2006年06月05日

悲しみの淵に明日のパーティ

徒然草 第5段

『不幸に憂へに沈める人の、頭おろしなど、ふつゝかに〔拙乏に淺薄に〕
 思ひとりたるにはあらで、・・・・ 』

     (この後も続きます。原文等は自分で調べて。)


徒然草 現代語訳から引用し勝手に注釈をつけました。 


第5段 悲しみの淵に明日のパーティ


不幸や愁いの絶望の果てにある者が「いっそのこと僧(尼)に
なってしまおう」と早まることなく、生きているのか

死んでいるのか分からない様に門を閉ざして、何をするでもなく
日々過ごすというのは、それはそれとしてまた望ましい姿であろう。

しかし、こういう時こそ「宴会」だ!!
英語で言うとパーティーなのだ。

土曜日の夜、私めの誕生宴会がありました。一日違いのエスも
一緒の誕生日、エスもおめでとう。

そして、集まってくれたみんな、有難う。

しかし、あまり今更ながらの誕生日はこの歳になると、あまり
嬉しくも無く、吉田兼好の言うように、生きているのか

死んでいるのか分からないように生きてて、何をするでもなく
ボーっと日々を過ごして、自分がまた一つ歳を取った事にも

気付かないで、のほほんと過ごして居たいなと思ったりもするが、
やはり、人間は節目、節目ごとに宴会が必要なのである。

小さい頃の誕生会、入学式、卒業式、野球大会の残念会や祝勝会、
就職祝い、結婚式、クリスマスにお正月、コンペの祝賀会、

なんかの打ち上げ会や、クラス会や花見もそうだね。
とにかく、こういう宴会の良いところは皆の元気でいる情報が

いっぺんに集められるし、なんか悲しい事があったりしても
人生、光と影でこういう光の場へ出るということは、節目として

元気の元をいっぱい持って返れるから、私にしては「リゲイン」
みたいなもんだね。

たくさんの人が来てくれたから、中には全然話してない人もいたり、
ゆっくり話も聞いて挙げられなかったけど、皆の笑顔が本当に、

私の今日からの「生きていく糧」になります。



現在は競争社会だといわれています。消極型の人間、引込み思案な人間、
自己PRの出来ない人間はすべて「だめ人間」の烙印を押されかねない。

また、世の中の風潮がそうだから「だめ人間」は自分の欠点を隠したり、
見せ掛けの自分で振舞おうとしたりする。

その演技をうまくやり通せる人はまだいいのだが、それが出来ない人は
強い劣等感に陥り、それこそ本物の「だめ人間」になりかねない。

自己表現とか、個性といった言葉が、お題目のように唱えられている
今日この頃であるが、考えてみるといい。

はたして、自分のない人間がいるのでしょうか、個性の無い人間が
いるのだろうか。

きっと、宴会前までは社長や先輩に怒られていたのであろう。
「仕事が遅い」とか、「なぜ学校も休んでいるんだ」とか、

「あなた、また飲み過ぎて、皆に迷惑かけたら絶交だからね〜」とか、
言われながらでも、やっぱり皆の顔が見たくて、仲間内では自分を

素直に表現できるから、こういう宴会は楽しいんだよね。

会社や学校で、見せ掛けの自分を演出するのに疲れた時は、こういう
宴会は本当に、元気の元になる。

しかし、いつまでもその二面性で生きていくわけには行かないから、
どこかで本音で社会にぶつかっていかねばならない。

自分がまた一つ歳を取った事にも気付かないで、のほほんと過ごして
居たいなと思ったりもするが、現実は、やっぱり歳をとったんだ。

つまり、我々は、まずありのままの自分をまず自覚する事から
始めなければならない。(だいぶ頭が薄くなったといわれた。。。)

自己を知らない人間に、自己を表現できるわけがないからである。

見せ掛けの自分をまずかなぐり捨てて、自分に帰り、自分自身の中身、
内容により確かなパワーと方向性を持たせるべく、生きたほうがいい。

デザインも売り込む言葉、技術、表現より大事なのは売り込む商品、
すなわち、それを考えた本人、あなた自身をまず売り込むことが

一番だと考えるわけです。

中納言顕基(あきもと)が書いた「犯した罪も無いというのに、
ここ流刑地にある月を見ている」というのは、なるほどこのような

気分なのだろう。
吉田兼好は、この段で「世捨て人」のようなことを推薦したのかな?

私は、社会で見せ掛けの自分を演出することに疲れた「世捨て人」に
なるより、若いうちは多少の見せ掛けの自分を演じて、

ハッタリも言わないと仕事もこないから必要悪だけど、早く自分自身の
ホントのところで生きていけるようになろう。って言いたいな。

犯した罪も無いというのに、ここ流刑地にある月を見ているIG君。
帰ってきたら、報告会の宴会をしよう。



(昔の生き方 解説書 徒然草の第5段 悲しみの淵に明日のパーティ
                      勝手解釈でした。)

posted by 情報建築家・niNaru  at 20:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 人生・生き方に関して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
誕生会〜。さすがにみんなのするわけにもいかないけど、たまたま運のいい人達が思いたった人達に祝われるわけで、昨日はたくさん集まりました☆今回は私も何もしないで楽しませてもらったよ、幹事ありがとう!!
組長、うまいっすねIG君が流刑地に確かにいるな・・そして犯した罪もないというのになんか光線うけているんだな。帰ってきたときの宴会楽しみだね。
みんなやるのは無理とかいいつつ次の誕生日は誰かな、とか林家ペーになっているナベでした☆☆みんなでパーティーできなくても覚えている人にはお祝いの書き込みするからね♪
Posted by nabe at 2006年06月06日 01:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。