2006年06月23日

実力は立場がつくる

本当に残念ながら、サッカーワールドカップの
ジーコ日本代表の予選リーグ突破はなりませんでした。

こんなことを言ったら怒る人もいるかもしれないけど、
まっ、高校野球の甲子園と同じようなもので、甲子園に行くって

いう目的のチームと、甲子園で優勝するんだということを
目標にしているチームの違いと同じだね。

サッカー日本代表にしても、ワールドカップ出場はまだ
たった3度目だし、アジア地区でぶっちぎり強くて

ワールドカップへいったわけではないんだし、今の実力は
やっぱり、「ワールドカップへ行くんだ」という目標の

チームでしかない事は、みんな分かっているはず。
さっそく、テレビなんかでは敗因の原因とか分析とかで

ワイワイやっているけど。なんかね。

あわよくば、駒大苫小牧のように全然期待しないでいると、
全国優勝しちゃったりするんで、ちょっと期待したりして。

でも、やっぱりサッカーの世界の歴史という経験値のレベルは
日本は「3」でしかないということ。


これは、ビジネスでも同じ事が言えて、「実力はポストによって
つくられる」っていうことを聞いた事があると思います。

平社員のときに、係長や課長などの上司の仕事振りをみていると、
その難しさや深さも想像できるようになってくると、それを

バリバリこなしている先輩や上司が、特別有能に見えてしょうが
ない。「すごいなー」と関心し自分には出来ないだろうと

勝手に思って、壁を作ってしまう人が多いことか。
しかし、こんなことはビジネスの世界ではごく当たり前のことで

大会社になればなるほど、したこともない仕事の部署に廻されたり
2、3年でどんどん役職がついて、それなりに責任も取らされたり

するんだけど、ここは人間って本当に柔軟性があるというか
そこでちょっと努力すると、やった事のない仕事も出来ちゃうもの

なのさ。
その立場に自分を追い上げていくことが、より大きな自分を
作り出すもとであるというのは、イチローや松井なんかを

みれば、本当に真理なんだと思う。
そういう意味で言えば、4、5人の世界サッカー経験者の

日本チームとワールドカップサッカー常連国のチームとじゃあ
やっぱり、勝てないよね。

我々、デザイナーも初めてするデザインは自信がなくて不安だろうけど
同じ問題を2度、3度と経験していくと、自信がついていって、

責任感も増して、平社員から見るとすごい人だな〜って
思われているんだよ。

奈良の高校生が、成績優秀な学生でいることという立場から
抜け出したくなって、自分の家に火をつけて母や妹達を火災で

死亡させてしまったという事件があったばかりですが、着実に
階段を登るように、一段づつ自分の立場を上げていけばいいんだ。

父親が、子供に5段も10段も一辺に登らせようとするから
子供が壊れちゃったんだ。

サッカーも、一段づつ世界の頂点を目指せばいいんで、
そういう意味では、4年前より確実にレベルはアップしてるんだから、

何年か前のサポーターのように、生卵をぶつける奴なんて
出てこないで欲しいと思う今日この頃でした。


posted by 情報建築家・niNaru  at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。