2007年06月19日

自らの身の処し方を考える

昔は、東大とか京大に行ったとか、大学院に行ったと
いうことが「教育ある人間」ということになった。

何日か前の記事ではないが、向こう三軒ただの人のつくった
社会だけど少なくとも、昔の「教育ある人間」たちにリーダーを

任せて来たはずだ。

だけれども現代は、その定義は変化してしまっている。
「教育ある人間」達がちっとも勉強していないのである。

社会保険庁のお役人さん達や、クールビズの阿部総理の
ポスター制作に83億円だって・・・・・。

何か最近、納税通知書が届いてから元気が無い私です。

3年前にも国民に叩かれたことをすっかり忘れて、
ちっとも勉強していない。

現代は大学時代に勉強したことや、持っている情報は
アッというまに何の意味も無く陳腐化してしまう。

そういう意味で「教育ある人間」とは、
勉強し続けなければならないことを自覚している人間のことなのだ

と思うのです。
いい学校を出たからそれで終わりとか、学生時代に一生懸命

勉強したからもう大丈夫だ、とか。未だにこんなことを
考えている人はいないと思うけど。

実は、学校を卒業してからが本当の実践的学びの場。
継続して学び、実践し、その結果を見てまた新しく学び直し、

実践し、また新しい結果を生み出す。
そういうサイクルを生み出していかなければなりません。


というのは、今の設計・監理している現場なんだけど、
現場の所長さんの下で、大学卒業して2年目と言う若い監督さんが

いるんだけど・・・・。もう、若い監督さんのいる現場は久し振り。
もう、イジメがいがあるというか教えがいがあるというか・・・。

彼も一生懸命なんだよね。
「どうしてこういう設計したんでしょうか?」って質問してくるんだけど

あきらかに法律上や技術上の設計だったら、すぐ答えられるど
「何故、こんなデザインにしたのでしょうか。」・・・・???。

もう、6ヶ月前の自分でデザインを決断したことなんて、
別に、こうだから・・・こうデザインしようなんてパターンが

あるようで無いような・・・・。
「何でこうデザインしたか自分で勉強しろ!!」って答えるんだけどね。

ここから、自論なんだけどこのように実際に制作に入ってから
他の人や廻りの人から、あーだこーだいわれる場合があるけど、

自分が寝る間を惜しんでベッドの中で考えついたデザインなんだから
ベースは絶対に変えないほうがいい。

図面を描いてからしばらくして見ると、自分でも何でこんな
デザインしたんだろうと思う時がありますが、そこは自分を信じて

だって、今より10倍も100倍も考えていた結果なんだから、
大きくは変えないほうがいいのである。

諸般の事情で、200倍考えて変更するならそれはそれで、
「PLAN→DO→SEE」の流れだからいいのですが。

そして、また意地悪をするのである。
「鉄筋の間隔と定着と継ぎ手の寸法、全数チェック!!」ってね。

まっ、私の2年目は鉄筋の定着も継ぎ手も良く分ってなかったけど。
建築関係の人は勉強しましょう。

継続して勉強していかなければ、どんなことが起こるのか。
学校を出て、たとえその知識を維持できていたとしても、

周りの進む速度が非常に速くなってきているので、
現状維持ではそのまま後退することになってしまうのである。

絶えず学び続けなければいけない。
今という時代は、そのように競争がますます激化しています。

国家にせよ、企業や組織にせよ、個人にせよ、
そのような激しい動きの中に身を置いていることを自覚して、
 
自らの身の処し方を考えていかなければならないのではないか。

と、最近の社会保険庁の問題や北海道の今年度の財政が
100億円の赤字財政だというニュースやら、

ここのHPの数字を見ながら、
日本の借金時計>>

5月末に自動車の税金払ったばかりだというのに、
県民税や市町村住民税や社会保険料の納税通知書を

見ると、ちょっとねー。
自らの身の処し方を考えていかなければならない。どうしよう??

クールビズのポスターに83億円かけるんだったら、財政破綻した
夕張にでも首相官邸の別宅でもつくってくれ〜。
(ちなみに夕張市の財政破綻額 360億円)

まっ、たいそうな税金納税者でもないので・・・
それも分割で・・・仕方が無いから払ってやるか・・・。

しか〜し、脱税したくなってくるぞ〜。

今日も、脈絡の無い話で申し訳ありません。
情報カテゴリーってことにして下さい。

そこで、いつものようにおまけで

デザインの勉強をしたくなったらここ。

誰でも学べるデザインの学校>>


・・・年金も未納したくなってきた・・・今日この頃です。
posted by 情報建築家・niNaru  at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45327255
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。