2006年11月03日

社会ニュース?芸能ニュース?

先日、「ブルータス、お前もか?」の記事で中学校のいじめの問題を
ちょっと書いて学校側か父兄の方がきちんと対処するだろうと

期待をしていたら、今日、何気なくネットサーフィンで
ニュースをみていたら、その問題の福岡の中学校では、

いじめをする同グループが、その自殺事件後も別の生徒に
いじめを繰り返していたことが分かったそうです。 

学校側は遺族側に「再発防止を目指す」と繰り返しているが、
いじめ対策が進まない現状が浮き彫りになったとのこと。

複数の関係者によると、新たないじめを受けているのは自殺した
男子生徒と同じ学年の別の男子生徒だそうで、男子生徒の自殺後、

間もなくいじめグループが別の男子生徒を対象にしたいじめを始め、
見かねた他の同級生が保護者に相談し、保護者が学校側に通報した。

学校側はこの保護者に「実際に新たないじめがあるかどうか調査中」と
説明しているという。

だいたい、学校もどうかと思うけど、保護者というか父兄のほうも
何をやっているんだろうかと考えます。


「うちの子供はいじめられていないだろうか?」と、学校に
詰め寄る父兄はいても、「うちの子供はいじめの方に加わって

いないだろうか?」という親がいないとも聞きます。
「うちの子供に限って・・・」といって、悪者には考えられない

父兄が多くなったと聞きますが、もともと社会の縮図の中の
小、中学校なんだから、いじめの側であったりいじめられる側で

あったりするんだろうと思われるし、それよりも、今回の事件の
いじめ側であった中学生達は、すでに大枠が判明していて、

7人の生徒がいじめをしていたことが判明していて、
同中にはこの7人を含む多人数のいじめグループがあり、

新たないじめもこのグループの生徒が繰り返しているという。

この最低でも7人の学生の父兄らは、事件後も中学生と
何も話をしていないのだろうか?

そっちの方が、摩訶不思議でしょうがない。
私にももう社会人になった息子達がいて、小学校や中学校の時には

いじめのグループだったり、いじめられるほうだったりそりゃあ、
結構、いろんなことがあったけれども・・・。

いじめられるときは 「絶対、別な何かでいじめ返してやるんだ」とか
いじめるほうのときは、「そのうち何かでいじめられるんだから、

心が傷つけるまでやるな」とか・・・・言葉にすると、きれいだけど
その時は、なんかガムシャラニ言ってきたような気がする。

どうして、父兄の方はいじめるほうの側だったという問題を
子供達と話していないのだろうか?

それとも、「もっともっといじめろ」とでも言ったのでしょうか?
そりゃあ無いことだと思うけど、・・・・。

こうして、ニュースでいじめられて私みたいなブロガーからブログで
書かれて、そうしてだんだんといじめられるほうになっていくのに・・・。

そういえば、中村獅童もここんところいじめられて・・・・。
竹内結子が離婚だって・・・。高岡早紀は?・・どうでもいいか。

そしたら、こんなニュースも

・・・ここから・・・

4日に東京・日本武道館でチャリティー公演「ジョン・レノン
スーパー・ライヴ」を開催するジョンの妻で前衛芸術家、

オノ・ヨーコ(73)が2日、東京・有楽町のイマジンスタジオで
会見した。

ヨーコは相次ぐ子供のいじめ自殺について、
「私は世界全体からいじめられた経験がありますから」とビートルズの

解散原因を作ったなどとして、当時世界中のマスコミから
叩かれたことを吐露。

「私にはジョンがそばにいてくれたし、自分のアートに自信を
持っていたから頑張れた。何くそと自信を持って頑張れるものを作って」

といじめられっ子にアドバイスした。
いじめっ子には「人をいじめて面白いと感じるのは程度が低い。

もっと素晴らしいことができるのが人生だと分かってほしい」と訴えた。

                     ・・・ここまで・・・

もう、この社会から「戦争」や「紛争」が無くならないのと同じで、
「いじめ」も無くならないと思います。

だから、何くそと自信を持って頑張れるものを作っていくしかないのだと
思います。それは、走るのが速いことだったり、歌うのが得意だったり、

例えば、デザインするのが得意だったり・・・

そこで、これ
デザインバイブルから貴方だけのデザイナーズバイブルへ

宣伝するつもりはないんだけど・・・。こうなっちゃう。
明日は、建築設計業界のいじめについて書こうと思います。


ラベル:いじめ デザイン
posted by 情報建築家・niNaru  at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。