2006年07月01日

ゆめに生きる

ゆめに生きるとは? 自分の夢、目標とは何なのだろうか?
人はそれぞれ、自分の夢・目標を持っているはず。

その大きさも、方向も目指す手段もそれぞれだろうが
建築のプランニングで使う言葉に「指向性」という言葉があります。

指向性は客観的に使う言葉。そして「志向性」という
主観的に使う言葉があります。

あなたはどの方角か?どの方向へ進んでいますか?
あなたは今、どんな状況でしょうか。夢を叶えるために努力して
いますか?

 「私はいま、何もする時間がない」
 「私はいま、調子がいいからこのままでいい」
 「私はいま、調子が悪いから何もしたくない」

こういう風に考えを持っているとしたら、今すぐ考えを変えて
みましょう。マイナス思考はいけません。

マイナス思考がいけない事だというのは言うまでもないが、
そのほかにも大事なことがあります。



この世で一番大事なことは、自分が「どこ」にいるかということではなく、
「どの方角に」向かっているか、ということである。

             ―オリバー・ウェンデル・ホームズ―



いま、きつい・辛い・楽しい・普通・愉快・寂しい・・・・
人は様々な思いを抱く生き物ですが、いまも大事ですが、
一番重要なのはあなたの将来。

いまのことにばかり気持ちが行きすぎて周りが見えなくなってしまっては
いけません。自分の未来は自分で切り開く。

幸せを待っていてはいけません。いまの自分はどういう状態なのか。
それを冷静に、主観的・客観的に見る。

そして未来の自分の状態に何を求めるのか。
いまの自分と将来の理想の自分を比べ、足りないものは何か。

その足りないものをひとつずつ集めていき、自分を少しずつでも
成長させていくことで、気づいた時には、あなたの夢が叶っているでしょう。

「ゆめに生きる」とは、私が思う事は簡単にいうと「やりたいことをやる」と
いう意味です。

参考までに、私の好きな言葉をいくつかご紹介しますね。



「やりたいことを見つけなさい。そうすればあんたは
              明日から働かなくていい」
                       
                 ― トーマス・エジソン ―



ヴァージン・エアーのCEOのR.ブランソン氏は、新規事業を
始めるとき、その決断は「おもしろそうかどうか」だそうです。

「本当か?」と聞かれて、「本当だ。人生は短いのだから」とも
答えたそうです。



「人生は命をかけるものが見つかって初めて
             生きるに値するものなのだ。」

                ― M.ルーサー・キング牧師 ―


名著「7つの習慣」(キング・ベアー出版)の中でV.フランクル氏は

「人生におけるミッションというものは、つくるものでなく
                     発見するものである」



いよいよ、明日になりましたね。頑張って最後まで諦めずに
解答してくるように。

解からなくても、適度に的を当てれば20パーセント以上の確立で
正解がとれるんだから・・・。

何の話かわからない?明日は2級建築士の学科試験日です。
とにかく、向かっている方向は合ってるのだから頑張って下さい。

今日は、明日試験を迎える数名の読者に送るバージョンでした。

posted by 情報建築家・niNaru  at 22:26| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

新規事業〜立ち上げ一段落「単月黒字」達成
Excerpt: 新規事業担当役員に就任し、早12ヶ月 この度、6月度月次損益において、「単月黒字」を達成しました。 スタッフには感謝しております。 私も、ようやく新規事業の第1段階をクリアすることができました
Weblog: 失敗しない中小企業の新規事業立ち上げ方法
Tracked: 2006-07-02 01:45

新規事業 信念を持て!
Excerpt: 信念を持って新しいことに取り組める人は、 成功できる可能性があるが、 上司からの指示や命令で取り組む人は、 成功できる可能性が低い。 取り組みには、未知の障害や、失敗がつき物だ。 信念を持っ..
Weblog: 失敗しない中小企業の新規事業立ち上げ方法
Tracked: 2006-07-04 13:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。