2006年08月12日

忙しさを快感にしよう

はやくも巷では、お盆に突入しております。
やれ電車の満席の状況だとか高速道路の渋滞情報とか、

日本民族の大移動が始まりつつあります。

そういう私も、明日から田舎へ墓参りに行ってきます。
お正月とこのお盆の時期しか親孝行をしてないし、先祖様のことを

考えるのはたった年2回しかしてない罪滅ぼし。
仕方がありませんよね。

ここのところ、ブログの更新もままならずなんとなく
自分がしなければならないことに流されていました。

遊びでも仕事でも上手な時間の使い方、これはビジネスマンに
とっては永遠の命題の一つです。

せっぱつまらないといいアイデアが出てこないといっても、
他にもやる事があって、時間的に余裕が欲しいという方が

ほとんどでしょう。
そして、皆がお盆休みだけどビジネスで頑張っている人も
いることでしょう。

どうしたらもっと時間的余裕を持てるのか、そう考える人も
いますが、私は時間的余裕を持とうとはあまり考えていません。

かといって、スケジュールでびっしり埋まっているわけではなく、
余裕ばかりのスケジュールですが・・・時間的余裕はたっぷり。

なぜなら、時間というものは、初めから誰にとっても
「足りないもの」と決まっているからです。

そうなのです、誰にとっても時間は足りないものなのです。
それも圧倒的に足りないものです。

会社の仕事もすべて終わり、家庭の中でするべきことも
個人としてやりたいこともすべてやり尽くしてしまったなんて

ことは、死ぬまでありえないからです。

人間は誰しも1日24時間しか時間を持っていません。
老いも若きも、勝ち組みも負け組みも・・・。

そして、我々中高年は人生の残された時間も少なくなって
きているということも分かっています。



その限られた時間を何に使っているかというと、大きく分けて
3種類の使い方をしています。

1つは、自分がやりたいと思っていることに費やす時間。
2つ目は、自分がしなければならないことに費やす時間。

そして3つ目が、ついやってしまった、不可抗力でやらざるを
得なくなったということに費やす時間です。

睡眠時間はここに入れましょう。
多くの人は、この3つ目の時間を見込まないでスケジュールを

立ててしまうので、時間が余計に足りなくなって苦しく
なってしまうのです。

「ああ、またやっちゃったよ」誰もがそんな時間を持っています。
つい深酒をしてしまったとか、見る予定のなかったテレビ番組を

つい見てしまったとか、友達とおしゃべりをしていてつい遅くまで
過ごしてしまったり、寝過ごしたりというようなものも、

この「ついやってしまった」という時間に含まれます。
(今日なんて、うっかり10時間も寝てしまった・・・)

でもこうした時間も、人生の彩りというかスパイスとしては、
とっても大切なものです。

ですから、最初からこうした時間も「楽しみのための時間」と
割り切って、余裕を見ておくことが大切なのです。

むしろ、1つめの自分がやりたいと思っていることに費やす
時間に入れるようにすべきなのです。

これとは別に、目の前のことに追われ、日々の忙しさに
押しつぶされそうになって苦しんでいる人もいます。

社会起業家である自分株式会社の経営者は、一度にたくさんの
ものを抱えながら日々の仕事をこなさなければなりません。

理念、長期目標、短期目標、そして目の前にあってすぐ
取り組まなければならないこと。こうしたたくさんあるものを、

バランスよく一連の流れの中で持っていないと、人間というものは
欲求不満になってしまうのです。

とくに理念や長期目標というものは、遠くにあるものです。

目の前のしなければならないことは、そうした遠くの目標に
近づくためのものなのですが、日々目の前のことに追われてしまうと、

そのことを忘れてしまい、何のために自分は今こんなにも
忙しい思いをしているのか、わからなくなってしまうのです。

そうならないように、日々やるべきことや短期目標の間に、
上手に理念や長期目標をはさみ込んでいくのが社長業なのです。

今日の忙しさは、自らが組んだ忙しさです。

自分は、大きな理念、長期目標を実現させるために、今日の目の前に
ある仕事をしているのだと自覚できれば、どれほど忙しくしていても、

さほど苦痛を感じることはなくなります。
なぜなら、その理念も長期目標も、自分が心から望んでいる
ことだからです。

小学か中学生の頃に、誰もがしたと思いますが、常に自分の理念や
長期目標を確認できるように、机の前などすぐ見ることができる場所に

貼っておいてもいいでしょう。
(2級建築士、設計試験 一発合格!! とか)

そして絶えずそれを見て、自分は何のために仕事をしているのか、
日々の仕事の間にはさみ込んでいくのです。

きっと、その紙に書いたことは、すべてやりたい目標(仕事)であり、
やりたいことなのです。やりたくないことは1つもありません。

私はそのことがわかっているので、どれほど忙しくても、
それはそれは楽しいことなのです。

私の長期目標を披露しましょう。

 地中海クルーズの船の中に、事務所を持つ!!
 そして、今日はイタリア、今日はギリシャ・・・そして・・・。

ね、楽しいことだと思いませんか??

今日は、皆が休むお盆だというのに休まないで、
建築の仕事をしてる若手所員に・・ということで

記事カテゴリーは建築ってことで。




posted by 情報建築家・niNaru  at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22272269
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。