2008年01月20日

『ここだ』という瞬間がある。

数日まえから、ブログの上の写真を新しいものに
張替えてというか付け替えて、心機一転。

心機一転とは、何かをきっかけにして気持ちがすっかり
変わることとあります。

ブログのデザインを変えてみることで、気持ちがすっかり
変わったなんて・・・・、有り得るのかも知れませんが、

まっ、私の場合はやる気をアップするつもりでというか、
何かね、シーサーブログの機能が新しくなって、

いろんな写真がこんな風につかえるようになったということで、
試しの心機一転デザインの変更です。

有料の写真もあるのだけど、今回はすべて無料の写真を使って、
ブログのイメージに合った写真デザインの変更でした。

無料なので使える写真は限られているのですが、それでも
簡単にイメージを伝えるだけなら十分ではないかと思います。

まっ、無料なのであまり文句もいえませんが、このブログの
写真は札幌駅ビルのレストラン部分とホテル部分の写真です。

ステラブレイス 9階 ミクニサッポロ
日本のフランス料理の第一人者・三國清三プロデュースのレストラン。

高いところはJRタワー展望室があるのですが、その下は
ホテル部分のスカイレストランとバー部分。

ね、私のイメージにピッタリ。
いままでの、高速道路の外灯とたそがれ時の空模様の写真は

ちょっと私のイメージではなかったのですが、使える写真が
なかったので我慢して使っていたものです。

それに対して、今度の写真は私のイメージにピッタリです。

いつも食事はミクニサッポロかスカイレストランですし、
夜の打ち合わせはこのスカイバーにいますもの・・・・。
1月12日のNHKのトップランナーは、マガジンデザイナーと
いう肩書きで野口孝仁氏が出ていました。(放送分リストから探して)

→→ http://www.nhk.or.jp/tr/

マガジンデザイナー 野口孝仁

・・・ここからHP抜粋・・・

ファッション誌、情報誌など、読者層が異なる様々な雑誌の
アートディレクションを手がける、野口孝仁。

流行に敏感な雑誌の世界で、彼が大事にすることは意外に地味だ。
編集者とのコミュニケーションを密にし、その趣向を引き出すこと。

そして、文字組や写真レイアウトなど基本的な部分で
妥協しないことだという。

「デザインには『ここだ』という瞬間がある。
その瞬間に出会うことが最高!」と語る野口に、雑誌作りの

醍醐味をきく・・・・・。

                 ・・・・ここまで・・・・


世界の無印良品のショップもやっている野口氏だが

面白かったのは芸大の受験に失敗して、もういきなり雑誌社へ
就職して仕事を通してデザインを勉強してきたとのこと。

もう、完璧なオン・ザ・ジョブ・トレーニング。独学。

エディトリアルやグラフィックデザインの会社へ入社のために
面接に行ったときのエピソードが圧巻でした。

他の人はきちんと自分の作品を持っていくのに、野口氏は
「自分が作品です。とにかく使ってみてください。」とかで、

半年間、無給で働いてデザインを勉強したとのこと。

もちろん生きていくために、別にアルバイトもしていたらしいが
やはり、本気で自分の夢を追いかけるということが

大事なんだと何気ない笑顔で若者達にメッセージ・・・・。

野口氏の話に目がキラキラとなるMCの本上まなみに対して
何か、エディトリアルを理解していない山本太郎の??の間が

とっても面白かったです。
(分らないよね。雑誌のデザインの何が面白いのだ?っと

そんな風な雰囲気の山本太郎がいた、ように感じたのです。)

まっ、雑誌ではないのですが 「デザインには『ここだ』と
いう瞬間がある。その瞬間に出会うことが最高!」

というわけで、ブログの写真とタイトルなどに挑戦というか
ただ変更してみようかと考えてやってみただけの話で・・・・。

タイトルの大きさとか細かいところはまだまだですね。
『ここだ』っていう瞬間ではないのですが、

ブログの機能ですから細かくは動かないし、
でも、面倒だからこんな程度で許してください。

そこで、デザインの『ここだ』という瞬間を確かめてみたいなら。

階段の噴水の写真 →→http://designbible.seesaa.net/

沖縄のシーサーの写真 →→http://design-universe.seesaa.net/

レインボウブリッジの写真
 →→http://tenshokuyorimo.seesaa.net/

私もその瞬間に出会うことが最高なんだと思います。



追伸、こんな機能もアップされました。ドロップシッピング。
   ちょっと練習中。相変わらず寒い日が続きます。↓↓

posted by 情報建築家・niNaru  at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインに関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。