2007年04月04日

21_21 DESIGN SIGHT に期待!?

先日3月の30日に東京の六本木、防衛庁の跡地に
東京ミッドタウンがグランドオープンしました。

個人的なことですが、東京でサラリーマンをしていた頃の
場所なので、それはそれは気になっていたことなのですが

ようやくグランドオープンということで、東京へ行く楽しみが
また増えました。

ここは、本格的に「デザイン振興」ということを考えられ
設計のいたるところにこの想いが込められ、そして施設的にも

デザインセンターや美術館も設置されているそうです。
(まだ、実際に行ってないのでインターネット情報から・・)

・・・東京ミッドタウンHPより抜粋・・・

生産型の社会から、創造型の社会へ。
大きく変わりつつある日本が国際競争を勝ち抜き、

さらに発展していくために。
「デザイン」と「アート」が重要なキーワードとなるはずです。

そんな想いを込めて、この街のテーマのひとつに掲げています。

            ・・・ここまで・・・

その中の一つに「21_21 DESIGN SIGHT」という、
建築家の安藤忠雄氏の設計による施設があり、

ここ
→→http://www.2121designsight.jp/designsight/index.html

服飾デザイナーの三宅一生氏やグラフィックデザイナーの
佐藤卓氏、プロダクトデザイナーの深澤直人氏らが

中心となって、「みんなデザイン力をつけようぜ」って
国などの行政に頼っていても仕方がないので、

力のあるデザイナーの方や大手の会社等が自分達の手で
「デザイン振興」にエネルギーを注いで出来上がった

施設であるらしい。(あくまで、行っていないので・・・)

まあ、こんな私でも共感するところ大であるので、
それはそれは気になっていたことなのですが・・・・。


それでね、今日のNHKのクローズアップ現代という番組。

ここ、クローズアップ現代 4月3日 放送分
→→http://www.nhk.or.jp/gendai/


・・・・このHPより抜粋・・・

“デザインの力”が世界を制す
〜問われる日本の戦略〜

英国や韓国は国家がバックアップ、「デザイン立国」を
目指している。

このままでは「潜在的には高いレベルの日本のデザイン力が
活かされない」と危機感を抱くデザイナーの三宅一生氏は、

今春、21_21 DESIGN SIGHT(六本木)をオープン。
日本のデザインに新しい動きを起こそうとしている。

いかにして国際競争に立ち向かうのか。その可能性を探る。

          ・・・・ここまで・・・・
          
まっ、時間のないTVの番組なんであまり多くは
語れなかったのだろうが、ちょっと弱腰に見えました。

「デザインをもっと知ってもらいたい・・・・」っていう
ような。。。ん、何じゃおりゃあ!!

それが、有名なデザイナーの言う言葉かい?
「私たちが無料のデザインの学校つくるから、皆さん

集まってください・・・・」って、言えんのか〜!!。
言えないよね。忙しいもの・・・・。

「俺等がグローバル化の中で世界で頑張っているんだから、
おまえらも早く力をつけてこい!!」って、言えんのか〜!!。

まっ、とにかく今、いろんな業界の経営者達が、
すぐ海外のデザイナーを使いたがる風潮と、

それをすばらしいと錯覚している一般庶民の意識も
変えなければいけないということも理解できるが、

「デザインへの関心と理解をムーブメントとして育てて
いくことを目指しています。」って・・・・。

いつまで、そんな地方の経済振興部局が言っているような
ことを・・・・・言ってるんだい。

吉野家の牛丼の看板が、そのまま中国なんかに行って
店舗展開なんかしているんだから、実はすでに

グローバルな世界なのです。
ファションや食品や化粧品なんかは、知らないところで

世界中に行ってるだろうし、建築の施工図はインドや
中国だって言うのに・・・・。

世界中のデザイナーの方がたはもっとレベルアップを
しなければ、あとからくるデザイナーの卵たちに

すぐ追いつかれてしまうといった、デザイン業界の
切磋琢磨が求められているということだし、

いかにして国際競争に立ち向かうのか?っていうことなら
この施設を、日本のデザインの発信基地にするぞ〜って

言ってもらいたかったと思うのです。
まっ、出来たばっかりだしこれからの活動や動きに

注目していきましょう。
とにかく、世界に対する日本のデザインショーを常に

やっているような、そして世界中のバイヤーが
そのデザインを買いに来るような・・・

そんなトップランナー達の施設でいて欲しいと思うのです。

ちょっと、建築・環境デザインぽいけど
「これがデザインの力だ」っていうサイトを紹介します。


これがデザインの力だ→→
http://www.gakugei-pub.jp/judi/forum/forum15/indext.htm#Mfl031


私なんて、引退する身だからいいんだけど、すべてのページが
日本のデザインでなくなる日が来て欲しくないというのが

本音です。

過去記事にも書いたけど、
(世界マラソン大会の給水所で、ボトルを持っているだけの
情報建築家ni・Naruでした。)



タグ:デザイン
posted by 情報建築家・niNaru  at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインに関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37692954
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。