軍も18日にチベット民族居住区で群集に向けて発砲し140人が

殺害されたとダライ・ラマ14世が中国当局を非難したそうな。
もう、オリンピックなんだから揉め事はスポーツで決着すればいい。

と、言ってもやっぱり中国は人口が多いから強いか?!
まっ、本当に揉め事が絶えない我々の人類社会です。

そんな中ビジネスをフル活動にしていかなければと思う
今日この頃ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

ここ1,2ヶ月ぐらい、上で書いたようにレクレーションでも
バタバタしていたのでが、(自称)キャリアデザイナーと

称しているものですから、ちょっと新しいキャリアデザインに
トライしておりました。

続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 01:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

不安を抱える自分を好きになろう!!

はや、6月になってしまいました。
私にとってはまた一つ歳を重ねて最初の月です。

ここ、札幌は昨日からYOSAKOIソーラン祭りで
また若者たちの躍動美が眺められる4日間です。

そういえば、このお祭りに反対している輩からの
「爆破予告」。ただのいたずらであって欲しいものです。

何年か前には「釘爆弾」が使われて、その事件も解決して
いないのでちょっと、不安ですが・・・。
何事もないことを祈りましょう。

不安だからというだけで、社会の動きは止められないし
自分の人生をやめるわけにはいかないのですから。。

我が街、新琴似天舞龍神チームは5連覇なるか!!
近所のおばちゃんたちも不安でいっぱいです。

リストラで建築の部署からまったく関係のない営業系の
部署に移ったおじちゃんたちも不安でいっぱいです。

ついこないだの日曜日(6月1日)に、またまた卒業生たちの
飲み会があったのですが、2級建築士試験に受かるだろうか?

会社が倒産しないか不安?今度親父のあとを継がないと
いけなくなりそうで、実家に帰らなければならない・・・。

まっ、とにかく人間は大地震やハリケーンや竜巻なんかで
あっという間に亡くなってしまうんだから、小さな不安を

抱えていてもしょうがないと言ってみたところで・・・
何も生まれません。

こんな飲み会なんかで誰かに話ししてみると、本当に
結構心が落ち着くんだよね。

小・中学校のころ試験前に友達に「勉強してる?」って聞いて
「いいや、全然出来ないさ。」って聞くと変に落ち着いたり、

この歳になっても、「どう、仕事のプレゼン決まる?」
「いいや、不況だからなかなか決まらないねー。」なんていう

会話で癒されてしまう。いやいや論点が違ってきたぞ。
そんな人とその不安を共有して自分を癒そうなんていうことではなく、

そんな不安をかかえながらも、カラオケではしゃげる自分たちを
もっともっと好きになろう!!って、言いたいのです。

続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

丹田(たんでん)をきたえる

フー、ハッっていっているうちに2月も終ろうとしております。
本当に時の流れが速くなっていく。

最近、メタボ対策で中高年のヨガ教室に週一で
通っているのですが、何かのポーズをとったりするときに、

先生が丹田(たんでん)を意識して・・・・って、
そう言われながら丹田(へそ下奥3cmのあたり)を強く意識します。

そして、息を吸うときは、新鮮な酸素とともに、プラーナ
(生命体エネルギー)が体内に入ってくることをイメージして、

丹田までプラーナが行くように意識しながら、
深く息を鼻から吸い込みます。

丹田に集中していろいろな事を行う事により、丹田が鍛えられるような??
まっ、余りこの辺のところはまだ勉強中なもので正確な事は書けません。
 
人間、特に日本人というのは、感情、つまり「心」というのは、
「腹」とか「肝」、この東洋医学っぽく言えば「丹田(たんでん)」に

あるということをよく言います。
 
「腹に落ちる」「肝に銘ず」「五臓六腑にしみわたる」
「肝が太い」「肝が据わっている」などという言葉があるとおりです。

肝(きも)が太い(肝が据わっている、どんな時も落ち着いていて驚かない)
 
頭では分析的なことを考え、心は別のところにあり感情をつかさどるという
ことという解釈です。

イージス艦「あたご」の問題で、石破茂防衛大臣が辞任させられそう。
イージス艦の艦長も青天の霹靂だと感じているかもしれないが、

ぶつけられたほうの漁船「清徳丸」の親子の二人の方が
まったくの青天の霹靂で、本当にいつ何が起きるかわからない世の中です。

何が起きても「肝が据わっている」ことが肝心と思いつつ、
まだ行方不明ですが、亡くなってしまうのはとても残念な事です。

本当にイージス艦の件は「腹に落ちない」ことばかりで、
どうなっているのでしょうか?


