2008年04月16日

私も「桜を見る会」へ

ガソリンが安くなったからっていう訳ではないのですが、
4月の上旬は北海道の田舎へ行ったり、ついでに以前

新築した家の様子などを見に出かけたりしておりました。
もう、田舎へ行くとこの4月から始まった後期高齢者の

保険制度の話題で、75歳以上の方たちが健康保険料が
上がる上がると騒いでおり、市役所や町役場の担当も

10日頃までは保険料も解らないという、いつぞやの
改正建築基準法みたいな状況でした。

これは、またまた混乱するのではないかと思っていたら
本日(15日)からの年金から天引き制度、ご覧のニュースの状況です。

この3月から4月にかけて食品各社が次々と製品価格の値上げを発表し、
鉄などを始め金属製品の価格も上がり(建築コスト等に反映します)

他に紙製品等日用品も上がり、バターがスーパー店頭から消えたりと
次々とメーカーから消費者へ、価格転嫁されたり品薄感が市場を覆ったり。

構造的な変化が起きて容赦なく、諸物価の高騰が襲い掛かっています。
(ガソリンが下がったのは暫定税率分、原油は今日も高騰しているとか)

特に食料品や野菜の高値が続くと、しわ寄せを受ける各家庭は勿論、
年金だけで暮らす二人世帯や、独り暮らしのお年寄りなどは

中でも最も直撃を受けるだろうから、本当に大きな不安の中に
いることでしょう。

年金実収入は減らされ、物価高で支出は増えるという未来しか
なさそうなのだから。

この法案を強行採決した自民党の議員さんも、こんなことに
なっているとは・・・なんてニュースで言っているバカな御仁がいましたが。




年金の支払いのほうのデタラメさは、ほおっておきながら
その年金から天引きして徴収するというその惨たらしさ、悪どさ。

後期高齢者を長寿高齢者と名称変更などでごまかしている
福田康夫首相が最近の物価上昇について、「しようがない」と

語ったことが批判を集めている。この人はホント、他人事なんだよね。

サミットの事前視察で1泊130万円以上の最高級スイートに
泊まる御仁には、庶民の厳しい生活など理解できないのかと。

問題発言が飛び出したのは12日午前、東京・新宿御苑で開かれた
「桜を見る会」。

満開の八重桜に浮かれたのか福田首相は「きょうはヤボなこと申しません。
政治のことを申し上げるとね、心配されるといかんから」と

軽口をたたきながら、こう語ったのだ。↓↓

「物価が上がるとかいろいろなことはありますけど、しようがないことは
しようがない。これに耐えて、工夫して切り抜けていく。それが大事」

国民の負託を受けてなんとかするのが、あんたの仕事だろう!!

その一方での、社会保険庁の無駄使いや道路特定財源など
莫大な税金の浪費を思えばそのアンバランスさに唖然とする。

僅かの漏れもなく徴収する体系が強化され、後期(長寿)高齢者のみならず、
その予備軍(前期高齢者って言うんだって)も、そのまた予備軍も、

いずれ無関係ではいられない寒々とした感がある。
めでたそうな名前の「長寿」は地獄と感じるような人が増えるかもしれない。

いろんな構造改革が進んでいくが、官僚国家日本と官僚と一緒になった
政治家さんと業界首脳の構造改革だけは、ちっとも進んでいません。

9日から東京の某独立行政法人へ呼びつけられ、打ち合わせやら
弁明やら下請け作業などをしてきました。

まっ、新宿御苑の「桜を見る会」には当然呼ばれませんでしたが、
久しぶりに東京へ行ったので、東京ミッドタウン、六本木ヒルズ、

国立新美術館、汐留再開発のシオサイト、丸の内再開発の高層ビル群
(インターネットで自分で調べてください。)

2週間で北海道の田舎と、高層ビルがどんどん立ち上がってきた
東京を見比べると、本当に二極化ということが実感できます。

東京の近代的なガラス張りの高層ビルに入っているヒルズ族とか
ミッドタウン族とかが、いけないというわけではなく

強者の論理と弱者の弁明と下請け作業という(関係ないか)
医療保険のように最も弱いところに影響が及ぶほど、

医療制度の崩壊も進み、健康保険制度の崩壊も進み、医師がいなくなり
病院が潰れ、そのようにして全ての人へと影響は波及してゆく。

自由診療を受けられる層と、健康保険に頼らざるを得ない層の二層化が
ますます進み、格差社会は、弱者を見棄て見殺しにする社会であることを

露わにする。本当に我々はこの国をどうしようとしているのだ、と。
東京の町並みを疲れた足取りで歩きながら

そんなことを考えてしまう田舎者の私であったのである。
高層ビルで囲まれた赤レンガの東京駅は、いま工事中だったけど

復元されても何か可哀相な感じがした。日記でした。


追伸、

そんな中、急遽夜の飲み会にお集まりいただいたOB、OGの皆さん。
楽しかったです。今度は、ゆっくりと「桜を見る会」をしましょう。

posted by 情報建築家・niNaru  at 03:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。