2008年05月16日

世の中の空気を読む

久しぶりのブログのアップなのだけど、やはり世の中の
空気を読むと、この話題に触れなければいけません。

と、言うか他の話題にすることが何かいけないことのような・・・・。
5月に入って、この世界中で何人の人が亡くなったのでしょうか?

ミャンマーでは、10万とも20万とも言われていますが、
軍事政権下のため、詳しいことは良くわかりません。

そして、中国でももう生き埋めの人も含めて5万人とも言われ
益々多くなるのではないかと危惧されています。

そして、もっと不安なことが近くのダムが決壊しそうだということ。
もし紫坪鋪ダムが決壊すると、下流域の人たちにも被害を及ぼし

世界遺産の都江堰も甚大な被害を被るとして対応を急いでいるそうだ。
ここから 山陽新聞 WEB NEWSより

【北京14日共同】新華社などによると、中国の四川大地震で、
震源地の四川省アバ・チベット族チャン族自治州☆川(ぶんせん)県に

ある紫坪埔ダムの堤頂部に亀裂が見つかり、「極めて危険な状況」
(地元幹部)となったため、水利省は14日、ダムの安全確保のために

緊急放流を開始した。
同ダムは2006年に完成した発電や洪水調節用の多目的ダムで、

総貯水量は日本最大の徳山ダム(岐阜県)の2倍弱に当たる
11億1200万立方メートル。水利省は、仮にダムが決壊すれば、

約9キロ下流にある人口約60万人の都江堰市が、完全に水没する
大災害になるとして対策を急いでいる。

紫坪埔ダムでは同日、水利省次官や専門家がダムを検査し、通常の
放流量を大幅に超える毎秒700立方メートルの放流を行うことを決定。

また万一に備えて、既に約2000人の兵士が現場に急行しているとの
情報もある。

(注)☆はサンズイに文
                    ・・・・ここまで・・・

何ともないことを祈るのみですが、小学校や病院などこういった
自然災害のときの避難場所になる公共施設が、汚職や賄賂などで

手抜き工事をするのが当たり前の常識だというお国柄の国だから、
ダムの工事にしたって、いったいどのくらいの手抜き工事が

行われているんだろうかって考えると、本当に決壊するかも
しれないと思ってしまいます。

一般庶民の命より、国の面子だとか党の威信とかを大事にする
国だから、こんなニュースが公表されるって言うことは

本当に危ないんじゃないかと・・・・。気になります。

小学校や中学校の校舎が倒壊している写真などを見ますと、
本当に鉄筋などが見られず、本当になんという国なんだと

思ってしまいますが、我が日本も学校建築はお寒い状況で
あるというサイトを紹介しましょう。


ここ  「中国地震の「生徒生き埋め」は日本でも起こる」

→→ http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/ba/43/


このサイトは建築に興味のある人しか見ないかも知れないけど、
是非、小学生中学生のお子さんをお持ちの方々、

公立小中学校の35%が「耐震性なし」
姉歯物件並み小中高が1万1659棟

これが現実であり、人ごとじゃないっていう話。
学校にかける予算はなくとも道路みたいなピンハネしやすい工事には、

まだまだお金をかけようとするわけのわからない政治家と国交省。
学校は文部科学省か。国交省の北海道の機関である北海道開発局。

開発局発注の農業土木工事をめぐる官製談合事件で3人が
14日、警察につかまりましたが、もう21世紀になって

久しいというのに・・・・・。
まだ、そんなことしてるのかって思ってしまいます。情けない。

やはりフジテレビの「CHANGE」です。
木村拓哉を総理大臣にしなければ・・・。そう思います。

軍事政権のため、少ない情報しか入ってこないミャンマーですが
最後に、ミャンマーの洪水前と洪水後の航空写真地図が

このサイトで見ることが出来ます。
http://takehana.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_4dd4.html
本当にすごい台風だったんだなと思います。

中国の今回の地震のところもGoogleマップで見てみたんだけど
まだ、地震前のままでした。(当たり前か)

とにかく紫坪埔ダムが、決壊しないようにお祈りしましょう。
本当に「生きてるだけで丸儲け」って感謝しなくちゃね。

久しぶりに、こんなブログを読んでくれて有難うございました。
posted by 情報建築家・niNaru  at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96854484
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。