2007年03月27日

人生は 冥土までの暇つぶし

まずいまずい。またまた、久し振りのブログの投稿です。
死闘を繰り返しているうちに、もう3月も後半。

そして、今年もはや4分の1が終了してしまいます。

4月、5月から着工する物件の最後のまとめという後半戦の
死闘なんですが、予算合せの設計の修正やらデザインの変更やらで

ブログに向かう時間も無く死闘を繰り返しております。
が、このままでは、ブログの記事アップの最低記録を更新して

しまいそうなので、簡単に記事アップしていくことにしようと
考えている今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?



「人生は 冥土までの暇つぶし」

この言葉は、エロ坊主と言われた坊さんであり作家や画家でもあった
今 東光(こん とうこう)氏が、言われた言葉です。

「人生とはなんですか?」
との問いに、今 東光氏はこう答えたそうです。

じゃあ、暇つぶしってどういうことだっけと
「はてなダイアリー」で調べてみると

「非生産的な行為によって故意に時間を浪費すること。
また、その行為。

パチンコ・ゲーム・テレビ・喫煙など単独でもできることが多いが、
集団でトランプやしりとりなどをする場合も多い。」と

生産的な行為か非生産的かの判断はそれぞれの個人的な価値観に
よるものだとすると・・・・。

会社の仕事も八割方が非生産的であったり、建築設計のデザインも
八割方は非生産的な試行錯誤の繰り返しで・・・・

まっ、そう考えると世の中のほとんどが非生産的で
このブログへの記事アップと言うことも非生産的であるわけで

「人生は 冥土までの暇つぶし」

そんなことを考えてみても、3月はやはり私にとっては
別れの季節でもあったわけで、1年だけ面倒を見た学生達の

旅発ちの時期で、東京と名古屋へ就職する送別の宴などで
暇つぶしをしていたわけである。

人生で知り合うことのできる人の数はさほど多くは無い。
せいぜい何千人っていう程度でしょう。

私みたいに少し認知症が始まると、新しい人の名前を記憶するより
忘却のかなたへ行ってしまう人の名前のなんと多いことか・・・。

「非生産的な暇つぶし」・・・・だんだんと人生では
これが一番重要なんじゃないかと考えている今日この頃です。
 
「人間、生きてるだけで丸儲け」っていう
諺もあります。

4月末にまた教え子同士の結婚式があります。
前回、会ってからもう5、6年は経っているはずです。

もう、教え子だった彼らも30歳前後だものね〜。
さあ、残り3月もあと4回のブログアップはするぞ〜。


いつものように、おまけ。


デザインの暇つぶしをしたいなら、ここ↓↓

誰でも学べるデザインの学校>>


今日はただの日記です。



ラベル:デザイン
posted by 情報建築家・niNaru  at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。