2006年11月24日

あなたの個人情報は大丈夫か?

昨日は勤労感謝の日で休みでしたね。全国的に。
確かに、私のしたくない仕事だけどそれを職業にしている

汚い・危険・キツイの3Kに従事されている方々には
本当に感謝しなければならないと思うのです。

札幌は一昨日から雪が降ってきて、工事現場の足場の上にも
雪が残っていたり、融けたとしても寒さで足場上が凍っていて、

とても滑りやすくなっているから工事関係の安全管理は
この時期が一番大変なのである。

こんな風に書くと、だから現場なんて行きたくないという人が
多くなったような気がするが、中高年は足場に上るというが

中高年の方が、現場には行きたくないんだよ。体力的に。
足場がすべると言う以前に、息切れがすることと足がつるんだよ。

こんな風に、我々の勤労観、職業観はこのところ急速な変化を
見せている。と言われている。
 
転職が抵抗なく行われるようになってきたし、フリーターと
いった働き方も珍しくない。
 
若年層では、会社中心・仕事一辺倒は嫌われ、肉体労働は
敬遠されつつある。

多くは、フィールドワークよりもデスクワークを望んでいる。
しかし、世の中は両方を経験しないといいキャリアデザイナー(?)

にはなれない。若いうちだけなんだから貪欲に我々の社会が
どう成り立ち、どう動いているのかを見ておいたほうが、

いいライフデザインになると、思うのだが・・・・。
このような状況を、時代の風潮とか世界の流れとして片付け、

3Kの現場で働く人達が、老人だけとか外国人労働者だけに
なったら、どうするんだ〜・・・。

と、言ってもそんな勤労哲学や職業倫理のことよりも
今は目の前の問題が、最重要課題。

先日、あなたの会社は大丈夫かを書いたんで、今日は
あなたの個人情報は大丈夫か?を。

実は、上の勤労哲学や職業倫理のことを書き始めたんだけど
汚職や談合なんか、いろいろとあって考えがまとまらないから

やめました。
だって、私は哲学者でもないし倫理観のある宗教家でもない

ただのオヤジだってわかったし、それよりもこの話題の方が
緊急性があるかなって・・・。

私のブログの数人の読者の方も、そしていまや多くの方が
入会しているであろうmixiの中のプライバシー侵害、

個人情報漏洩事件の話について、ことは先月の10日の記事から、
そして、今はこうなっているさまでのサイトを載せておきますので

皆さんくれぐれも、個人情報には注意しましょう。
それと、きちんと彼のコンピューターにはファイル交換ソフトを

インストールしていないことを確かめましょう。
むしろ、mixiというソーシャルネットワークの社会も

今は600万から700万の会員になったという事で、
もう、北海道の人口をゆうに越えている社会であるという事を、

認識しましょう。
当然、いい奴もいれば悪い奴もいるし、mixiでのビジネス利用は

違反なんだけど、「mixiでお金儲け」だのクリック詐欺みたいなものも
流行っているから・・・。

今の時代は、悪戯で取ったポラロイドの写真を、またデジタル
カメラで撮ったらオリジナルで撮ったかのように修正してくれる

デジタルカメラまで製品化されているんだぞ〜。
いや、老婆心ながら言わせて貰うと、そんな写真撮るんじゃないの!!

どうしても撮りたいなら、ちゃんとしたフォトグラファーに
頼みましょう!?



J−CASTニュースサイトHP
→→ http://www.j-cast.com/2006/10/10003314.html


SAFETY JAPAN 田淵義朗氏コラム
→→ http://www.nikkeibp.co.jp/sj/column/c/17/index.html


(心配性な情報建築家・niNaruでした)

ちなみに、こんな情報が流行しています。

◆mixiで月100万稼ぐ2006年秋・冬最新版◆稼げるキーワード100件付

既存のMIXIノウハウを完全破壊!あなたの人生を変える!【リミクシィマーケティング!】

アフィリエイト料70%で\10000!SNS・mixiで副業!これ一つで実践可。ブログやサイトもいりません。

ラベル:勤労感謝 mixi
posted by 情報建築家・niNaru  at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。