2006年09月22日

ケナゲに生きよう。

昨日の重要無形文化財言葉の続きです。

これも、辞書で見てみると

けな‐げ 【健気】 - 国語辞書(大辞泉) [ 和英辞書 ]

[形動][ナリ]《「けなりげ」の音変化。普通とは異なって格別で
あるさまの意から》

1 殊勝なさま。心がけがよく、しっかりしているさま。
特に、年少者や力の弱い者が困難なことに立ち向かっていくさま。

「一家を支えた―な少年」「―に振る舞う」2 勇ましく気丈なさま。


「ケ」に関しては、「ケ」が枯れる「ケガレ」という言葉と

「ケナゲ」という言葉もあります。と昨日かいたけれども、辞書を
見てみると、「ケ」が無い・・・変な意味でなく。普通じゃない事。

意味はあってるんだけど、語源が違うみたいだね、まっ、私は
言語学者でもないから、嘘の情報を信じるのは読者の勝手、

自分がそうだと思い込んでいるのを書くのは私の勝手・・・

タイトルの健気に生きよう。について私のライフデザイン語録を・・。


デザイナーとして生きていこうという人も、最近サラリーマンに
なった人も、何かひとつ自分のセールスポイントをつくるというのは

とても大事なことです。
こんなブログが流行ったり、コンペや、ライバルデザイナーと

戦っていくためにも、そして目立たないサラリーマンで生きていくこと
なんて出来なくなった今の時代に、自分の存在を際立たせるための

自己PR法を身につけることが、これからは大切な心得となるのである。

では、どうすれば、自分を効果的にPRすることが出来るのか。
一口に自己PRといっても、自分に売るものがなければ、商売と

同じで取引は成立しない。だから、プロダクトデザインの勉強と一緒で
売り込むためには顧客のニーズを満足させるだけのセールスポイントを、

最低限一つだけでも作ることが必要なのである。
日本ハムファイターズは、今日西武が負けたから1ゲーム差と開いて

トップに君臨しているけど、野球だって試合に出れるレギュラーは
9人、しかし、ベンチにはまだたくさんの選手が残っている。

この中には「打つだけはすごい」「走るのは任せろ」「守備なら俺だ」
といったように、自分だけのセールスポイントを持った選手が必ず
いるのだ。

デザイナーとしての駆け出しの読者の方や、ビジネスマンとして走り出した
ばかりの読者の方は、皆と一緒になってバリバリ働いてやろうと意気込んで

いるが、しょせん社会の中では試合のベンチにも入れずにくすぶっている
人も多いであろう。

どんな仕事でも、与えられたものを黙々とこなしていくと言うのも、
それはそれでりっぱなことなんだけど、そのままでは「ケ」なのです。

普通っていうこと。普通っていうことは、何も特徴が無い、目立たない、
チャンスの時に名前も出てこないっていうことで、使われることなど

ほとんど無いと思わなくちゃ。
そこで、どうせ年少者や力の弱い者なんだから、何か一つを得意として
困難なことに立ち向かっていくさまを、顧客(サラリーマンであれば上司)

にアピールして、ベンチ入りメンバーとなるのだ。
それは、ケナゲ=普通でないというやりかたなのだ。

わたしが、若い頃のケナゲなセールスポイントは、接待と宴会を得意技に
していたから、平社員だったけど・・・「宴会部長」だった。

おかげで、デザインの手腕よりイベントものの手腕が買われて、
イベント企画なら〇〇って、いまでもプロと戦えるぞ。

別に最初から、接待と宴会が得意だったわけではなく、他の同僚達より
ちょっとお酒が強かったっていうだけ・・・。(笑い)

でも、これを武器にしようと思ったから接待のコミュニケーションとか
イベントの企画とか、誰よりも勉強したもの・・・。

こんな、くだらない事でもその時の私の唯一のセールスポイント。
これがね〜、良いこともいっぱいあったんだよ。そのうちにね。

他にも、掃除だけは早い奴とか、青焼きコピーなら△△、買い物なら□□
女性に声を掛けるなら××・・・・
こんなふうに、なにかセールスポイントを一つ持つことなんだ。

まっ、とにかくだ、毎日「ハレ」で生きるのは有名人だけなんで、
一般庶民は「ケナゲ」に生きていかなくちゃ・・・。

それは、まずは一つ普通の人とは違う得意技を身に付けること。。。
何か同じような事、前にも書いたような気がするけど・・・

歳取ってくると、くどいっていうこともセールスポイントなの。



posted by 情報建築家・niNaru  at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。