 

続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

仕事が趣味!!

しばらく振りのブログアップです。
というか、8月になって最初の書き込みです。

例年のことですが、お盆休みに入る前のいろんな締め切りと
言うか、区切りとしてのまとめというか・・・。

弱小事務所は、お盆とお正月前はいろんなことのアップが
求められ一生懸命業務に励まなければならないのです。

そんなわけで、ブログのアップがなかなか出来ませんでした。
本当は、お盆休みの間にやっておいてという宿題も

結構あるものなのですが、今年はそんな宿題もさっさと
終らせて本日からお盆休みモードに突入です。

工事現場も強風や大雨などの準備をし、あと盗難などの
人的問題(工事現場に人が侵入し酒盛りなんかをしている)に

対処するべく準備を先週の土曜日に全て終了し、
昨日から工事現場も1週間のお盆休み。

そして私目は、土曜日までの工事管理報告とお盆休みに入るため
クライアントさんへの挨拶などで、昨日は駆けずり回り

本日からお盆休みに入ったと言う次第です。
そして、高校野球を見ながら何かを書こうと・・・・。

ここ札幌も、連日30度を越す真夏日が続いています。
高校野球をテレビで見ながら、汗を一杯かきながら

一生懸命プレイしている球児たちを見ていると・・・
真夏日ってやっぱり若者のためにあるんだなと思ってしまいます。

だって歳をとると、外にいるだけで汗が噴出して
グターっと疲れて動けなくなってしまう。(笑い)

そういえば最近、炎天下でのゴルフもしていないから
体力なくなっているかな〜と感じています。

そんなことを考えながら、高校野球の審判の人や各チームの
監督の人たちのことをTVで見ていると、

次の言葉を思い出したので、このことを記していきましょう。


続きを読む
タグ:デザイン
posted by 情報建築家・niNaru  at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

役割責任のためにギクシャクしよう!!

最近と言うか、ここ2週間ぐらいになるんだけど
設計監理をしている、とある現場の建設会社と

上手くいっていません。
いえ、現場の担当者達とは上手く行っているのですが

その建設会社の上層部の人達との関係がギクシャクして
いるようにこの鈍感な私めでも、そう感じるのです。

この年になると別にいいんだけどね。
いえね、社会でビジネスをしていくと言うことは

それなりの業務分担と役割責任があるはずです。
私の方は、相手の会社の役割分担のところには

あまり口出しをしないようにしているのですが、
そちらの会社のほうが私の役割である監理というところまで

直接、口出しをしてくるならまだしも・・・・。
下請けさんをつかってちょっかいを出してきているのに

私が切れたというだけなのですが・・・。

まっ、もともと設計事務所というものは、計画と設計と
工事監理(工事が設計どおりにおこなわれているかどうかを

見ることで、現場監督とは別)だけを独立して行なうところで、
施工会社とは利益を同じくしていないのです。

建築主の建物をきちんと仕上げてその利益を守るために
工事内容をチェックする工事監理者は、施工側と同じ立場ではない

施工会社とは別の視点をもつ第三者であるほうが、
よりよい建物になるであろうことは理解できると思います。

それで法律的にも、本当は施主、設計監理者、施工者の三者が
互いにチェックしながら建築をつくることを推奨しているのですが、

なかなか設計事務所の役割が一般的に認識されないのは、
私たちの怠慢でもあるのでしょう。

そして、設計デザイン料を無料、無料と言っている
建設会社やハウスメーカーなど・・・・設計監理と施工を

一緒に常にしているような(チェックは自分でしている)
上に書いたような上層部の人達とは、やはり一緒には生きていけません。

(けっして無料ではなく、その分を材料費に上乗せしてる
だけなのです。・・・業界暴露)



続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

世界の中心で愛を叫ぼう!!

