2007年07月21日

役割責任のためにギクシャクしよう!!

最近と言うか、ここ2週間ぐらいになるんだけど
設計監理をしている、とある現場の建設会社と

上手くいっていません。
いえ、現場の担当者達とは上手く行っているのですが

その建設会社の上層部の人達との関係がギクシャクして
いるようにこの鈍感な私めでも、そう感じるのです。

この年になると別にいいんだけどね。
いえね、社会でビジネスをしていくと言うことは

それなりの業務分担と役割責任があるはずです。
私の方は、相手の会社の役割分担のところには

あまり口出しをしないようにしているのですが、
そちらの会社のほうが私の役割である監理というところまで

直接、口出しをしてくるならまだしも・・・・。
下請けさんをつかってちょっかいを出してきているのに

私が切れたというだけなのですが・・・。

まっ、もともと設計事務所というものは、計画と設計と
工事監理(工事が設計どおりにおこなわれているかどうかを

見ることで、現場監督とは別)だけを独立して行なうところで、
施工会社とは利益を同じくしていないのです。

建築主の建物をきちんと仕上げてその利益を守るために
工事内容をチェックする工事監理者は、施工側と同じ立場ではない

施工会社とは別の視点をもつ第三者であるほうが、
よりよい建物になるであろうことは理解できると思います。

それで法律的にも、本当は施主、設計監理者、施工者の三者が
互いにチェックしながら建築をつくることを推奨しているのですが、

なかなか設計事務所の役割が一般的に認識されないのは、
私たちの怠慢でもあるのでしょう。

そして、設計デザイン料を無料、無料と言っている
建設会社やハウスメーカーなど・・・・設計監理と施工を

一緒に常にしているような(チェックは自分でしている)
上に書いたような上層部の人達とは、やはり一緒には生きていけません。

(けっして無料ではなく、その分を材料費に上乗せしてる
だけなのです。・・・業界暴露)



このように自分の会社の都合、自分の都合ばかり
押し付けてくる輩が結構いますが、私の経験上のアドバイス。

人間同士のつき合いとは、どううまくつき合うかではなく、
どううまく発展させるかだと思うのです。

自分のことしか考えない身勝手な人間を恐れることは無い。
どんどん誤解されればよいのだ。

正直に自分を表現するというフルイにかけて残った相手が、
貴方にとって真に心を開いてつき合っていける人間なのである。

誰も彼もと上手くやるなどと言った「上手な交際術」など
まったく必要はないと断言する。

むしろキャリアデザイン的に人間関係でひっかき傷ができたり、
筋肉痛が生まれるようなことをしてみましょう。

事なかれ主義でいい人を続けていては、自分と言うものが
見出せないし他人にも認知されることはありません。

筋肉痛が生まれないとしたら、筋肉(精神)に負担が
かかるようなことを夢中になってやっていないと

いうことだし、若い頃に大喧嘩をしてからよけいに
仲良くなったとか、「雨降って地固まる」っていう

ことわざもあるでしょう。
とにかくビジネスや人生は、動けば何かにぶつかるもの。

筋肉(精神)に負担がかかるようなことを
夢中になってやっていないと早く老化してしまうのだ。

麻生外相は19日午後、富山県高岡市内での講演の際、
「アルツハイマーの人でもこれぐらいは分かる」と

発言したそうだ。

中国へのコメの輸出を奨励する趣旨に関連しての発言だが、
アルツハイマー病患者や家族に対する配慮を欠いた不適切な発言。

まったく、日本国の大臣なんだからひっかき傷ができたり、
筋肉痛ぐらいのところで言葉を選べっていうのに・・・。

マスコミもこんなことをちょっかい出すぐらいなら、
今、最高の問題にもっと食いつけって言うんだ。

まっ、今日は建築設計事務所の仕事の話というより、
会社とか人間関係のつき合い方を述べようと思ったのだけど、

最近の気になることについて、上に書いたような
(チェックは自分でしている)だから、問題がありませんという

自慢する世界一の柏崎刈羽原発の今回の地震によるだらしなさと、
放射能漏れを海にも空中にも撒き散らしておきながら、

自営消防隊も三連休で対処できなかった??
放射能のドラム缶も蓋が開いたまま手をつけられません。??

油に火がつくことは想定外でした??
まして、こんな大きな地震が来るのは想定外でしたぁ??

それでも、「何も問題がありません」ってぇ・・・・??。

TVのニュースでは東京の電力不足の方を心配しています??

どうしてもっと根本のところでギクシャクしないんだ??
毎日、毎日出てくる柏崎刈羽原発のお粗末さに頭にこないんだろうか?

「実は、今でも放射能は漏れ出しています。でも、死ぬまでは
大丈夫ですから、何も問題がありません。悪いのは地震です。」

「アルツハイマーの人でもこれぐらいは分かる」ぞ〜。
問題が無いなら原発の中を公開してみろ!!

私は、認知症防止のためにわざとギクシャク関係をつくるべく
誰ともうまくやろうなどとは考えておりませ〜ん。

通産省も原子力保安院も(チェックは自分でしている)。

柏崎の消防だけが「役割責任」を放射能を浴びながら
やっていることに喝采を送るものです。

同じ原発で働いているIG君。ギクシャクしてこいよ〜。

ラベル:柏崎刈羽原発
posted by 情報建築家・niNaru  at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。