2006年10月28日

「型破り」をビジネスの参考に・・・

北海道日本ハムファイターズ、日本シリーズ優勝、おめでとう。

ここ2、3日は今後のビジネス展開などで外歩きの日だったのですが、
何処へ行ってもファイターズの活躍と新庄選手の魅力と引退の話ばかりで

肝心の仕事の話がほとんど進みませんでした。

まっ、昨日の今日だしTV等でいっぱい話題になっているから、
優勝の話はしないで、新庄選手の型破りな選手活動と、

今日の仕事で会った人たちとの中高年の会話の話をしましょう。

野村監督が新庄のことを「宇宙人、野球の才能の固まり」と
言ってから、もう何年が経ったのでしょう。

野球人としての成績は、あまり残せず偉大ではなかったけれど、
新庄が残した「宇宙人」振りは、最後に優勝するととてもさわやかで、

ここ北海道だけではなく日本中が彼のエンターテイメント性を
評価していることでしょう。

新庄語録「メジャーでもなく、セ・リーグでもなく、これからは
パ・リーグだ」

「札幌球場を観客で一杯にしてみせる」って、選手の他に企業人として
活躍した彼の戦略に、まんまと他の選手もそして北海道のファンも

魅了させられた結果、もう既に北海道では見えない新庄ブランドなるものが
出来つつあるのです。

それにしても、今までの野球の試合とは違うショー的なポジショニングと、
それは、ファンと一体になって野球を楽しむんだという理念、

ヒーローインタビューは、おきまりの言葉を述べるのではなく
選手個人のアピールの場で自分を出してこいという、選手個人が

どういった人間なのかということをアピールすることなど、
プロ野球という、元々はビジネスなんだから当たり前なんだけど

いままでのやり方を「変えよう、変わろうと意識すること」という
ビジネススタイルが、とても参考になるという中高年の話題でした。


ついでの話題は、体力の低下についてでしたが、これは書かなくても
理解できるでしょう?

中高年は激しいスポーツをすると、時々脳血栓とか心筋梗塞で
危ないことなのだ。

だから、スポーツ好きはだんだんと、ゴルフやハイキングや
登山しか出来なくなっている中高年が多いのです。

外野手で走り回る新庄も、やはり寄せる歳には勝てません。

もう少し選手を続けたらどうだという意見もありますが、
やはり、きついことでしょう。

普通の人は、長年の生活習慣の積み重ねが生活習慣病を招くのと
同様、日ごろの小さな心がけ次第で、長期の間には体力レベルに

大きく差がつくことになるそうである。
常日頃の体力アップや維持に努めなければと、思いながら

新庄の今日の「ライフデザイン語録」から、

「体の限界はあるけれど、頭の限界はない」って言ってました。

「いま、次の夢を探しているところです」とも、ニュースで
言っていましたが、彼は確か何年か前に野球をやめたら、

デザイナーになるようなことを言っていました。
おそらく、ファッションやアクセサリーか、それともCM系か?

まっ、新庄ブランドはこれで確固たるモノが出来たので
何をデザインして売り出しても、ヒットするんじゃないかと言うのが

僻みっぽい中高年達の今日の話題でもありましたし、

「体の限界はあるけれど、頭の限界はない」という彼は、
本当にデザイン業界に進出してくるのだろうか?

何のデザイナーになるつもりなのだろうか?というのが
巷の片隅で話題になっていました。

我々も新庄になんか負けてはいられません。
頭は使えば使うほど能力がつくそうです。

そこで、これ
デザインバイブルから貴方だけのデザイナーズバイブルへ


今日は、新庄選手のライフデザインを話題にして盛り上がっていた
中高年の「おっさん達の話題」を披露しましたが・・・。

「型破り」な考えと行動ということも話題になりました。
私も、もっともっと「型破りなデザイン」をしなきゃいけないと

そう、思った日本ハムファイターズの勝利と新庄選手でした。


posted by 情報建築家・niNaru  at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。