とうとう、ゴールデンウィークも終ってしまいました。
ほとんどの方は、昨日から通常業務開始でしょうか?

そして、今年も3分の一が終って残り3分の二。
昨日から、やはりいろんなところが動いていて

自分のスケジュールとは関係が無く、いろんな用事が
急に舞い込んで来ています。

来週の初めに地鎮祭を行なうプロジェクト工事の、
今日は着工前打ち合わせでした。

クライアントの代理として、プロジェクトの監理者として
また、一つの建築物の製作作業の開始です。

奢った言い方をすれば、私を中心とする物つくりの
世界が始まります。

私がこの世界の中心なのです。(笑い)
工事を進めていくには、そりゃあ色々なことがあって

悩まされる場合が多いのですが、この世界の中心にいるっていう
感覚は建築設計・監理業務をしたことがない人には

ちょっと、理解出来ないことでしょうけれども、
誰でもキャリアを積めばこの醍醐味を経験できますので

特に建築士を受験する読者の方は、さっさと若いうちに
取ってしまいましょう。

飲み会の幹事をしたら、幹事がその飲み会の世界の中心だから
「飲もう!!」って叫べばいいかな・・・。


続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

新年度のスタートです

今日じゃなかった、昨日から新年度になりました。

年度末で多忙だった方も多いと思いますが、別れの季節があり
そして出会いの4月であり、新たなる年度のスタートです。
 
学校は、今までの学生はそれぞれ進級し(中には留年の方も
いると思いますが・・・・)
 
また新一年生が入学してきます。
多くの会社は新入社員や、配置換えや転勤してきた人々を迎えます。
 
学校や会社などの新しい仕組みによる今年度の開始です。
予算などもすべて、リセットされまた新たなる気持ちになる
 
4月です。このブログを開設して1年になるわけですが、
私も気持ちを新たに、このブログの存在理由を記して
 
行こうと思います。
国や役所関係も新年度予算の開始ですが、そこで、
 
これを機会に読者の皆さんのキャリアを単年度決算しては
いかがでしょうか。


続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

忙しい中毒?

いやー、とうとう2007年になったとばかりだと思っていたのに、
今年も早、2月に突入し12分の1が終ってしまいまた。

パーセントで言うと8.33%。(結構、高い)
忙しい1月を過ごしております。ここのところ、新年会やら

新しい仕事の打ち合わせなどで、飲み会も続いていて
併せて、ちょっとぎっくり腰の軽い程度を起こしちゃって

肉体的にも辛い状況が続いております。(笑い)

本当は、「忙しい」という言葉は「心を亡くす」っていうことだし、
かっこよく行きたい私目といたしましては、あまり使いたくない

言葉なんだけれども、いろんな人たちと会う機会が多くて
「どう、最近仕事忙しい?」って聞かれると、「結構、これでも

忙しいんだよ」と答えている自分に気がつきました。
反省です。「やー、暇だよ〜。何か仕事ない?」っていいながら、

みんなの前では、涼しい顔をしながら影では一生懸命仕事を
している、そう白鳥のような優雅に水面を泳いでいるが、

水面下では、バタバタ足で水をかいているようなそんな姿が
かっこいいと思っている私です。

そういえば、時々次の会合の打ち合わせなんかをビジネス仲間と
するときに、スケジュール手帳を出して「うーん」っと

うなっている人がいますが、何か時々勘違いをしている人がいます。
「働いているのか?働かされているのか?」

「自分のビジネスの優先順位は何なのか?」
「私と会うことの優先順位は、貴方にとって低いのか?」なんてね。

こんな人は、一昔前の仕事中毒か現代では「忙しい中毒」に
なっているのかも知れません。


続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

自分の支配的な価値とは

土曜日からの爆弾低気圧は、各交通機関へかなりの影響を
与えたようです。

8日に帰省から仕事先へ戻ると言っていたあの人たちは、
無事に戻れたでしょうか?

