2006年11月15日

スランプに陥ったら

私は、年に2、3度波の大小はあれ、ビジネス上のスランプのような
状態に陥ることがある。

今回のスランプは、別な営業会社の建設会社の物件に
散々振り回された挙句、最終結論は出来合いのもので代用するという

プレゼンの資料つくりの時間と、そのプレゼンを説得できなかった
挫折感と、何故最初からそういう解決策の案をクライアントが

希望しているのか、持っているのかをこちら側が分らなかった事が、
悔やまれてしまうスランプ状態なんだ。

私が主導権を握っていればと思うこともあるのだけど、
ちょっと別な物件もあったものだから、その物件の主導権は

その建設会社に委ねていたんだけど・・・。
久し振りに、振り回されたと言う仕事をしてしまったという

自分の不甲斐なさに、心身の調子が一時的に不振になっている状態。
これを、一般的にはスランプと言うんだよね。

こんなことは誰でもビジネスをしていると時々あって、苦労して
開拓した取引先とやっとの思いで契約の口約束をとりつけたが、

ちょっと別な仕事をしているうちに、別な会社に横取りされたりとか、
長い間、練りに練った店舗の計画が予算がないと中止になったはずなのに

ある日、別な件でその店舗の前を通ると全く同じプランで
どこかの会社が完成させてしまっていたと言う、これと似たような

ことはサラリーマンであったとしてもあるでしょう?
こういうときは何をやっても悪いくじを引いてしまうもので、

スピード違反でつかまったり、車上泥棒にあってバックを盗まれたり
するのもこんな時なのだ。

おまけに、津波警報やら注意報も出されている。
避難している方々に、何事も有りませんように・・・・。


私は、人間だもの時々調子の出ない時や、いくらアイディアを
考えても出てこないときはあるんだろうと思っているから、

自分でスランプだな〜って、自覚しています。
決して、中高年の更年期障害ではない!!

二流な人間ほどスランプを公言すると言うから、私は公言しないで
こっそりここに書くけど、野球選手で言えば年間を通して1割台以下の

打率しか上げられない選手は、どう考えてもさほど努力をしていない
選手であると思うのです。(ちょっと辛口)

なぜならもともと才能が無いのなら、プロの世界には入ってこないで
あろうし、スカウトにもかからないはずだから、もともとそれなりの

能力はあるくせに、それを活かす努力をしていないと思うのです。
そりゃあ、1年は長いし精神的に何かあって落ちこむスランプに

なるときもあるだろうけど、ずーっとスランプのままというのは
プロ失格だと思うのです。

松坂だって、ボロクソに打たれる時も合ったし何かの事件の時は
落ち込んだりもしただろうと思うのだが・・・・。

しかし、60億円はすごい!!一つの会社を買収するより多いんだよ。
プロ野球選手は、こういう競争に勝ち抜くための気力と、

技術を向上させるための努力がどれだけあるかで、一流と
それ以下の差がでるわけけだ。

だから、プロなら当然しなければならないことを怠っている人間に、
スランプなどあるはずがない。

ところが、プロ野球に限らず二流以下の人間ほど「自分はスランプだ」と
人前で公言する。

出来そうもない言い訳を最初から作るためや、努力が足りなかった
キチンとやれば出来たものをしなかった逃げとして

「スランプ」を隠れ蓑にするために利用しようと、最初から
考えている人だっていうのはバレバレなんだ。

だから、「私はスランプです」と人前では決して言ってはいけない。
山あれば、谷もあるのです。プロは一人で「黙ってサッポロビール」。

どんな職業でもプロとしての自覚がある人間は、スランプであれば
なおさらのこと、抱えている問題に積極的に立ち向かっていくのだ。

それが、スランプ脱出の最良の方法と知っているのだ。
だから、焦りは禁物、打者が自分のスイングを鏡に映して点検するように、

腰を落ち着けて、まず自分の仕事をじっくり見直してみることだ。
こういうときは、自分のビジネスの過去、現在、未来を再検討して

やろうというぐらい気持ちに余裕を持っていたほうがいい。
PLAN→DO→SEEの、SEEの時期なんだと割り切って

次のビジネスに取り掛かるしか、このスランプを脱出する
方法はないと思うのです。

ちなみに、イラストレーターさんたちのスランプと脱出方法についての
HP見つけましたので・・・参考までに

→→http://www.kissnet.ne.jp/~1-stage/111/etc/srnp-qa.html



そこで、いつものように
デザインの仕事を見直したいならここ

デザインバイブルから貴方だけのデザイナーズバイブルへ




posted by 情報建築家・niNaru  at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27562146
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。