2006年05月25日

会社を辞めたくなったら

もう5月の下旬です。もうそろそろ5月病の
「なんかやる気が出ない」というのをとおりこして、

今の会社では「自分を掛ける対象が見つからない」
「雑用ばかりで仕事に喜びを見つけられない」なんて

いま、そんな風に自分の壁にぶつかっている人が
いるのかもしれない。

私の考えでは、中途半端な人生の目標や、仕事への
意欲などは持たないほうが楽しくいきていけるし、

あまり肩を張っていかなくてもいいと思う。
人生は長いんだし、一年も、振り返る一年はあっという

間だが、これからの一年は結構長いのだ。
時期的にも、3月に入社し、ちょうど3ヶ月目。

離婚の危機も3ヶ月目、3年目、・・・
(次は何年目だっけ?)

ちょうど、そんなことを誰でも考えてしまう時期なんだと
思って、あまりこの時期は深く考えない方がいい。

もっとも、ビジネスマンである貴方にこういってしまっては
何言ってるんだと怒られるかもしれないが、会社の社長も

上司もこの辺のことは理解しているからあまり
気にしなくていい。

こう思ったときは、今一度デザイナーの原点にもどって
考えてみるのがいいのだ。

デザイナーでなくてもいいのですが、どうすれば仕事に
徹しきれるか、どうすれば会社に貢献できるかを、

そこまで、真剣に考えなくていいか。
今の会社、今の仕事にちょっと面白さを勝手に加えながら、

自分のデザインセンスや企画力を磨く方法。
なんとなく行きたくなくなった会社に、楽しさを見出す工夫。

それを、伝授しましょう。



あなたのビジネスにおける「デザイン」の活用方法を
具体的に、でもあくまで遊びで仕事の合間に考えてみるのです。

たとえば、こんなことを考えてみてください。

〇今の会社の入り口のデザインをもっとカッコよくしてみる。

〇看板やインフォメーションがあるなら、デザインを変えてみる。

〇今の会社のトイレをリフォームしてみる。

〇もっと社員が働きやすい事務室にするために、事務室の
 レイアウトを変更するとしたらどうするか。

〇事務室等のインテリアデザインを変更してみる。
 
〇今の会社の営業成績を倍にするために、会社案内や
 パンフレット、カタログなど各種資料のデザインを
 変えてみる。

〇自社商品を一つ選んで、それを2倍で販売するとしたら、
 どのようなデザインにすれば良いのか、どのような「優位性」を
 高めれば良いのか、自分なりにその商品の改良案を出してみる。
 
〇単純な事務作業に使う伝票や社内資料などのデザイン性を高め、
 事務作業の効率化を図ったり、ワクワク感を創りだすことが
 できないか、知恵を絞ってみる。

〇いっそのこと、自分が社長だったら今の社員の陣容で
 どう会社を存続させていったらいいのか、考えてみる。

〇もっと、深く考えれば自分が社長だったら、誰を首にし
 どういう人たちで会社を成長させればいいのか考えてみる。

等など、仕事を遊びと捉えて会社の観察、人の観察などを
しながら、自分のデザインの勉強をしていくのです。
 
最後の二つは、決して勤務時間中にしてはいけません。

そして、最後の誰を首にしたらいいと思うかという設問に
やっぱり、どう考えても「自分だ」と答えがでるようなら

その時は、やはり転職を考えましょう。

しかし、この設問に自分だと答えられるのはきっと、
成長した3年後のあなただろうから、ステップアップのために

次の会社を狙いましょう。
今の会社では、やはり貴方は器が大きすぎるのです。

最後に一言、エス!!会社のトイレリフォーム案でもしなさい!!



(どこの会社も納まりきれなかった情報建築家・niNaru)


posted by 情報建築家・niNaru  at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職・起業について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。