この世に起きる出来事の一つひとつは、管理できる度合いが
異なります。

日の出や天候、交通、自然災害などは、私たちがまったく
管理できないものです。

しかしながら、他の出来事、たとえば起床時間、食事内容、
自分の服装や、生活上の特定の状況などにどう対応するかなどは、

私たちでも十分に管理できるものばかりです。
そんなフランクリン・クエストの話の2回目。

目標を紙に書きましょう、と前回の記事で書きましたが、
そんな簡単に目標が決まるわけがない、自分の目標はこれだ!!と

いう自信を持って書けるものがない、人に言える目標が無いという
人々も、私の経験上若い人たちに多く見かけられました。

たしかに、野球選手になりたい。歌手になりたい。パイロットになりたい。
などなど、夢や目標がなんとなくはあるが、ほんとうにそれが

達成できたら幸せに成功できるのか? なかなか不安なものです。
私みたいに、2ヶ月仕事を休んで地中海クルーズしたら、

幸せになのか?そんなつまらないことでいいの?とも言われてます。
本当の夢の見つけ方、目標の見つけ方は、話すと長くなるのですが。


続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 01:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

仕事の迷いから抜け出したいとき

貴方もビジネスマンである以上、「あれもやりたい、
これもやりたい」「思いっきりデザインしたい」

「いつもと違った、デザインをしてみたい」という
仕事に対する欲は、かなりあるであろう。

しかし、いざ上司から「これをやってくれ」といわれたら、
すぐに「是非、やらせてください」と答えることを

ためらってしまうのではないだろうか?
人間はなかなか面倒な生き物で、初めてのことには

自分の能力には常に不安や疑問を持っている。
一方では、「自分だったらこれくらいのことは・・・」という

強烈な自負心もあり、人にその仕事が行った場合など
嫉妬心が沸いたりして、こころは毎日振り子のように

揺れ動いているものです。
まるで、中学生の初恋みたいに迷いやためらいが重なってきて、

マイナス思考のまま、振り子が止まってしまいもう完全に
スランプ状態のど壺にはまってしまうのである。

「仕事に対して、どうしても積極的になれない」という
悩みは、以上のような心理の積み重ねによってできた

初恋の悩みみたいなものと一緒で、勝手に自分で
壁を作っているのである。


続きを読む
タグ:デザイン
posted by 情報建築家・niNaru  at 01:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

