2006年07月31日

強力なライバルが・・

あなたは、今の会社に入って何年目であろうか?
入社した当時は、ただがむしゃらに若さにものをいわせて

仕事をこなしてきたことと思う。会社も、あなたのその
「若さ」「新鮮さ」に期待していたのであり、その意味では

あなたも十分に役目を果たしたといえるかもしれない。
しかし、問題はそれからだ。新人のバリバリの頃は、

だれでもある程度は成績はおさめられよう。
ところが、1年、2年とたつうちにあなたは「新人」ではなくなり、

会社もあなたを見る目がかわってくる。
もはや、新鮮さだけでは通用しなくなってくるのだ。

そう、あなたのあとに、いきのいい有能な新人が入って
くるものなのである。

今は、大丈夫だとしても、何年かのちに、その新人が
あなたの行く手をふさぐ強敵になるかもしれないとしたら・・・。

「誰でも学べるデザインの学校」にも、新人のライバル会社が出現。
(まっ、向こうはライバルと思っていないとおもうが・・)

やはり、これだけインターネットが浸透し新たなマスメディアの
構築が行われていくと、誰でも学べるカルチャースクールなんて

資本があると、いとも簡単に出来てしまうということ。
今日は、情報としてその会社を紹介しましょう。

新しい無料動画によるカルチャースクールが、インターネット上に
出来上がりました。

その名も「unself」(アンセルフ)。
レッスンサイト「unself」とは・・・いわばインターネット上の、

エンターテイメントスクール。

パソコンさえ持っていれば、“いつでも・どこでも・好きなだけ”・・・
しかも“完全無料”で、いろんなレッスンが楽しく学べちゃいます!

ちょっと、どこが運営主体なのかどうかは不明なのですが
会社名は株式会社 MtcVision という会社が運営する無料動画に

よって、レッスン講座が受けられるという私にとったら強敵の出現。


このunselfのサイトには、現在10のカテゴリー
【料理・お菓子・美容・健康・語学・ ダンス・教養・アート

・ビジネス・スペシャル】があり、さらにその中に、
多彩なレッスンが満載です!

どの講座も、そのジャンルにおいてスペシャリストの、
一流アーティストを講師として迎え、現在177もの講座を

開講しているとのことで、早速私もライバルチェック!!

まず、このブログのキャリアデザイナーとのライバルになりそうなのが
ビジネスカテゴリーにあるキャリアコンサルタントの上田晶美さんの講座

「やった!受かった!」そんな声が聴きたい!プロが教える面接術って
いうことで、レッスン1〜レッスン3までのきれいなお姉さんの講座。

履歴書の書き方から、面接に臨むときの心構えまですべて受講すると
1時間ほどの動画でみれるんだけど・・・・。

もう、女性の講師で画面から語りかけてくれるって言うだけで
加藤君はイチコロだね。もう、私の出る幕ではなさそうです。

まずは、まだ面接にいってない人はこのレッスンも無料なので
何度も見ることをお勧めします。

そして、デザインの学校のライバルになりそうな、
(まだ、unselfにはデザインというカテゴリーはないけれど・・)

アート・カテゴリーの ビーズアクセサリーの三木 千賀子 さん。
TVチャンピオンで優勝した三木先生のキュートでスタイリッシュな

大人のビーズ・アイテム制作講座。
ここも、2レッスンなんだけどやはり1時間ほどのブレスレットや

ネックレスまで、制作の仕方を教えてくれる講座。
ここの三木先生自体がキュートな方で、ここでも加藤君はイチコロだね。

こんなにたくさんあったら、どれから見ようか迷っちゃいますよね!

私なんて、ダンスカテゴリーのサルサダンスのグロリア・キミエ先生の
ラテンのリズムのエロティックな魅力に・・・まいりました〜。

ここから、見に行って下さい。(無料です)

★unselfサイト TOPページ★→→ http://www.unself.jp/
 

なんでも、9月からはまだカテゴリーを増やすというし、他にも
とんでもない機能がついている様だし、ホントにこんなのが

無料でどんどん皆に知れ渡っていったら・・・。
しかし、いろんな理由でリアルスクールに通えない人・学ぶことが

苦手な人・・・など、誰でも学ぶことの楽しさを見つけ、そして
楽しみながら習得していくというコンセプトは私も同じだし

ムムム、こんな風に自分のライバルはある日、突然自分よりカッコよく
資本もいっぱいあって、強力な手法で現れるものである。

こういうときは、まず最初に相手の武器を研究する事
それのうち何が自分に欠けている事かがわかったら、まずそれを

自分でもやれるか検討をする。
       (今回の場合は、私には出来ない・・・泣)

次は、相手の弱点を見抜くこと
       (なんで、デザインの基礎をやらないんだ?)

そうか、相手の弱点はデザイン基礎みたいなめんどくさい事は
やりたくないんだろうな?

と、勝手に推測し自分をなぐさめる。
やはり、インターネットはデジタル社会だけどデジタルで競争したら

私みたいな超零細企業はかなわないので、デジタルの中の
アナログで勝負しよう。と、小さなアリさんは、百獣の王ライオンの

弱点めがけて突き進むのです。

今日は、ライバルのすばらしさに拍手を送って。。。
サルサダンスでも覚えるか?・・・。(笑)


もう一度、ライバルはここ
★unselfサイト TOPページ★→→ http://www.unself.jp/


(ライバル出現にちっともめげていない情報建築家・niNaruでした)

posted by 情報建築家・niNaru  at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。