2007年02月22日

初動の動きが大事!!

久し振りのブログの投稿です。ちょっと、空きすぎましたね。
1月の新記録を塗り替えないためにも頑張らなければ・・・。

ちょっと、仕事の方も落ち着いてきました。
何事もそうだけれども、進み始める初動のエネルギーといったら

それはそれは、もう大変なもので2日考えて1日別な仕事をして
4日目にまた見直してみて・・・

そのときに、自分の感性にそぐわないとまた振り出しに戻ったり、
そんなこんなで、私の感性にぴったりのプランやアイデアが

プレゼンまで含めて、きっちりとカッコよく出来上がって
クライアントのところへ行くんだけど・・・・

別な諸問題から・・・また、練り直しとかね・・・。(笑い)

設計業界ではこのことを基本設計と言うのですが、
実は建築が出来上がっていく初動の動きなのです。

車もそうだけど、飛行機も離陸する時が一番エネルギーを
使うように、実は建築設計も最初の基本設計が一番苦労するのです。

まっ、分る人には分っていただけるかと思うのですが・・・。
いろんな諸条件から、空間、形、生活スタイルと言う未来に向けての

方向性を探って、クライアントと確認しあいながら進んでいくんです。

初めてのクライアントやメーカーさんや大御所の設計事務所に伺うときも、
私が最もエネルギーを使うのが最初にお会いしてからの20分間

ぐらいです。まっ、これはみなさんもそうだろうけど。
この20分であとのビジネスがスムーズに進むか、

思うように行かないかがほぼ決定してしまうのです。


私は、お見合いと言うものを経験したことがないけど
まっ、誰かに彼女を紹介されて始めてお会いする時の

ドキドキ感や、初めてのお店に行く時のワクワク感と同じかな。

初動の20分間じゃなく、3分で第一印象が決まると言うから
エネルギーが必要なのだ。

この一つ前の記事にも書いたけど、最初の20分の会話で
もう、その場の話の方向性が決まってしまうし、相性なんていうのも

分ってしまうんだよね。

要は企業でも、クライアントでも、最初にこちらとの距離感を
いかに縮めるかと言うことだと思います。

企業の社長とは世間話をしたり、ビジネスとは関係ない話を
するんだけど、その初動の20分間でそのビジネスが決まると

言ってもいいでしょう。

そんなふうに毎日の仕事を見てみると、始めてから20分くらいで
集中モードに入れないと、午前中ずっと調子が出ない

なんてことがあります。
が、・・・・私なんて、この10日間くらいはわき目も振らずの

日々を過ごしておりました。
しょうがないのだ。プロフェッショナルは辞めたと言えないし

クライアントの期待以上のものを作り出さないと
生きていけないのだから・・・。

デザインの方向性を決める初動の動きが、辛く苦しいもので
あるけれど、何回か経験してくるとこれが一番の醍醐味で

あとは、ただドリフト(流れに身を任せている)しているって
いうことが貴方にも分る時がきっと来ます。

その時は、こう言いましょう。

「その物件なら、もう頭の中では終了しているんだけど・・・何か?」

・・・・

「早く、まとめてくれよ〜」

「ひゃあ〜・・・時間が欲しい」

・・・・・

誰か早く、頭の中の設計図をプリントアウトしてくれるマシーンを
開発してくれ〜!!。




頭の中だけでデザイナーになりたいならここ↓↓

誰でも学べるデザインの学校>>



posted by 情報建築家・niNaru  at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインに関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34371293
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。