スランプに陥ったら

私は、年に2、3度波の大小はあれ、ビジネス上のスランプのような
状態に陥ることがある。

今回のスランプは、別な営業会社の建設会社の物件に
散々振り回された挙句、最終結論は出来合いのもので代用するという

プレゼンの資料つくりの時間と、そのプレゼンを説得できなかった
挫折感と、何故最初からそういう解決策の案をクライアントが

希望しているのか、持っているのかをこちら側が分らなかった事が、
悔やまれてしまうスランプ状態なんだ。

私が主導権を握っていればと思うこともあるのだけど、
ちょっと別な物件もあったものだから、その物件の主導権は

その建設会社に委ねていたんだけど・・・。
久し振りに、振り回されたと言う仕事をしてしまったという

自分の不甲斐なさに、心身の調子が一時的に不振になっている状態。
これを、一般的にはスランプと言うんだよね。

こんなことは誰でもビジネスをしていると時々あって、苦労して
開拓した取引先とやっとの思いで契約の口約束をとりつけたが、

ちょっと別な仕事をしているうちに、別な会社に横取りされたりとか、
長い間、練りに練った店舗の計画が予算がないと中止になったはずなのに

ある日、別な件でその店舗の前を通ると全く同じプランで
どこかの会社が完成させてしまっていたと言う、これと似たような

ことはサラリーマンであったとしてもあるでしょう?
こういうときは何をやっても悪いくじを引いてしまうもので、

スピード違反でつかまったり、車上泥棒にあってバックを盗まれたり
するのもこんな時なのだ。

おまけに、津波警報やら注意報も出されている。
避難している方々に、何事も有りませんように・・・・。


続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

「型破り」をビジネスの参考に・・・

北海道日本ハムファイターズ、日本シリーズ優勝、おめでとう。

ここ2、3日は今後のビジネス展開などで外歩きの日だったのですが、
何処へ行ってもファイターズの活躍と新庄選手の魅力と引退の話ばかりで

肝心の仕事の話がほとんど進みませんでした。

まっ、昨日の今日だしTV等でいっぱい話題になっているから、
優勝の話はしないで、新庄選手の型破りな選手活動と、

今日の仕事で会った人たちとの中高年の会話の話をしましょう。

野村監督が新庄のことを「宇宙人、野球の才能の固まり」と
言ってから、もう何年が経ったのでしょう。

野球人としての成績は、あまり残せず偉大ではなかったけれど、
新庄が残した「宇宙人」振りは、最後に優勝するととてもさわやかで、

ここ北海道だけではなく日本中が彼のエンターテイメント性を
評価していることでしょう。

新庄語録「メジャーでもなく、セ・リーグでもなく、これからは
パ・リーグだ」

「札幌球場を観客で一杯にしてみせる」って、選手の他に企業人として
活躍した彼の戦略に、まんまと他の選手もそして北海道のファンも

魅了させられた結果、もう既に北海道では見えない新庄ブランドなるものが
出来つつあるのです。

それにしても、今までの野球の試合とは違うショー的なポジショニングと、
それは、ファンと一体になって野球を楽しむんだという理念、

ヒーローインタビューは、おきまりの言葉を述べるのではなく
選手個人のアピールの場で自分を出してこいという、選手個人が

どういった人間なのかということをアピールすることなど、
プロ野球という、元々はビジネスなんだから当たり前なんだけど

いままでのやり方を「変えよう、変わろうと意識すること」という
ビジネススタイルが、とても参考になるという中高年の話題でした。


続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

ケナゲに生きよう。

昨日の重要無形文化財言葉の続きです。

これも、辞書で見てみると

けな‐げ 【健気】 - 国語辞書(大辞泉) [ 和英辞書 ]

[形動][ナリ]《「けなりげ」の音変化。普通とは異なって格別で
あるさまの意から》

1 殊勝なさま。心がけがよく、しっかりしているさま。
特に、年少者や力の弱い者が困難なことに立ち向かっていくさま。

「一家を支えた―な少年」「―に振る舞う」2 勇ましく気丈なさま。


「ケ」に関しては、「ケ」が枯れる「ケガレ」という言葉と

「ケナゲ」という言葉もあります。と昨日かいたけれども、辞書を
見てみると、「ケ」が無い・・・変な意味でなく。普通じゃない事。

意味はあってるんだけど、語源が違うみたいだね、まっ、私は
言語学者でもないから、嘘の情報を信じるのは読者の勝手、

自分がそうだと思い込んでいるのを書くのは私の勝手・・・

タイトルの健気に生きよう。について私のライフデザイン語録を・・。


続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

デレゲーションを受ける・・・

ここんところ、また「緊急事態の仕事」につき合わされていました。
何か、振り返ってみると私の仕事の能力は、緊急事態対処能力なのか?

