2006年12月12日

貴方のコアコンピタンスとは

月曜日は、案の定二日酔いでブルーな日を過ごしておりました。
今日は、何か別なことでも書こうと思ったのだけれど、

一部読者の要望に応えて、結婚式の様子なんかをシェアしましょう。
結婚式を挙げた2人は、4年前の卒業生。

学校にいた時から付き合っていた2人なんだけど、
とうとう2人の鳥かごを作ってしまいました・・・。

ちょっと、驚いたのは教会での結婚式だったのですが、
賛美歌などを生の外人さんが歌っていたこと・・・。

賛美歌だけではなく、BGMの歌なんかも一人で独唱してたさ。

へー、今はこういう時代なんだと・・・。
披露宴の方は、2人とも知っているから友人などは

もうほとんど、知っている人たちばかりだからねー
どちらかと言うと、身内の人たちばっかりでパーティやって

いるようなそんな感じ、そのままの延長で2次会、3次会へと・・・。
男どもは、衣装なんて変えないけど、やはり女性陣は

結婚式のパーティドレスから、2次会用のちょっとおしゃれな
ドレスに着替えたりなんかして・・・・

おじさんにしてみれば、キャバクラに2度行ったようなもんで、
やはり、たまにはこういう「ハレ」の場というのはいいもんです。


そんなふうに、大勢の卒業生達が集まった結婚式でしたが、
2次会、3次会と久し振りの近況報告を一杯受けました。

その中で若干名、「どうしても今の仕事に対する情熱がない」
「私は何をしたらいいのだろうか?」という人がいました。

そんな時、「それはあなたが考えることだろ」と突き放すのは
簡単です。

でも私も体験的にわかるのですが、自分のやる気に
火をおこす、言い換えると自分の使命を見つけることが

最も大切であり、結構、難儀なことなのです。
キャリアデザインやライフデザインの方向性が見えないというのが

本当に、辛いと思います。コンセプトはその後だものね。
やる気さえ出れば、テクニック的なことは後からでも、

いくらでも吸収できますから未来は途端に明るくなります。
自分の使命さえわかれば人間は皆、輝き始めるのです。
 
これでも私も長い間、自分の情熱を向ける先がわからず、
職場を変えたり、自営したりサラリーマンをしたり、本を読んだり、

多くのセミナーに参加したりしましたが、中々、
これという答えを見つけることが出来ませんでした。

人にアドバイスを仰ぐのは大変良いことなのですが、
いくら優秀な人でも他人の心の中までは理解できません。

本当は、自分のことが一番わかるのは自分しかいないのです。

私は数年前に「最後は自分に頼ることが自分を信じる
一番の手段なのだ」という結論に行き着きました。

そんな私が自分の使命に行き着いた方法で一番良かったのは、
「自分の能力・資産リスト」を作成したことだと思います。

たとえば「五体満足だ」「家族が愛情を持ってくれている」
「まがりなりにも家や仕事がある」「理解のある恋人がいる」

「営業が向いているようだ」「こんなに楽しめる趣味を持っている」
「こういうことで友人に頼られたことがある」

「共通の話題を話せる友人がいる」「文章を書くのも嫌いじゃない」
等々です。

「自分の能力・資産リスト」を作ることによって
「あれ、俺ってそんなんに恵まれてないというわけではないな〜」と

いう心の余裕が生まれはじめます。

私たちは日々の仕事や人間関係によるストレス等にパワーを吸い取られ、
必要以上に披露困憊し、物事を深刻に考えすぎてしまう

きらいがあるようです。
「自分の能力・資産リスト」で自分を再評価し、合理的観点から

長所を見つめ直していくうちに自分のコアコンピタンスを発見すると
いうことが頻繁に起こりはじめます。

コアコンピタンスとは、貴方だけの優位性というものですが、
「自分の能力・資産リスト」をノートに書いてみるのです。

漠然とただ考えるだけと、ノートに手書きで書いて眺めるの
では別の思考を使うので、その後の達成感が全く異なったものになります。

明らかにノートに書いたほうが頭と心が整理され、
理にかなって納得できる「自分の能力・資産リスト」が形成できます。

ひとりひとりの人間の能力にそれほど大きな差が
あるわけではありません。
 
もちろん知識や学習も重要ですが、それ以上に、前向きな
心構えや考え方を習慣づけることができれば、いくらでも困難に

立ち向かうことが容易になり、その数だけ上手くいく可能性が
高くなるわけです。

やがてノートに書いた自分の能力や資産を一つずつ眺めるにつれて、
今までふさぎ気味だった気持ちが和んでいくことに気づくことでしょう。

そしてきっとこう思うはずです。「事態は決して悪くないぞ〜」

一人の女性にも言ってあげました。

「別に全世界中の男性と結婚するわけでもないだろう。

あかるい笑顔だけでまだ勝負できるから・・・大丈夫」だって・・・??。



おまけ
デザインによるコアコンピタンスをつけるなら>>

posted by 情報建築家・niNaru  at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | デザインに関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。