2006年09月21日

「ハレ」と「ケ」

いま、いろんなところで秋祭りが実施されています。
秋に行われる神社の祭礼で、秋の収穫を神に供えて感謝する祭りと

して、収穫祭などといっているところもありますが、
もう、そんな季節なんだ〜と、秋鮭でも見に行こうかなと思う

この頃ですが・・・。
北海道札幌市の近くに長沼町という町があります。

グリーンツーリズムの農業体験として、本年度は修学旅行生だけで
1000人近くの学生が、野菜つくりや収穫に励んだそうです。

そして、来年度の予約が3000人にもなるそうです。

高校生達が、農業体験をして「生きていることの実感」を感じて、
そして、モノつくりということを考えてくれるようになれば本当に

良いことだと思います。
クラフトデザインの分野の陶芸体験や木工体験学習もあるのですが、

このグリーンツーリズムという名称は農業体験学習に使われている
ようです。

20年前ごろから始まった、ふるさと体験学習ですが、私たちの
高校の修学旅行みたいにただ、観光スポットを見て歩くだけではなく、

何かを経験するための修学旅行というのもいいものでしょう。
そういえば、甥っ子の高校生が同じように修学旅行で沖縄の

エイサー祭りを地元の高校生と2、3日練習して参加してきたと
言っていました。

今年の夏に、逆に沖縄から高校生が遊びに来ていました。
世の中、グローバルスタンダードになったな〜とまたしても、

感じたわけですが・・・・。


農業体験という事で思い出したのですが、

「ハレ」と「ケ」という言葉は、建築をやっている人ならば
誰でも聞いた事があると思いますが、ここのところ、毎日、

普段の日常さのなかに埋没してしまうと、何か私にも
「ハレ」が欲しいなあと感じてしまう、今日この頃です。

毎日、変わらない同じような生活と仕事をしていると、ときどき
私もエイサー踊りをしたいな〜と思ったりするわけですが、

祭りとか正月のような非日常的な時間や場所の事をハレ(晴れ)といい、
「ケ」(褻)は正式でないこと。また、日常的なこと。ふだん。

日常的な普段の生活の状態を表すことをいっているのですが、
これも、完全に重要無形文化財言葉になっていますね。
 
昔の「農業」や「農民」に即して言えば、ケとしての農作業と食事、
睡眠、家事が延々と続き、その合間にスポットとしてハレの祭り、

秋の収穫祭、神社の秋祭り、冠婚葬祭が適度にあったわけです。
人間はケとしての日常作業がなければ「ご飯」が食べられないけれども、

それだけでは無味乾燥なので、私なんて窒息状態に陥ってしまうので、
ハレの祭りで大いに楽しみ、明日への活力とするということでしょう。

この言葉、建築分野では空間の意味に使われます。
「ハレの空間」と「ケの空間」とか。

「ハレの空間」としては昔の家であれば仏間や大広間、
今の時代で言えば客間、応接間。(いまどきあまり造りませんが)

一般的に宴会場、デパート、ホテル、遊園地、演芸場、劇場、映画館、
高級レストランなど。

「ケの空間」としては住宅、近隣公園、学校、オフィス、工場、
ファミリー・レストラン(?)、定食屋、来客のない事務所など。

「ハレの空間」は非日常性を演出し、派手さや驚きなどを感じる空間とし、
「ケの空間」は日常性を重んじ、機能的かつやすらぎの空間をめざす方向。

もっと、分かりやすく言えば「ハレ」はキャバクラでカラオケを
するようなもので、「ケ」は、誰もいない部屋で鼻歌を歌うような

空間づくりです。
(キャバクラで歌えるかどうか知らないけど・・・)

もっと分かりやすく言うと、「ハレ」は「晴れ着」が似合う空間、
「ケ」は普段着が似合う空間といえば分かるでしょうか?

なかなか、住宅建築のコンペで入賞できないとお嘆きのあなた、
普通の住宅は「ケ」重視なんだから、そのクライアントの「ケ」を

確認しながら、憩いとか安らぎを演出するデザインをしないと
「ご飯」が食べられないでしょう。

いつか、その写真にも出来ない(クライアントが嫌がる)設計を
していると、必ず「ケ」の空間じゃなくて「ハレ」の空間を求める

クライアントがいるはずなので、その時がチャンスなのだ。
そのチャンスを逃さないように、いつも「ケ」のなかで爪を磨くことが、

大事なのです。

農業体験という「ハレ」を経験していった高校生は、また「ケ」の
日常性の中へ戻っていったわけですが、農業という自分達の生きる原点?

生きる元? 
食べるものを作るということを経験したのですから、きっと

いいデザイナー(自分の人生をデザインするという意味)に
なることでしょう。

「ケ」に関しては、「ケ」が枯れる「ケガレ」という言葉と
「ケナゲ」という言葉もあります。

意味は自分で調べましょう。

しかし、そろそろこの「ケ」も飽きてきたんで「ハレ」を探しに
出かけようかと思っていますが・・・・。

今日は、ただの日記にするつもりだったけど「建築について」です。


「ケ」に埋没している情報建築家・niNaruでした。
posted by 情報建築家・niNaru  at 23:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 建築について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24180645
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

知っている人だけが得している海外旅行の超裏技とは!?
Excerpt: どんなレポートか楽しみにしてましたが期待を裏切らず タイムリーなレポートでしたね。 普通にやればアジア、ハワイへの往復が無料で簡単に取得できますね。 小倉さんが今年アジア各地を転々とできた理由はこれだ..
Weblog: 2100円で海外旅行する方法!
Tracked: 2006-09-22 13:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。