と思ってしまいました。
ここで、また仕事について考えてみよう。

仕事ってYAHOOの辞書でみてみると、最初の意味に
何かを作り出す、または、成し遂げるための行動。とあります。

誰かが、何かを作り出そう、成し遂げようとして動くのだけど、
何らかの問題を抱えた場合、その問題を解決するために、

または、その問題解決のために段階的な目的があって、
その目的を達成しようとする場合、その方法には、2つあって

自分で時間をさいて問題解決を行う方法と、人に任せる方法
とがあります。

世の中の、すべての仕事がこれに該当し、自分で出来ない事を人に
頼んで任せるから、そこに契約が発生し報酬が発生する。

会社というのも、社長一人で目的が達成できないから社員を抱え、
その社員達に、ある仕事を任せて動いています。

当たり前ですが、その会社の中に任せられる人がいない場合、
派遣社員として受け入れたり、「外注」と言って外部の

それが出来る人に目的達成のための仕事を任せるのです。


続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

仕事が嫌になった人へ

お盆休みでした〜。そして、高校野球も駒澤大学苫小牧高校も
ベスト4にかろうじてなることが出来ました。

田舎へ行って、お墓参りと高校野球(もちろんTV観戦)と
そして親戚が集まってお酒と焼肉と山の香りというか、

田舎の自然エネルギーをたくさん貰ってきました。

我が家のお盆は、親戚が集まってもう昼の2時ぐらいから
庭でバーベキューをするのが毎年の恒例行事。

いいよね〜田舎だから、庭でわいわい騒いでもさほど問題なし。
暗くなってからは、小型の投光器をつけて語り合っています。

駒大苫小牧もあと2回勝てば、史上2番目の夏3連覇ということで
土曜日も日曜日も高校野球から目が離せません。

しかし、台風10号も来ているし・・・甲子園も雨になるかも
しれませんね。

まっ、そんなこんなで本日から通常業務開始なのは我が息子。

今回の田舎行きは私の車で行ったのですが、帰りの車の中で
「会社いきたくね〜」「会社楽しくね〜」とか言いながら

帰って来ましたが・・・。

そんなことを思いながら会社へ行ってもストレスをためるだけ
だろうと思うので、ちょっと考え方を話したのですが・・・。

続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

遊牧型の人間になろう

昨日は、今年初めてのビアガーデンへ行ってきました。
ビルの屋上のビアガーデンではなく、札幌の夏の名物

大通りビアガーデン、大通り公園で各ビール会社が
こぞって、それぞれの特徴やイベントを企画しながら

やっているもので、昨日は7丁目会場のビアガーデンへ
行ってきました。

土曜日の夕方ともあって、もう約束の6時には超満員状態。
値段的に言えば、ビールも高いしおつまみ類や食べ物も

あまりおいしくないし高いのに、なんでこんなにも
人気が有るのだろうかと思っている人もいるでしょうが、

短い夏の北海道では、夕方ちょっと涼しくなった屋外で
簡単なお酒のつまみと冷えたビールを、大勢の仲間と共に

酌み交わす、そのビアガーデンにはいろいろな人が集まり、
若い人から中高年の人たちまで、土曜日だったのでワイシャツ、

ネクタイ姿のサラリーマンの姿はほとんど見られず、夏の装いの
若い人たちが目立ちました。もともと、ビアガーデンは

見ず知らずの人が交流をする場という役割があって、
簡単な長テーブルと椅子がズラーッと並べられているだけなので、

相席になるのは当然。本当は、何の遠慮も要らずナンパする
ことが出来る社交場なのです。


続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 23:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

