2006年08月24日

「たたずまい」とは

昨日の「たたづまい」と「しつらえ」の続き、
昨日の記事のたたづまいは「たたずまい」が正解です。

修正するの面倒なのでそのままにしときます・・・・。
操作された嘘の情報を信じるのはバカの勝手。

真実を間違えるのはあたしの自由。(なんて・・ごめんなさい)


「たたずまい」とは辞書を引いてみると(YAHOO!辞書)


たたずまい 【佇まい】 - 国語辞書(大辞泉) ITダイレクト検索

1 立っているようす。また、そこにあるもののありさま。
 そのもののかもし出す雰囲気。「家並みの―」「庭園の落ちついた―」

2 身を置くところ。暮らし方。また、なりわい。 
 「人間さまざまの―」〈人・梅児誉美・三〉


「出す」んじゃなくて「かもし出す」というひかえめなその感覚・・・
「雰囲気」というあいまいなものでありながら、それはちゃんと
確かに存在するという確信・・・
                   
それに「立っているようす」というそこにある、モノと人についても
同じように国語辞典では意味しています。 

モノと人のアイディンティティが「出す」ものであるなら、たたずまいは
「かもし出す」ものなんだって。


家や建築を作っていく過程で、我々はいつも5W1Hの
「いつ」「どこで」「誰が」「何故」「何のために」 そして

「いかにして」というキーワードと、「誰のために」などという時代の
トレンドを見越す、預言者のような役割をも要求されています。

いま建てられようとしている建物や家と、その敷地や周りの状況とを
調和させたり対比させたりしながら、建築のたたずまいを意識しながら

デザインしているのですが、先日も書いたけど「建物に宿る心」。
人の暮らし方、またなりわいということもこの「たたずまい」には、

影響するものなんだけど、良い悪いは別にしてモノや建物をデザインする
我々が良い「たたずまい」をいくら考えて創っていっても、最後に

それを維持管理する人や、そこで暮らす人たちによって悪い
「たたずまい」に変えられてしまう場合もあるということ。

そこで我々デザイナーは、創るときに既に使われ方、暮らし方までも
プレゼンテーションしていかなければならないのです。

しかし、あくまで「たたずまい」なので「我を出す」んじゃなくて
「かもし出す」というひかえめなその感覚が大事なのである。

要は、たたずまいの意味の2番目のように「人としてのたたずまい」が
要求されるのである。

誠実で嘘のない潔いたたずまい・・・
おとなし目だがどことなく品格を感じさせるたたずまい・・・

表情を変えずにクールであるが、どことなく闘志を感じるたたずまい・・
気持ちが前面に出ていて、やる気、根性見え見えのたたずまい・・・

しかし、実は夏3連覇のプレッシャーの中で胃腸炎を隠すたたずまい・・・
自分の気持ちが萎えれば、チーム全体の指揮にかかわるからと

自分やチームを常に奮い立たせる行動を取るたたずまい・・・
今持っている自分の力、全力で戦って負けた潔さなたたずまい・・・

そして、勝った早実に笑顔でエールを送るさわやかなたたずまい・・・

全然、話はそれてきてますが駒大苫小牧の田中投手はプロ野球へ
行きたいと言う事だし、早実の斎藤投手は本人はまだプロとも、

進学とも決めていないけどあの栄光の巨人軍が獲得に名乗りを
あげたと言う事です。

そうなりゃ、阪神が田中投手をドラフト指名すれば
伝統の巨人・阪神戦がまた甲子園で行われようものなら最高のたたずまい・・・

私はアスファルトに咲く花のような凛としたたたずまい・・・
を目差しているのだが・・・。

住み手がたたずまいを意識する。人もそれぞれ自分のたたずまいを
意識しながら醸し出していかねばならない。

そういう場面が今までより多く生まれれば本当にとてもいいと思うのです。
「たたずまい」にはそのものを置く場所とも非常に関係が深い言葉ですから、

この読者の方々の自分周辺の環境への認識が深まるともっと良い
社会が出来上がると思うのです。

意味の2番目の身を置くところ、就職先という意味で考えるのではなく
この社会の中で誰もが自分の居場所を確認し、そしてどう立つかを

意識することが、本日の「たたずまい」の話ですが・・・。
建築デザインの話のつもりです。

やー本当に建築デザインは難しい。
余談ですが私が若かりし頃、スーパーのアルバイト募集があって

友達と受けにいったのですが、私は肉屋のたたずまいということで
肉のコーナー、友達は魚屋さんのコーナーでバイトしたことがあります。

今のスーパーとは違うから分からないですよね。
結構、この「たたずまい」って人生を左右しかねない

大事なものなのです。
あなたは、この「自分のたたずまい」というものをどうデザインしますか?

やっぱり、駒大苫小牧の田中投手は我が北海道日本ハムファイターズが
デザインして欲しいな・・・・。


おまけ 「たたずまい」を研究するなら
誰でも学べるデザインの学校 建築デザイン>>

posted by 情報建築家・niNaru  at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22748481
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。