2006年08月21日

恐いドラマの真っ只中

今日は、やっぱり高校野球のことを記しておきましょう。
ただの日記という事で・・・悩んだ挙句に感じた事を書きましょう。

今年の大会は9回からの逆転サヨナラ勝利やホームランの本数が
大会記録を塗り替えたとかでおもしろい試合が多く、

そして今日の決勝戦、延長15回引き分け再試合。
駒大苫小牧対早稲田実業。

1時からTVにかじりついて4時間以上もTVを見てしまった。
思わずしてしまった時間の消化。(なんてことより・・・)

1年間のシーズンを毎日のように戦うプロ野球の試合ってのを
普段見ていると、こうして1試合に掛けるひたむきな野球ってのも

自分の高校時代を思い出したりしていいんですよね。

貴方にとって高校野球とは?なんて聞かれると、
「汗」「情熱」「仲間」「青春」「努力」「根性」「友情」「初恋」

「タッチ」・・・なんていうキーワードで感動的なイメージで
見られることも多いのが高校野球です。

特に今日は、8回の表に駒大苫小牧がホームランで1点取ったら
すぐその裏、早稲田実業も1点取って同点に追いつく。

あとは、駒大苫小牧の田中投手と早実の斎藤投手の投げ合い。
斎藤投手は15回の表でさえ147kmのスピードボールを投げてるの。

プロ野球には無いそういうものを求めて見てる方も多いと
思いますが、僕が唯一解せないのは早稲田実業の投手の起用の仕方。

確か、早稲田実業の斎藤投手の連投は春の大会でもそうだったし、
西東京都の大会でもそうだとTVのアナウンサーが言っていたけど。

連投して力尽きてグランドにうずくまる野球根性ドラマでも
放送したいのかって言うぐらい連投を美学のように言ってるの。

ニュースでもそんなことを言っていたりすると、相変わらず日本人の
サラリーマン根性であるひとつの事に一心不乱になって、監督や

学校の名誉のために投げぬく。そのために死んでもいい。
それが高校野球球児の美学だみたいな・・・。

なんか、「大和魂の洗脳」放送でもしているみたいな。
竹やりで鬼畜米英に勝つぞ〜みたいな。


そりゃ、早実の斎藤佑樹君の甘いマスクと勝気な秘めたる根性は
テレビを見てても感じるし、きっと女子高校生はいっぺんに

心が奪われちゃうんだろうなって思うのだが・・・。

春から4ヶ月ぐらい合ったんだから1年生かもう一人ぐらい控えの
投手ぐらい作るのがいまの高校野球だと思うのです。

「投手の連投、酷使」が良くないことは監督だって分かっている筈だし
大会規定で延長は15回までって決めた事だって、投手生命を

守ろうということのはずなのに。
確かに、斎藤投手のピッチングフォームなどを見ていると素人ながら

ほぼ完成された投手だし、安定しているし、かなり走りこんでいるから
連投も大丈夫そうに見えるのだが、だからといって決して他に投手が

全く居ないわけでも無いと思うのだが。
本人のインタビューも、明日も投げるような事も言っていたし、

監督も投げさせるみたいな事を言っていたが・・・なんかな〜。
今やプロ野球投手ですら1度先発登板したら中6日は空けて
登板するような時代ですよ。

それがまだ身体的に発展途上の高校生が、炎天下やプレッシャーの
かかる試合で連投・連投っていうのは如何なものでしょう。

きっと明日の駒大苫小牧は今日と同じで、控えの投手から先発だと
思うけどそんな中、もし明日も斎藤投手が1回からマウンドに上がり

勝てば彼の名誉にも良いし、彼のキャリアデザインにも良いと
思うのだが、もし疲れから結局打たれて敗れてしまったとしたら、

日本人の皆はこの斎藤投手を、「チームの勝利の為に投げぬいた
エース」ということで「美学」「根性」「巨人の星」「王監督」

「荒木大輔」と見るんだろうなっていう何か、勝っても負けても
今年の夏のスーパースターが作り上げられていく。

なんか、そんな恐いことを試合が終ってからずーっと感じています。
松坂だって確か準決勝は休んでいたんだぞ。

何で、明日再試合をするんだろう?来週の日曜日じゃだめだよね。
とにかく、肩を壊さないように祈るだけだな。

ちなみに、私は駒大苫小牧を地元として応援するけど。
駒大苫小牧に勝ってもらいたくてこんな事を書いているわけじゃなく、

何か、早稲田実業の斎藤投手のキャリアデザイン・ライフデザインを
いま一番考えてあげなくちゃいけないのは・・・誰だ?と思うのです。

なんか、いっぱいこんなような人たちを見てきた気がする。
明日は、恐いドラマになるような気がして眠れません。

posted by 情報建築家・niNaru  at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。