2008年06月05日

不安を抱える自分を好きになろう!!

はや、6月になってしまいました。
私にとってはまた一つ歳を重ねて最初の月です。

ここ、札幌は昨日からYOSAKOIソーラン祭りで
また若者たちの躍動美が眺められる4日間です。

そういえば、このお祭りに反対している輩からの
「爆破予告」。ただのいたずらであって欲しいものです。

何年か前には「釘爆弾」が使われて、その事件も解決して
いないのでちょっと、不安ですが・・・。
何事もないことを祈りましょう。

不安だからというだけで、社会の動きは止められないし
自分の人生をやめるわけにはいかないのですから。。

我が街、新琴似天舞龍神チームは5連覇なるか!!
近所のおばちゃんたちも不安でいっぱいです。

リストラで建築の部署からまったく関係のない営業系の
部署に移ったおじちゃんたちも不安でいっぱいです。

ついこないだの日曜日(6月1日)に、またまた卒業生たちの
飲み会があったのですが、2級建築士試験に受かるだろうか?

会社が倒産しないか不安?今度親父のあとを継がないと
いけなくなりそうで、実家に帰らなければならない・・・。

まっ、とにかく人間は大地震やハリケーンや竜巻なんかで
あっという間に亡くなってしまうんだから、小さな不安を

抱えていてもしょうがないと言ってみたところで・・・
何も生まれません。

こんな飲み会なんかで誰かに話ししてみると、本当に
結構心が落ち着くんだよね。

小・中学校のころ試験前に友達に「勉強してる?」って聞いて
「いいや、全然出来ないさ。」って聞くと変に落ち着いたり、

この歳になっても、「どう、仕事のプレゼン決まる?」
「いいや、不況だからなかなか決まらないねー。」なんていう

会話で癒されてしまう。いやいや論点が違ってきたぞ。
そんな人とその不安を共有して自分を癒そうなんていうことではなく、

そんな不安をかかえながらも、カラオケではしゃげる自分たちを
もっともっと好きになろう!!って、言いたいのです。

確かにうまくいかないことや、思い通りに進まないことなどを
恋人、友人、同僚、先輩、後輩、両親等々、誰かに話してみると

いろんな不安が癒されることが多いでしょう。
(恋人の場合はよけいに不安になる場合もあるので注意!!)

不安を持つのは、人間である以上正常なことなのです。
もし、あなたが北海道の農場で牛の爪切り作業をしなければ

ならないとした時、何も知識を持たずして出かけるとしたら
不安になるのは当然です。

不安になるのは、今情報が足りないとメッセージを伝えているのです。
自分を守るためには、自然と不安になりなんらかのメッセージを

発するようになっているからです。
誰でも新しい未知なることを体験するときは不安になります。

情報を得ようと誰かに話しかけたり、誰かにその不安を聞いて
もらったりしてズーっと過ごしてきたのです。

これは、若者も中高年も老人でも全く同じです。
デザインも人の不安からスタートするようなものです。

「人」が「人」に話し語るからこそ、何か新たな変化が生まれ 
新たなアイデアが生まれ協力関係ができたり、

友情や愛情なんかが芽生えるのです。
私たちの心は、そのようにできているのですから・・・。

そんな不安があるから頑張れるんだし、いろんな問題も
誰かと話せばわかるし、話せば自分も変わっていける。  

まずは自分を好きになり、そして好きな人に、好きなものに
丁寧に向き合っていれば・・・幸せになれるっていう話。

昨日のNHKスペシャルで、今、出版業界がちょっと今までとは
違う動きになっていて、倒産したり廃業したりする老舗の

出版社が多くなったとのこと。
それは、いい本が売れるわけではなくランキングで上位に

なったものしか売れなくなったそうです。
もう本を吟味することすら面倒になった人々が多くなったのでしょうか?

まっ、久しぶりのブログアップにタイトルは
「不安を抱える自分を好きになろう!!」っていうことで、

ある本とサイトの勝手な宣伝です。


 ・・・勝手CM・・・

 「好き」って気持ちが、ハッピーを引き寄せる!!
 好きでいれば、心にやさしさが生まれます。

 好きなものなら、あきらめずに信じ続けることが出来ます。
 ★ムービーはこちらから→ http://hare.main.jp/suki.html

 『「好き」からはじめよう 〜大切なことに気づく45のメッセージ』
   (文・中島未月 絵・谷山彩子 / リヨン社 / 1050円)

この本のアマゾンのカスタマーレビューから「好きな道」という
作品を引用します。


  正しい道
  なんて、ない
  歩いた道を
  好きになれば
  それでいい



アマゾンの本のサイトへは、上記HPから進んでください。

今日のカテゴリーは仕事に関してです。
posted by 情報建築家・niNaru  at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。