2006年05月12日

一生を変えてしまう愛がある

代理広告のお仕事です。


お勧め 映画 『ニュー・ワールド』のご案内



「一生を変えてしまう愛がある」

17世紀初頭”新大陸 アメリカ。
異なる世界の二人が許されない恋におちた。

イギリス貴族社会の男と、アメリカ先住民族の女の恋。
ロミオとジュリエット、現代で言えばイスラエルとパレスチナ。

日本と北朝鮮のような星の下で生まれた人間同士。
なぜ人間は、人種と宗教が違っても恋におちるのであろうか?

「シンレッドライン」から7年、圧倒的な映像美で世界に驚愕と
感動を与えつづけてきた巨匠テレンス・マリックの最新作。

今、札幌も桜が満開でとてもきれいです。皆さんも自然を愛でる
方たちだと思いますので、この映画の美しい自然をぜひ観てください。


映画の公式サイトはこちらから:http://www.thenewworld.jp/

PCで映画の予告編が見れちゃいます。


あらすじは、次の続きを読むへ

あらすじ

1607年、青年、ジョンスミス(コリン・ファレル)を乗せた
イギリス船が、北アメリカのヴァージニアに流れ着いた。

彼らの目的は、‘新大陸’を開拓し、黄金を手に入れる
ことだった。彼らが上陸した土地には、強大な王ポウハタンが

治めるコミュニティーが存在していた。
スミスは、ネイティブの戦士たちによってポウハタンの前に

連行され、その末娘ポカホンタスに出会う。
スミスは彼女の命乞いによって救われ、その妖精のように

愛らしい彼女の輝きに、たちまち心を奪われてしまう。
太陽のもとに果てしなく続く広大な大地で、スミスと

ポカホンタスの恋は、急速に深い愛情へと育っていった。
しかし、二人の夢のような美しい時間は、二つの世界の

戦いのもとに狂い始める。
スミスは、ポカホンタスを置いて、王の要請により

イギリスに帰還してしまう。
「スミスは死んだと伝えて欲しい」と仲間に言い残して・・・。

彼女から裸足で草原を駆け抜けるネイティブの美しさを
奪ってしまう自分を責め、彼女を思っての決断だった。

抜け殻のようになってしまったポカホンタスに、
やがて新しい出会いが訪れる。

やさしく、穏やかに包み込んでくれるイギリス貴族ロルフだ。
彼のプロポーズを受け、イギリスに渡る決意をしたとき、

彼女はまだスミスが生きていることを知ってしまう。
時がたっても色褪せないほど心の底から愛したスミスと、

自分の全てを愛し、暖かく包み込んでくれるロルフ。
二人の男の間で、ポカホンタスの心は揺れる。

果たして彼らの愛の行方は・・・・・。

映画の公式サイトはこちらから:http://www.thenewworld.jp/
posted by 情報建築家・niNaru  at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。