2007年03月09日

建設・建築は死闘

またまた、久し振りのブログの投稿です。
ちょっと、空きすぎました。

そして、今年もはや3月に突入しました。
(もう、中旬になるって・・・・)

題名にあるように、4月、5月から着工する物件の
最後のまとめという後半戦の死闘を繰り返しております。

あと、10日ぐらいで普通の戦いにもどるかも・・・・。

まっ、北海道の設計事務所なんて何処もそうなんだけど、
どうしても工事が雪解けと同時にスタートする物件ばかりで

冬の期間は、設計事務所としては内勤作業で
死闘を繰り返しているという不健康な生活を過ごしています。

建築は死闘、崩壊は一瞬。

注意、一秒、怪我一生。なんていう標語みたいな感じで、
どんな物件にしても、最初の構想の段階から

設計図面の作成、すり合わせ、構造計算チェック、
予算のチェック、等を繰り返しながら

徐々にクライアントにとって完璧というレベルまで
持っていかないといけないのである。

キャリアデザインやライフデザインでもそうだけど、
あるものを築き上げるということは、

やっぱり死闘なんだと思います。

そうして、一生懸命頑張って築き上げてきたものを
崩壊させるのは一瞬なんだよね。

最近の建築業界の話なんだけど、
「談合厳罰化、営業停止期間の延長で1年間とか

違反した者などは懲役刑に処する」とか・・・・。
お国の方でいろいろと考えているんだって・・・。

長年、信用とか実績とか人生みたいに築き上げてきたものが
1年間の営業停止なんてなったら・・・

清水建設とか大林なんていう大手ゼネコンは、
いろんな副業しているから受付のお姉さんも大丈夫だろうけど、

本業だけしかしてない中堅どころは・・・。倒産だね。
と、言うことは大手ゼネコンだけの強者だけの仲良しグループで

よけい秘密裏に談合が進められるんじゃないかと・・・。
考えている今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?




築き上げてきた人間としての器や人間関係が、気の緩みで
あっという間に崩れ去ることがあります。

最近の不二家やパロマのような会社や組織もそうだけど、
最近の話題で言えば、札幌で起きたコンビニ強盗。

監視カメラに捕らえられた貴方の顔は、TVでもやっていたけど
今日、その地域の防犯協会の人たちがその写真を

ポケットティッシュにいれて、街頭で配布しているとか・・・。
ネットで探したけど、このことはありませんでした。

もう、あのイガクリ頭の兄ちゃんは崩壊だね。

気の緩みか何かで、包丁を持って強盗に入って4万円。
その代償が、ポケットテッシュにコンビニ強盗の写真。

もう、捕まるしかないね。
何か、そんなことを考えると私たちの廻りにも

中年のおばさんの万引きとか、私を含めて飲酒運転とか
人生は本当に築き上げるのには、ものすごいエネルギーを使うのに

崩壊したりすることって言うのは何気ない一瞬なんです、ね。

どうすればいいのでしょうか?

もちろん、死闘を繰り返すのです。
この死闘を与えてくれて「ありがとう」。

この死闘を持ってきてくれて「感謝します」・・・。

死闘であればあるほど、自分のキャリアに貢献してくれますし
建設できた時の喜びは、それはとても大きなものだからです。


再度、建設(建築)は死闘、崩壊は一瞬。

   注意、一秒、怪我一生。


いつものように、おまけ。


デザインの死闘をしたいなら、ここ↓↓

誰でも学べるデザインの学校>>


まったく、話に脈絡が無くすみません。
なにせ、死闘中の気の緩みなものですから・・・・。

疲れたときは、こんな風に「気を緩めましょう」??

今日は、建築のジャンルっていうことで・・・・。



posted by 情報建築家・niNaru  at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35528329
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。