2007年08月13日

仕事が趣味!!

しばらく振りのブログアップです。
というか、8月になって最初の書き込みです。

例年のことですが、お盆休みに入る前のいろんな締め切りと
言うか、区切りとしてのまとめというか・・・。

弱小事務所は、お盆とお正月前はいろんなことのアップが
求められ一生懸命業務に励まなければならないのです。

そんなわけで、ブログのアップがなかなか出来ませんでした。
本当は、お盆休みの間にやっておいてという宿題も

結構あるものなのですが、今年はそんな宿題もさっさと
終らせて本日からお盆休みモードに突入です。

工事現場も強風や大雨などの準備をし、あと盗難などの
人的問題(工事現場に人が侵入し酒盛りなんかをしている)に

対処するべく準備を先週の土曜日に全て終了し、
昨日から工事現場も1週間のお盆休み。

そして私目は、土曜日までの工事管理報告とお盆休みに入るため
クライアントさんへの挨拶などで、昨日は駆けずり回り

本日からお盆休みに入ったと言う次第です。
そして、高校野球を見ながら何かを書こうと・・・・。

ここ札幌も、連日30度を越す真夏日が続いています。
高校野球をテレビで見ながら、汗を一杯かきながら

一生懸命プレイしている球児たちを見ていると・・・
真夏日ってやっぱり若者のためにあるんだなと思ってしまいます。

だって歳をとると、外にいるだけで汗が噴出して
グターっと疲れて動けなくなってしまう。(笑い)

そういえば最近、炎天下でのゴルフもしていないから
体力なくなっているかな〜と感じています。

そんなことを考えながら、高校野球の審判の人や各チームの
監督の人たちのことをTVで見ていると、

次の言葉を思い出したので、このことを記していきましょう。


「仕事を趣味にしていこう」と言われています。

「趣味を仕事にすること」と、「仕事を趣味にすること」は、
似ているようでちょっと違います。

趣味が嵩じて仕事になったという人もいますが、
一般的に趣味は、一定していません。

自分の年齢や家族構成、生活スタイルなどと共に、趣味は
どんどん変わっていきます。また趣味には、優劣がありません。

経験の浅いアマチュアであっても、趣味は全く問題になりません。
下手の横好きで構わないのが趣味です。

対して、仕事・ビジネスは、変わらないものです。
これと一つ決めたら、その仕事をとことん深掘りしていくものです。

職種、業種、会社などを変えることがあっても、
その人の仕事(専門)は、変わっていないものです。

一つの業界で大活躍した経営者が、他の業界に移籍しても、
名経営者としての腕を振るうのと同じです。

「経営者」という仕事は変わっていない。

人を感動させることが得意な人は、「人を感動させる」ことを
自分の専門にします。

職種の呼び名が変わっても、その仕事から離れることは少ない。
プロとは、その仕事を突き詰めた人なのです。

突き詰めた経験があるからこそ、お客さんをより
満足させることができる。

「キャリア」が豊富な人ほど、市場価値が高くなる所以です。

「好きなこと」=「趣味」と、単純に置き換えてしまうのは危険です。
「趣味を仕事に変えること」は、本質的に無理があるからです。

自分が楽しむことが目的の趣味と、お金を稼ぐことが目的の仕事は、
そもそも別物だからです。

趣味は趣味として、それ自体を楽しみたい人が大半でしょう。
だから、趣味を仕事としている人はそんなに多くは無い。

理想としては「趣味を仕事にする」を叶えたいものです。
でも、「仕事を趣味に変えること」は、実は簡単なのです。

目の前の仕事が、好きであろうとなかろうと、ガムシャラに
打ち込んでみる。

これでもかと、掘って掘って掘りまくる。どんな仕事も実は
奥が深いものだと気づき、また掘って掘って掘りまくる。

そうして、その仕事が楽しくなってくればシメタものです。
その時は、あなたの仕事が趣味に変わった時です。

帝京高校の前田監督が、以前はただ勝つことにこだわってきたけれど
最近は高校生を成長させることに何か生きがいを感じていると、

昨日だったと思うけど、TVのスポーツニュースで言っていました。
まっ、高校野球の監督が「趣味で監督をしています」とは、

言わないだろうし、「高校野球の監督という仕事が趣味です」って
言う方がなんであれ、カッコいいと思うのです。

むしろ、「勝つこと」ということから「成長させること」に
監督業をシフトさせてきているのは、この深堀なんだろうと
思うのです。

まっ、そんなわけでお盆休みモードだけど、私も
仕事が趣味なもんだから・・・・何かデザインでもするか。


あなたも何かをデザインしたくなったらここ
→→http://ch08020.kitaguni.tv/



タグ:デザイン
posted by 情報建築家・niNaru  at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51278920
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。