2007年04月28日

2年前の4月25日

10年ほど前に、浦河(北海道の牧場が多い馬の産地名)の
あの有名な競走馬、ティーエムオペラオー

(何年か前にG1レースの3冠馬で有名になったんだよ)が、
生まれた牧場を設計・監理していた時のことだが、

仕事で浦河を夜の10時くらいに車で出発して、札幌に戻って
来ようとしていた時のことです。

12月の初旬で、道路は路面凍結状態。北海道の人たちは
普通の夏タイヤから冬用のスタッドレスタイヤに車のタイヤを

履き替える頃で、私も当然スタットレスタイヤに履き替えた
ばかりの時期であった。

走って僅か10分ぐらいの登り坂道で、夜の国道を静かに走っていた

私の車の前に、坂道の上のほうからトレーラーが、そのまま、
横になったまま私の車に向かってきた。

そう、坂道の上のほうでスリップしたトレーラーが
道路で横になったまま、そのまま坂道をスキーのように

滑ってきたのである。

ガシャーン、ドシャーン、ビシッ、バシッ。
京都の方のトレーラーで運転手さんも、助手の人も

初めての北海道ということで、タイヤも夏タイヤの磨り減ったまま
そして路面凍結の状況での運転も初めてだと・・・。

この時から、私はゴルフをしていない。(なんの脈絡も無く・・・)
首の調子があまり良くないから。

まだ、すこし鞭打ちの症状が出ていて、朝起きると首が
固まって動かない事があり、ちょっと斜頚といって首が

傾いているさ。いずれ、整形でも行かないといけないかなと
思ってたりもします。

まっ、人生長く生きているといろんなことがありますが、
ゴールデンウィークに向かうこの時期に、くれぐれも

このような交通事故には気をつけましょうと、言っても
私みたいに、自分の意志ではどうしようもない事故に遭遇して

しまうことがあります。
私の交通事故の記録をここで紹介してみたところで、

つまらないでしょうから・・・・。
今回は情報カテゴリとして、今から2年前に起こった事故の

貴重な経験談が読めるというHPを紹介します。


今から2年前の4月25日にあったJR西日本の福知山線の
脱線衝突事故。

その1両目に乗っていた吉田恭一さんという方が、あのぐしゃぐしゃに
壊れた1両目から、奇跡の生還を果たした記録を読んでみることを

お勧めします。

同事故では、脱線した車両がマンション1階の駐車場に突っ込み、
1両目は壁面に激突してぐしゃぐしゃにつぶれました。

当初救助に当たった人々は、残った2両目が先頭車両だと誤認し、
やがて「車両の数が合わない」と気が付いて1両目が完全に

つぶれていることに気が付いたという。
それほどひどい状況の中から吉田恭一氏は辛くも生還しました。

希有なことに吉田氏は鉄道マニアでもあり、鉄道に関して
一般人以上の知識を持ち合わせていました。

吉田恭一氏は「廃線跡を旅する」というホームページを運営しており、
そのHPからこの生還の記録とリハビリの記録、先日、NHKの

特集でもやっておりましたが「トリアージ」という災害などの
多数の被災者などが出た場合の、緊急治療の優先順位をつける

ランク付けなどの問題、そしてJR西日本の企業体質やトップの
人間性についてなど、被害者としての経験談など・・・・。

いろいろと考えさせられる内容になっておりますが、
実話としての重みがあります。

ゴールデンウイークに向かうに当たって、是非一読をお勧めします。

私めは、28日は結婚式、29日からゴールデンウィークで
ちょっと旅行へ行って参りますので、このブログは

ゴールデンウィーク明けまでお休みします。
その間、このHPだけ見ていても見切れないかもしれません。

そして、このサイトのメイン記事だけでも、旅する気分になれますが
ちょっと重たくいろいろと考えさせられるHP情報の紹介でした。

皆さんも、民族の大移動ですが移動する人も、しない人も
楽しいゴールデンウィークをお過ごしください。

それでは、吉田恭一氏の「廃線跡を旅する」のHPを紹介します。



「廃線跡を旅する」→→ http://www.kysd.net/

上記サイトより
「2005年4月25日 福知山線5418M 一両目の真実」へを

クリックして進んで下さい。


上記HPを見た方は、是非こちらも(笑)

「誰でも学べるデザインの学校」→→http://ch08020.kitaguni.tv/


posted by 情報建築家・niNaru  at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40225644
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。