2007年05月08日

世界の中心で愛を叫ぼう!!

とうとう、ゴールデンウィークも終ってしまいました。
ほとんどの方は、昨日から通常業務開始でしょうか?

そして、今年も3分の一が終って残り3分の二。
昨日から、やはりいろんなところが動いていて

自分のスケジュールとは関係が無く、いろんな用事が
急に舞い込んで来ています。

来週の初めに地鎮祭を行なうプロジェクト工事の、
今日は着工前打ち合わせでした。

クライアントの代理として、プロジェクトの監理者として
また、一つの建築物の製作作業の開始です。

奢った言い方をすれば、私を中心とする物つくりの
世界が始まります。

私がこの世界の中心なのです。(笑い)
工事を進めていくには、そりゃあ色々なことがあって

悩まされる場合が多いのですが、この世界の中心にいるっていう
感覚は建築設計・監理業務をしたことがない人には

ちょっと、理解出来ないことでしょうけれども、
誰でもキャリアを積めばこの醍醐味を経験できますので

特に建築士を受験する読者の方は、さっさと若いうちに
取ってしまいましょう。

飲み会の幹事をしたら、幹事がその飲み会の世界の中心だから
「飲もう!!」って叫べばいいかな・・・。


世界の中心で愛を叫ぶ・・じゃなく、物事を取りまとめていく。
いろんなビジネスや、どこかの社長なんていうのも

そうなんだろうけど、自分が何者でどういう位置付けだろう?
そんなことを時々考えたりすることが、ないでしょうか?

私は、子どものころからそんなことばかり考えて
きたような気がします。

子どもの癖に無邪気に遊べない何かがあったように思う。
なんか、子供のくせに何で自分だけこんなに「世界平和」に

ついて悩んでいるんだろう?(笑い)
「他の奴等は無邪気でいいな〜」なんて、思っていたりもした。

しかし根はいたってポジティブな人間なのだが、
やはり自分の存在意義などということに思いを向けた時には

真剣に自分と向き合わざるを得なかったのだ。
特に、失恋した時なんかは「自分の存在意義はなし」って

宣告されるようなものだから・・・。
子供のころはそれはそれは死にたくなるような気持ちだった。

話を今日この頃の話題に戻すけど、

大阪のエキスポランドの社長等が、ジェットコースターの
車軸を15年間も交換してこなかったことだとか、

JIS規格で鉄の寿命を調べる「超音波探傷試験」という
ものがあるとは知らなかった・・・・??。

なんじゃあ、おりゃあ〜!!??

遊園地の中心にいる、経営者の人達、あなた方が
「エキスポランドという世界の中心」だろうが・・・。

人間は、誰でも自分のいる場所が世界の中心です。
60数億人の世界であったとしても、誰でも個人個人の

狭い世界が、実際の世界であり中心なのだ。

自分のいる場所が世界の中心!!これが私の世界観だし、
他の誰でもそうであろう。

この場所を中心に私や貴方の意識は世界中を飛び回っている。

エキスポランドは、私を中心とする世界ではないけれど、
意識の中で私の中に取り込まれてしまった。

言いたいことは、自分を中心とした世界の中で
自分が何者でどういう位置付けなのか?

社長なのか、只の施設担当部長なのか?

その世界で自分達の存在意義は何か?って考えることは
ごく当たり前のことだと思っていたのだけど・・・。

ゴールデンウィーク明けに、ゴールデンウィーク中に
起こった事故のニュースを見ながら、

激怒している私でした。

とにかくだ。「世界の中心で愛を叫ぼう!!」


今日は仕事に関してのカテゴリーで・・・・。

posted by 情報建築家・niNaru  at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。