2007年04月03日

新年度のスタートです

今日じゃなかった、昨日から新年度になりました。

年度末で多忙だった方も多いと思いますが、別れの季節があり
そして出会いの4月であり、新たなる年度のスタートです。
 
学校は、今までの学生はそれぞれ進級し(中には留年の方も
いると思いますが・・・・)
 
また新一年生が入学してきます。
多くの会社は新入社員や、配置換えや転勤してきた人々を迎えます。
 
学校や会社などの新しい仕組みによる今年度の開始です。
予算などもすべて、リセットされまた新たなる気持ちになる
 
4月です。このブログを開設して1年になるわけですが、
私も気持ちを新たに、このブログの存在理由を記して
 
行こうと思います。
国や役所関係も新年度予算の開始ですが、そこで、
 
これを機会に読者の皆さんのキャリアを単年度決算しては
いかがでしょうか。


とにかく、3月までのことは過去と捉え3月まで
成長した部分は収益として黒字です。
 
そして、失敗などで信頼を失った部分は損益となり赤字です。
トータルして昨年度のことは、3月で終了します。
 
3月は、ブログの記事アップが少なかったことなんかも
とにかく過去は過去。
 
昨年度は試験に落ちたから単年度赤字だなどと考えて、
落ち込むことはありません。いくらでも修復は可能です。
 
それは、個人でも企業でも同じことで、今年度、頑張って
昨年度の赤字を埋め合わせすればいいのです。
 
北海道の夕張市も18年かかって不良債権を解消するとか・・。
昨年度、黒字の人も気を引き締めて、リ・スタートして
 
欲しいと思います。
ただ問題は、自分の気持ちの中にある心理的な悩みや葛藤が
「不良債権化」している場合です。

「なんで最低記録を作ってしまったんだろう」
「何であそこで、業務に失敗したのだろう」
 
「本当は別のことがしたかったのに・・・・」
「なんで、もっと真剣にしなかったんだろう」
 
いまさら悔やんでも仕方ないことを、いろいろ
考えてしまうのは人の性です。
 
しかし、それが妙な負担となって実力を発揮しきれない
人が多いのも事実です。
 
しかし、過去のことを本当にいつまでも思い悩んでいても
仕方の無いことです。

キャリアにおける心理的な不良債権を処理する方法は
一つしかありません。
 
過去の自分の過ちを、すべて自分の責任だったと
自覚するだけです。
 
(自覚するとだんだん肩の荷が重くなって、40肩、
50肩になってしまいますが、仕方ありません。)
 
とても辛いことだし、認めたくないし、誰かのせいに
したいでしょうが、自分の責任だと自覚しない限り

いつまでも不良債権のままですし、くよくよばかり
していると、思わない不良債権の額になっていたりします。
 
思い悩むのはこれからのこと、新年度の事だけにしましょう。
どんな業務にも、どんな人生にもトラブルはつきものなのです。
 
心配ばかりしていると、飛行機にも車にも乗れないし
人の目ばかり気にしていると、貴方らしさがなくなって

しまうから気にしないで、桜の季節は気持ちを
生まれ変わらせるチャンスです。

また、新たなる桜の花の季節を迎えたことに感謝し、
おたがいに、素晴らしい新年度をスタートをしましょう。
 




posted by 情報建築家・niNaru  at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。