2007年06月13日

インターネット事業・ホームページ制作業界

今日は、仕事の世界という事で 業界研究シリーズ 23回目

 インターネット事業・ホームページ制作業界

 [概要]

厳密に言うとインターネット事業とホームページ制作は
分離して考えなければならないが、Webデザインとして

考えた場合は、両方の世界で活躍の場がある。
一口に、インターネット事業といってもどこまでの範囲を

示すのかと言うと、自社にサーバーを置きプロバイダとして
サービスを提供するところや、情報処理系のソフトウエア産業が

システム構築をメインに業務を展開しているところ、
また、近年では広告代理店や大手印刷会社等が商業用

ホームページとしてのコンテンツの企画や提案を行なうなど
様々である。

また、これら業界からホームページの制作のみを受注し、
Web制作を行なう会社もある。

Web制作専門の会社もあるが、最近は広告制作会社が
Web制作を手掛けているところも増えてきている。

これら、インターネット産業の中ではビジュアルデザインに
長けた人が意外に少ないため、デザイン系の人材を

欲しがる傾向がある。
さらに近年では、Web制作ツールの充実により、家庭に

おける個人レベルの制作能力も上昇傾向にあり、プロ・アマの
境界が難しく、フリーで仕事を受注するなど在宅業務(SOHO)

での制作も行なわれている。
ネットビジネス全体としてみた場合、携帯やモバイル、

ブロードバンド、プロバイダの乱立・低価格化による
価格競争など、複雑・混迷期にあると言える。

とはいえ、通信技術やサービス形態の変化に対して、
非常に敏感な分野であるため業界動向については、

常に注目している必要があり、Webクリエイターとして
重要な要素でもある。


 〔就職対策〕

少し前までは、Web系ソフトが全く使えなくても、
「勉強する気持ちがあればOK」という会社も合ったが、

これだけ一般に普及・浸透してくれば現状では全く使えない
という状況では難しくなってきている。

どのソフトが使えれば良いという明確な条件は提示されない
場合が多いが、何も使えないと言うのでは心もとない。

また、一般企業でも「社員にちょっと詳しい人が一人位はいる。」
という時代であるため、デザイン能力だけではなく、

ネット産業全般にわたる最低限の知識は必要である。
選考試験時の作品はもちろんWeb系作品が一番望ましいが、

どうしても無い場合やスキル的に厳しい場合は、自分にとっての
持てるだけの作品でPRをし、情熱と熱意に訴えるしかない。

商業用ホームページの場合は、ただ見て楽しいという
発想だけではなく、公開目的を達成できるものになって

いなければ意味は無い。日頃から研究目的で色々な
ホームページへアクセスしておくことである。

面接試験時に、「このテーマでホームページのデザインを
制作し1週間後に提出してください。」など、課題が出され

その評価を選考試験の要素に取り込まれるケースも
多いのが特徴である。



参考HP

ホームページ作成検定・情報処理技能検定・文書デザイン処理
プレゼンテーション作成検定などはここ

日本情報処理検定協会>>





おまけ デザインセンスに磨きをかけるには

誰でも学べるデザインの学校>>


デザインバイブルから貴方だけのデザイナーズバイブルへ>>


posted by 情報建築家・niNaru  at 23:37| Comment(0) | TrackBack(2) | 業界研究について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

◆期間限定◆おまかせパック☆有名情報起業家10大特典つき☆初心者でもできる!稼げる!ほったらかしブログ記事自動作成装置『ezアフィリ』世界2位のコンピューター会社元SEが開発したほったらかしツール!
Excerpt: インターネットビジネス総合研究所の山本寛太朗と申します。 これが、まさに私が手に
Weblog: 貧乏脱出?v(^ ^)v
Tracked: 2007-06-27 12:07

【現役プロの180日サポート付き!】ド素人が、今日どの店で、何の機種を打てば、一番勝率が高いのか
Excerpt: 現役パチスロプロが月間勝率100%の秘密を暴露! その方法が初心者でも実践できる事だとしたら、 あなたは知りたくはないですか? パチスロ(スロット)がギャンブルだと..
Weblog: 60才からのネット生活
Tracked: 2007-09-13 20:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。