2007年04月18日

子供が憧れる若者になろう

地球温暖化などと叫ばれ、地球の健康が徐々に
そこなわれつつあるように、我々人間の安全が、

環境という問題から危惧されることよりも
温暖化で頭がホットになった、人間自身の切れやすさから

我々の社会が壊されていってしまうという現象の一端が、
アメリカでは韓国の留学生の銃の乱射事件、そして

日本では59歳のオッちゃんの長崎市長(候補)への
発砲事件が発生しました。

それでなくても、蔓延する偽装事件や、ごまかし、不誠実の
ヤラセ問題や格差社会の危機感など・・・。

だんだんと、温厚な私でもきれちゃうぞ〜と思ってしまう
今日この頃の社会ですが・・・・。

昨日、若者の持つポテンシャルについてちょっと記しましたが、
子供や若者は、これからの世の中を背負う社会の大切な

宝だということは、いろんなところで言われています。

大人はもっと若者の、若者はもっと子供の
見本となる必要があるのではないでしょうか。
(今更ながらですが・・・)



しかし、ニートやフリーターの問題も含めて、そういった若者や
子供たちが「早くいろんな仕事がしてみたい」

「お兄さんやお姉さんのようなカッコいい仕事をしてみたい」
「早くおじさん、おばさんたちのような大人になりたい」と

思えるような、元気で輝いている、憧れるような大人が
少なくなってきたのでしょうか・・・・?。

いえ、たくさん居るはずなのですが、こんな事件が多くなると
社会に出たくないし、早く大人になりたいなんて思う

子供達が少なくなってしまうのではないかと・・・。

本当はもっともっとカッコいいことを書いていきたいのだけど、
中高年のブログだから、少々愚痴っぽくなっているところもある。

しかし、本当のところはキャリアデザインは楽しく面白いものだと
いうことや、人生って「ワクワク・ドキドキ」の

とっても素敵なことなんだと・・・若者達の憧れる大人に
なりたいものだと思っています。

そこには、一般庶民の輝かしくも無い日常や、仕事で死闘を
繰り返しているつまらなさもあるかもしれないが、

それらをすべてひっくるめてみても、私は、若者や子供たちが
「そんなにおもしろいなら早く仕事がしてみたい」
  
「そんなに大人って楽しいなら早く大人になりたい」と
思えるような、もっと元気で輝いている、あこがれるような

子供にとっての若者や、若者達にとっての大人が
もっと多くなって欲しいな〜と、思っています。

こんな事件の後ですが、ぜひ、みなさんも意識をして、
元気で輝く、そして子供たちからあこがられるような

素晴らしい大人や若者になって頂きたいと・・・・・。
(今更なのですが・・・・。)

いえ、私のことなのですが目下の目標は、
「○○さんていつまでも若くて、かっこいい!」と

特に若い女性に言われる存在になることです。・・・・。

今日は、ただの独り言の日記です。
気にしないで、別な記事を読みましょう。

posted by 情報建築家・niNaru  at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。