2007年05月24日

リフォームとリノベーション

友人のデザイナーさん夫婦の家のリフォーム工事の
相談にのっています。

リフォームの最大の目的は、奥さんのアトリエと
ご主人のCGデザイナーとしての仕事部屋。

4、5年前に普通の中古住宅を購入し、そのままの住居で
住んでいたんだけど、家で仕事をするのが多い二人にとっては

やはり住宅だけの機能では仕事に支障をきたすということで
二人別々の仕事場というかアトリエが必要になったと

いうことです。

今日は建築を知らない人のために、キャリアデザインにも
通じる建築業界用語の説明をば・・・。

リフォームの工事を大きく分けると、増築、改築、改装、
修繕等(法律用語にもなっています)があります。

増築は住まいの床面積を増やす工事、改築は床面積はそのままに
間取りなどを変更する工事、改装は内外装の模様替え、修繕等は、

設備機器の修理や雨漏りなどの修繕工事を指します。
住み手の要望や、建物の状況などによって、適切な工事が行われます。

「増築」: 2階を建て増したり、新しい部屋を作るなど、今の住宅の
      床面積を増やす工事。

     キャリアデザインで言うとダブルワークで働いたり、
     サラリーマンでありながら、不動産投資などで儲ける事。

     中高年のおっさんでいえばメタボでお腹が出てくること。

「改築」: 今の住宅の床面積を増やさずに、住宅のなかの間取りを
      変える工事。

      キャリアデザインで言うと仕事の業務内容を変更すること
      例えば建築設計事務所の得意技を変える事。

 ダイエットして、体型をかえること。内蔵脂肪を減らすこと。      

「改装」: 建築物の外装や内装などの模様替えをする工事。
      もうこれは、転職をすることだったり、建築設計事務所が

      CGデザイナーになったり、ラーメン屋さんになること。
カツラをつけたり、美容整形したりすること。

「修繕等」: 設備機器などの修理や更新、雨漏りや外壁の
       ひび割れなどの修繕工事。

      キャリアデザインで言えば、私でいえば歯医者さんへ
      行ったりすることだよね。

分りやすいでしょ。しかし、近年このリフォームという概念の中に
「リノベーション」という言葉が使われるようになってきました。


リノベーションとは、既存の建物に大規模な改修工事を行い、
用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたり

することなんですが、建物の経年にともない、時代に合わなくなった
機能や性能を、建て替えずに、時代の変化にあわせて新築時の

機能・性能以上に向上させることと考えられています。

具体的には、耐震性や防火安全性確保し、耐久性を向上させたり、
環境問題から冷暖房費などのエネルギー節約のための機能強化や、

IT化など変化する建築機能の対応・向上のために行われたりします。
外壁の補修、建具や窓枠の取り換え、間取り変更、給排水設備更新、

冷暖房換気設備の更新などを行ったりします。

木造の建物が多い日本では、スクラップ・アンド・ビルドで
建て替えたり、増築したりするのが多かったのですが

これからの人口減少時代に向けて、このリノベーションが
増えてくるだろうと言われています。

西欧諸国では、何百年前に建てられた建物をその時代の要請に
応じて外観は変えずに、その中の用途を事務所や住宅などに

変えながら今日にいたっている、いわばリノベーションの
お手本なのです。

最近、日本でも都心の事務所ビルをマンションにしたり
廃校になった学校を老人施設になんかしてきています。

いろんな街の都市計画もこれからの時代は都市を大きくすることは
考えず、今ある都市をリノベーションしていくことを考えています。

こんなふうに、時代に合わせた人生やキャリアデザインも
常にリノベーションしていかなければと思います。

ただ、人生というキャリアデザインの体力という面は
新築時(若くてバリバリの頃のように)の機能・性能以上に

向上させることは無理なので、機能低下の速度を
ゆるやかにしていくことを、最近は「アンチエイジング」

「老化防止」などと言っています。


エキスポランド(大阪府)のジェットコースター脱線事故を受け、
全国の遊園地に緊急点検を指示していた国土交通省は23日、

306基のうち5施設の7基で車輪の亀裂などが見つかったと
発表しました。・・・・昨日のニュースより・・・・。

何なんでしょうね???
人命より儲ける事が大事なのでしょうか?

ついでに暴露するけど、建築の定期点検もおざなりな施主や
経営者が、ホント多いなあと感じています。

私は、嫌われるの覚悟で注意します。
人間も建物も、そしてあらゆる物は経年変化するものなのです。

年と共に性能アップするのは人間の脳やこころだけだと
思うのです。

そして、いつものようにデザインの性能アップを図るなら

誰でも学べるデザインの学校>>


歯の老化におびえつつ人生のリノベーションに励む
情報建築家・niNaruでした。


posted by 情報建築家・niNaru  at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。