2006年07月10日

人の心惑わせるもの

徒然草 第8段 人の心惑わせるもの
 
『世の人の心惑はす事、色欲には如かず。人の心は愚かなるものかな。

匂ひなどは仮のものなるに、しばらく衣裳に薫物すと知りながら、
えならぬ匂ひには、必ず心ときめきするものなり。

九米の仙人の、物洗ふ女の脛の白きを見て、通を失ひけんは、
まことに、手足・はだへなどのきよらに、肥え、あぶらづきたらんは、

外の色ならねば、さもあらんかし。

                   (原文等は自分で調べて。)


徒然草 現代語訳から引用し勝手に注釈をつけました。 


第8段 人の心惑わせるもの

人を惑わせるもの、それは色欲。人の心などは本当に未熟なのである。

女性が漂わせる香水なんかの香りは一時的なものでしかなく、
それを承知で衣裳に香を焚く。が、そのようにやがて消え行くもので

あったとしても、なかなか得ることの出来ない香りを求めようとするのは、
これまた当然のことといえよう。

久米の仙人(山奥に住む、もう下界とは一線を引いて悟りを開いている
ジジのくせに)が洗濯をしている女性の肌を見て神通力を失ったというのも、

確かに納得の行く話である。
手足といった肌が美しく、ふっくらと色づいているその姿は、

香りのようなうわべだけの物ではない。
となれば、なるほど仙人が力を失ったというのも納得できる話だろう。
 

昨日、9日に北海道の苫小牧市の市長選の選挙が行われました。
投票率はあまり上がってなさそうと、夕方のニュースで見ただけでその後、

開票作業に入っているから、もう結果は出てるだろうけど・・・。
そんなことより、サッカーワールドカップいよいよ決勝戦。

元に戻るけど、これがその市長選。↓↓

「準強制わいせつの疑いで逮捕、送検された前市長桜井忠容疑者(52)の
辞職に伴う苫小牧市長選は九日投票、即日開票される。」


何でこんななったかというと、

(5月18日の北海道新聞より)

 苫小牧・桜井市長がわいせつ行為 飲食店で女性触る 被害者、近く告訴  
苫小牧市の桜井忠市長(52)が5日未明、同市内の飲食店内で、

40歳代の同店経営者の女性に対し、体を触るなどのいかがわしい行為を
したとして、この女性は17日までに苫小牧署に被害を届け出た。

桜井市長は北海道新聞の取材に対し、「過ちだった」と事実関係を
大筋で認めている。被害に遭った女性は近く刑事告訴する意向で、

市長自身の進退問題に発展しそうだ。(18日北海道新聞)

                  −−−−ここまで−−−−


ほんと、私も人の事は言えないけど、人の心などは本当に未熟なのである。
いくら、相手が40歳代のママさんだったとしても酔ってるときに、

なんか、妖艶っぽい香水の匂いが漂ってくると・・・触りたくなるよな。
まして、私がテーブルにこぼしたお酒なんかをふいてくれる、きれいな

お姉さんのノースリーブから伸びる二の腕の肌が美しく、ふっくらと
色づいているその姿は、・・・・私でも力を失ってしまう。

しか〜し、徒然草もここまでしか書いていない。ということは、
ここまでで終わりっていうこと、桜井元市長も考えろよな。

私なんて、力を失ってもう帰るだけだって言うのに・・・・。

話は、ころっと変わって人間には視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚の
五つの感覚があります。

そしてデザインとはこの五感を5種類の糸にたとえて編んでいく
織物のようなものだと言われています。

それは視覚では足りない部分を聴覚や臭覚という別の感覚で埋めていく、
パズルのようなものと言ってもよいかもしれません。

いかに、綺麗にインテリアデザインされたバーやクラブであっても
ちょっとトイレくさいバーなどでは、飲んでても落ち着きません。

ついてくれる、きれいなお姉さんも・・・???になっちゃいます。

それで、芳香剤とか香水なんかでごまかしている所もあるのでしょうが、
私の故郷、北海道富良野はもう少しで「ラベンダー祭り」ですが、

今では、石鹸から香水までいろんなものにこのラベンダーの
花が使われています。(アイスクリームがお勧めです。) 

香水はもともと薬用として使われていました。近代以降、香りを
楽しむため進化をしてきました。

香水は、香料をアルコールに溶かして作られます。
現在では数多くのブランドが生まれていて、日本でも大きな産業として

栄えていますが、香水の使用自体が未だ欧米ほど一般的になってはいません。
それぐらい、日本人はおふろ好きのきれいな体でいることを当たり前と

しているため、香水そのものの認知やマナーなどの普及も発展途上で
あると言えます。

香水は付けた人間の体臭と混ざり合って効果を発揮するので、
液体の香りそのものだけでは判断できません。

先ほどの視覚、聴覚、味覚、触覚という他の感覚も含めて、
五感を5種類の糸にたとえて編んでいく織物のようなものだと

言われてる、デザインをする私達デザイナーは、一つや二つの
感覚で我を失ってはいけません。

5つの感覚すべてに、まいったという時以外は
心惑わせてはいけないのである。

その後の事は、前市長桜井忠容疑者のようにはならないように、
気を付けてくれたまえ。(笑)



(昔の生き方 解説書 徒然草の第8段 人の心惑わせるもの

                      勝手解釈でした。)

おまけ







フラゴナール★練り香水 Lavande ラベンダー 携帯用 お試しにフラゴナール★練り香水 Lavande ラベンダー 携帯用 お試しに



posted by 情報建築家・niNaru  at 03:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 人生・生き方に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20549171
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

楽旬堂 坐唯杏 池袋居酒屋・下剋上 ざいあん
Excerpt: 突然のTB、失礼致しました飲食店の開業や居酒屋の記事を検索して見させて戴いたブログにTBさせて頂いてます。東京都豊島区東池袋1-31-1楽旬堂鐔ズ鼠0?03-5957-2207豊島区役所裏・牛丼「すき..
Weblog: 楽旬堂 坐唯杏 池袋居酒屋・下剋上 ざいあん
Tracked: 2006-07-10 17:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。