2006年12月05日

建築が生まれるとき

札幌の街も空き地や、住宅の庭などが雪化粧のまま
今日を迎えておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

いやー、とうとう12月になって早5日。
今年も、残り25日になってしまいました。

師走、先生も走る月ですので・・・、私も、しっかり走って
おります。

皆さんも残る今年の締めくくりの時期を、頑張って
乗り切ってください。きっと、いい年が迎えられますから。

久し振りの書き込みですが、私の方も15日までの
デッドライン(締め切り)の物件が残り2つ、そのうちの

一つが、ようやく提案書までこぎつけたからこうして
ちょっと書き込んでいないと、きっと心配している人も

居るはずだと書き込みをしております。(笑い)

一応、建築の計画コンサルタントの仕事を生業にしているから
時々、超難題の仕事に出来わすことがあります。

先々週から、寝るとき意外はほとんどそのことばかり
調べたり、考えたり・・・ひとり言を言ったり・・・

マインドマップを書いてみたり・・・(注、マインドマップ思考法)

建築の仕事をしていると結構、いろんな業種・業態のことに
深く関わりにならないと、解決に導くような案を見出すことが

出来ません。今回も久し振りに覗き見したのが、医療法人と
社会福祉法人。

4、5年前に見たのが放射線医療の業界をちょっと見たのだけど
それから、たった4、5年で結構大変なことになっているようです。



40歳以上の人が強制的に加入させられている介護保険制度ですが、
もともと、いずれ要介護状態になったら保険が下りて療養生活も

安泰だと言う話で始まったこの制度なんだけど、5年が経過して
高齢者・国民の生活実態はここ数年、苦しさを増しているようです。

家族の介護に頼っている人はまだ相当に残っており、社会的介護で
高齢者を支えるという現状には至っていません。

国民年金・国民健康保険などの未納者もますます増えている。
むしろ、介護で働こうとしていた人達や社会福祉施設をつくって

美しい国、日本をつくろうとした人達がもうワーキングプアな
状態に、この業務から撤退しようとまでしています。

どうしてかっていうと、本年4月の診療報酬改定、6月の
医療保険制度改革関連法の成立により、医療機関も、医療の受ける

立場の国民も、ともに大きな影響を受けることになったからです。
特に、高齢者の医療について、高齢者の負担が増えるだけでなく、

リハビリーも制限され、療養型病床群(法律用語で療養中心の
ベッドのこと)は、今後、削減していくという法律。

要するに、高齢者(特に低所得の高齢者)は、医療保険からも、
そして介護保険からも社会的に排除されることが危惧されて

いるのである。
ようは、国は介護保険財政が赤字だからいつまでも入院している

お年よりは、さっさと退院させて医療保険で通院させようと
しているのです。

2005年10月からの居住費用・食費等の負担により、すでに
施設を退所たり、通所サービスなどの利用回数を制限する

事例も生じているようです。
(まっ、この辺は自分で調べてください)

こういう問題も有るけれど、その一方、従来型の個室や多床室は
結果として利用料負担が少なくなること、住民票を施設に移すことに

より単独世帯扱いとなることなどから、特別養護老人ホーム待機者が
増加し、厚生労働省によると、2006年3月現在、全国で385,500人に

達しているそうです。
じゃあ、特別養護老人ホームをたくさん作ればいいんじゃないかと

普通の人は、思いますよね。
私もデザインしたいから作りたいんだけど。

ところが、このよさげな話も市町村の担当者からしてみれば、
市町村の税金を払わない人たちが、市町村の介護保険料を使うと

いうことで、どうも作らせないようにしているんだよね。
(これ以上は、今後の業務に差し支えるから・・・ノーコメント)

もともと規制緩和で民間に高齢者問題を対処させようとしたのに、
今度は、市町村単位で規制しているんだよ。

ね、どうすんだよ。全国で385,500人に達している人たちは。
今回の件は、最終的には「絵に描いた餅」に終るかもしれないけれど、

どういうやり方をしていったら、市町村も事業主体もみんな
納得がいく計画に出来るのか。

誰も文句が言えないやり方を計画していかねばならないのです。
今日は、建築計画が生まれる最初の話でした。



ラベル:建築 デザイン
posted by 情報建築家・niNaru  at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。