優れたアイディアを生むには

ここのところ、ガス湯沸し器のパロマがニュースを賑わしています。
ことの発端は、96年の東京都港区のマンション事故の遺族で長男を

失ったお父さんが、事故原因は警視庁赤坂署から死因について
「心臓発作ではないか」としか聞かされていなかったというのに、

今年になって、息子の友人の勧めもあり、当時の監察医務院の医師に
問い合わせたところ、「死因は一酸化炭素中毒。

それも考えられない濃度。事件性がある」と教えられたという。
そして、今年2月から3月にかけて警視庁に原因究明を訴え出た。

再捜査のきっかけだった。
そして、警察の捜査で出てくるわ、出てくるわの話。

警察もパロマも当時の暇な奴に担当させていたんじゃないかという
話をデザインにからめながら話してみましょう。

 生活の24時間化が進み、小売・サービス業を中心に勤務時間が
多様化してきています。サマータイム制やフレックスタイム制度を

導入する企業も増え、オフィスで働くサラリーマンの勤務時間も
9時から5時が標準ではなくなってきました。

しかし、最近、意外なことを知りました。フリーの建築家や
インテリアデザイナーやイラストレーターなど自由業といわれる

職業でも決まった勤務時間に仕事をする人が少なくないのです。
フリーなのに、サラリーマンと同じように働いているのです。

サッカーワールドカップで、生活時間が狂ったままの状態から
抜け出せないでいる、そして仕事は締め切り前近くになって

ようやくエンジンがかかり、ワーっと集中して、そして時々
徹夜して仕事をしていた私は、大いに反省させられました。

準備不足を後悔しながらも、締め切り間際にならないと力が
出ないので仕方がないとすませてきたのです。

しかし、本当に力を発揮するためには、時間を決めて最初から
気合を入れて仕事をする必要があります。

もっといい案が生まれたり、時間切れがなくなりますし、
規則正しい生活だとリズムがでて体も調子がよくなります。

と、思うのですが・・・・。


続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

花火大会で考えたこと

札幌は、今日から三週連続の花火大会なんだね〜。
もう、今年もそんな時期になったんだと・・ため息が出ちゃいますが、

真夏日の本日、夜7時半頃から外からバンバンと音だけ聞こえてくるので、
我が家の9階のベランダに出て見てみました。

ベランダから小さく見える花火に、あそこの下には何万人もの観客が、
浴衣を着たりしてビールを飲みながら見ているんだろうなって、

思いながら、花火の一瞬のきらめきについて考えてしまいました。
確かに、花火を近くで見るのは楽しいものですが、何時間も前から

場所取りや買出しに行ったり、虫に刺されたり、風向きによって
顔中すすだらけになったり、終っても近くの駅までぞろぞろと

雑踏を歩かなければならない。結構、苦労するものです。
なんで、そんな苦労までして花火を見に行くんだろう?

前回の記事、建築デザインはツライ、そんな辛い事を何故
建築デザイナーはしているのでしょうか?

仕事だから・・・。そう、辛くて誰もやりたくないからこれを
誰かの代わりにやっていて、その対価として報酬をいただく。

そう考えれば、どんな仕事も同じ事でしょう。

しかし、私達は人間ですから何時までも辛い事をしていると
精神がまいってしまい、体や脳が拒絶反応を起こしたりする場合が
あります。

それで、どこかでそういった辛い事を快楽に変える。
つらい仕事を、どこかで喜びにかえるいわばマゾみたいな事を、

自分自身、辛い事だけど楽しくて嬉しくなってしまうという状況に
していかなければなりません。

どうしたら、そんな苦痛に喜びを感じるようになるのでしょうか?


続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

わらしべ長者の話

昨日の課題のわらしべ長者の昔話、読んでいただけました?

最近、いろんなところでこのわらしべ長者の話が出ているから
ご存知の方もいるかと思います。

最近では、カナダのカイル・マクドナルド氏。
TVでもやっていたんだけどブログの力でペーパークリップ1個から、

もうすぐ家を手に入れられそうという話です。ここ↓↓


ネット版わらしべ長者>>


そして、これもTVでやっていたんだけど、札幌でチャリタクやってる
新田 豪泳君という若者。

「わらしべ長者」で日本徒歩縦断ということで、
「ゴミ予備軍をゴミにしない」をテーマに掲げ、北海道宗谷岬を

4月15日にスタートして沖縄県喜屋武岬を目指している若者。
道中、出会った方々と「物々交換」をしながら歩いています。

「日本中でモノを大切に 人との繋がりを大切に」を広げ・学び・感じたく
歩き始めました。

とのことで、彼のブログをみると今日は山形県にいるようです。
リヤカーを引きながら、いらなくなったものを物々交換しながら

沖縄までとにかく行くそうです。

一瞬を劇的に楽しく♪ とブログでも書いていますが警官に怒られたりとか、
現地で知り合った方たちとの、温かい気持ちで楽しくやっていそうです。

みんなで、応援しましょう。

ここ↓↓

http://blog.livedoor.jp/warashibe06/


続きを読む
posted by 情報建築家・niNaru  at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。