2006年10月12日

しばし旅立ちたるこそ

徒然草 第15段 しばし旅立ちたるこそ

いづくにもあれ、しばし旅立ちたるこそ、目さむる心地すれ。

そのわたり、こゝかしこ見ありき、ゐなかびたる所、山里などは、
いと目慣れぬ事のみぞ多かる。

都へ便り求めて文やる、「その事、かの事、便宜に忘るな」など
言ひやるこそをかしけれ。

さやうの所にてこそ、万に心づかひせらるれ。持てる調度まで、
よきはよく、能ある人、かたちよき人も、常よりはをかしとこそ見ゆれ。

寺・社などに忍びて籠りたるもをかし。


      徒然草 現代語訳から引用し勝手に注釈をつけました。
 

 
第15段 異空間に出てデザインセンスを磨こう

その目的地がどこであろうと、しばらくの間旅に出ると都会の喧騒から
離れて、新鮮な気持ちになれるものである。

と、言ってるのは都会暮らしの人で田舎の人は逆に都会に出てみるといい。
どっちにしろ、前に書いた「ハレ」と「ケ」のことと同じように、

日常からちょっと離れて、特別な空間に身を置くということは、
我々の忘れていた感性を呼び覚ましてくれることが多い。

旅の途上であちこち見て歩き、それが田舎びている所であったり山里で
あったならば、ことさら沢山の物珍しいものに触れることができる。

少し前なら、スケッチ旅行なんていっていたりしたものだが、
本当に便利になったもんだ。

気に入ったものや、興味を持ったモノなどカメラ付き携帯でパシャ。
ついでに、都への近況確認の手紙に「あの事や例の事に関して、

よろしく忘れないように頼む」と記すのもまた味なものだ。
と昔は言っていたものが、パシャをした携帯で、「あの事や例のこと、

きちんとやっておいてくれよ」と言って、すぐにドライブモード。

旅行中だからこそ、様々なことにも気がつくものである。
手持ちの道具までもが、良いものはなお良く思えるようになり、

才のある人や美しい人もまた、いつもよりも素晴らしく立派に
見えてくるものである。

そうそう、もともと気が付く女性との旅行は旅先においても、
旅行の道中においてもいろいろと気を使ってもらったりすると、

ほんと頭のいい人だなあと感心したり、美しい人がまた海や山を
バックにするとよけい美しさが際立って、 寺や神社のような

旅館やホ○ルにそっとこもるのもまた趣深いものである。

ここまでが、普通の人のやることである。我々デザイナーは常に
デザインセンスを磨かねばならない。

この旅行という異空間の体験は、デザインセンスを磨くには
もってこいです。 
 
特に目新しいものや、その地方独自のデザインなど、頭の中に
ビジュアルとして記録するには常にアンテナを張り巡らせている

ことが大切です。
自然風景はもちろんのことですが、駅前広場、繁華街の店構え、
美術館・博物館の展示物、観光施設などから店頭に並ぶ雑誌、

映画のポスター、伝統芸能の写真や、TV番組の合間のCM、
街で配られるフリーペーパー、なにげない看板、ポスター、

行き交う人々のファッションや、女性のスタイルや振る舞いなど
すべてが良くも悪くもお手本です。

思いがけないアイデアにつながるかもしれませんので、いつも
チェックしたいものです。(人に誤解されない程度に・・・)

すべての「モノ・コト」を、まずは「よく見る」ことがすべての
スタートではないかと思います。

毎日、毎日同じ「モノ・コト」を見つめていると、目も曇って
くるでしょう。

そんな中で、北海道日本ハムファイターズが北海道に移って
きてから、わずか3年目でパシフィックリーグを制覇しました。

もちろん、北海道、札幌ドームで優勝決定戦も初めてなら
パ・リーグ優勝も初めて・・・。

あ〜あ、球場のお客がすべて日本ハムファンの球場という
異空間に居たかったなあ。。。。




(昔の生き方 解説書 徒然草の第14段 しばし旅立ちたるこそ

                      勝手解釈でした。)


おまけ、インターネットでデザインセンスを磨くなら。






posted by 情報建築家・niNaru  at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生・生き方に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25338700
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。