2006年08月22日

三つ折りのフェイスタオル

燃えるような夏の甲子園、終わりましたね〜。
やっぱり昨日の「恐いドラマの真っ只中」予感的中。

早稲田実業の勝ちムードは今日も続きました。
まったく斎藤佑樹君というピッチャーは、疲れというものを

知らないんだろうか?私の杞憂に終ったみたいだ・・・。
でも、やはりもう始まっている・・・嫌なドラマが、

なんでもブルーの三つ折りのフェイスタオルで、
汗を拭くんじゃなくて当てるようにするのがいいんだって・・・???

それを、中学、高校生の女の子達がやるなら許すけど、
中高年のおばちゃんがグループで早稲田実業の学校まで行って

「かわいい〜」は、ないだろうに・・・。
ヨン様は私の知らないうちに、中高年のおばちゃんたちの

アイドルになったから許すけど、高校球児をおまえらの
アイドルにするなって・・・・なんかな〜。

こんな奴等を応援風景だとかで撮影してるどっかの放送局の
ミーハー振りにも情けないと思うけど、そしたら最後に

熱闘甲子園の番組でも、最後のパフォーマンスに
フェイスタオルを顔に当てるシーンで「また、来年!!」だって。

そのフェイスタオルは、おかあさんから渡されたものか、
彼女のプレゼントかなんて言ってる番組もあるとか?

誰から貰おうと、お前らには関係ないだろ!!!
彼女から「頑張ってね」って貰ったものに決まってるじゃん。

男だったら、首に手ぬぐいでも巻いてどうどうと汗を
ぬぐおう!!!


まっ、連投による将来のあるピッチャーを酷使するっていう
ことを美学にしようという流れから、タオル業界の繁栄に

つながる方向へシフトしてきているからもうこの話はやめるけど、
せっかくだから、今日は情報という事でまずは、ここ

ウィキペディア−投手
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%95%E6%89%8B


中ほどに「日本の野球の歴史における役割の変化」というところに
次のような文章があります。

「プロ野球草創期では、野球の人体に与える影響が全くの
模索段階にあったことと、不人気による人員不足のため、

戦前から戦後の混乱期までしばしば無謀な先発連投が強要された。
更に戦時中は、国威発揚の為の非科学的な精神論の横行も

先発投手酷使の大きな原因となった。」


ついでに、ウィキペディア−高校野球
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A0%A1%E9%87%8E%E7%90%83


そして、最後に2つ

高校生投手の酷使について
http://www.jakushou.com/ture/zatu/sports/koukou.htm

東洋医学とプロスポーツの接点
http://www.lifence.ac.jp/goto/weblifence/spo/spo16.html


一応、私も息子達が小学生だった頃は少年野球のボーイズリーグの
お手伝いをしていたもんだから・・・・。

そして、大人になったら体を壊してリストラされたサラリーマンを
たくさん見てきたものだから・・・。

ちょっと、こういうことを知らない人たちへの情報提供でした。

操作された嘘の情報を信じるのはバカの勝手。
真実を書くのはあたしの自由。

真実は、汗を拭くのは個人の自由だろ〜。何で拭こうと構うな。

とかいって、明日ぐらいから「斎藤佑樹君のフェイスタオル」なんて
どっかで売られているんだろうな。

あ〜、やっぱり続く「恐いドラマ」が・・・。

とにかくだ、早稲田の斎藤君と駒大苫小牧の田中君の今後の
活躍を祈りましょう。


おまけ

ノーマルカラーフェイスタオル5枚セットノーマルカラーフェイスタオル5枚セット
おすすめ度 :
コメント:早稲田の斎藤佑樹投手がつかっていたフェイスタオル。

     と、さほど変わらないフェイスタオル。



posted by 情報建築家・niNaru  at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22647876
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。