2010年12月11日

平成22年もいよいよ師走でござります

いやー、2010年、平成22年もいよいよ師走でござります。
今年、最後の月となりました。

ここ札幌も、大通り公園のイルミネーションも点灯し
街はすっかりクリスマス気分。

今日も雪の降った朝でしたが、昼ごろにはその雪も解けてしまいました。
そうこうしながらそのうちに、降った雪も解けなくなって根雪になる。

根雪とは・・・・Wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B9%E9%9B%AA

また一つ、季節のページがゆっくりとめくられてゆきます。
まっ、今年も無事おおきな事故も大病もせず、師走を迎えられる

喜びに感謝しなくちゃと・・・・・。

前回のブログ記事で、小沢一郎が敗北宣言をしたらブログを
少し休むかも・・・・なんて、書いておきながら・・・

特に、敗北宣言ではなく捲土重来を果すべき時期を策略しながら
強制起訴の裁判に立ち向かうということだったので、

別に、私自身ブログを休むことはなかったのですが・・・・
あっという間の2ヶ月でした。

昨日は、このブログを開設した頃の話題の人物の入団発表でした。
北海道日本ハムの本拠地・札幌ドームで斎藤佑樹選手の入団記者会見。

平日にもかかわらず約8000人もの人が詰め掛けたそうだ。
ちょうどとある建設会社を訪問中だったのですが、記者会見などの様子を、

NHKや民放4局が生中継していて、どこのTVチャンネルいれても
この番組なんだもの、何かハンカチ王子の時のような「ある闇の組織」が

ある意図に基づきグランドデザインしているような・・・。

シンクタンクの試算によれば、斎藤祐樹の日本ハム入団の経済効果は
50〜60億円と算定されるらしい。

斎藤祐樹写真入、工事現場養生シート・・・・売れるかな?

まっ、確かに今まで以上に日本ハムのファンが増えることになるのは、
台本があったにせよ、約8000人もの人の前で爽やかに、笑顔で

演じきれる大学卒業したばかりの若者に、「何か持っているな。」と
誰しも認めるところであろう。

とある建設会社の社長とのTVを見ながらの話題。

「菅とか小沢とかでもなく、市川海老造でもなく、日本を託せるのは
何か解らないカリスマ性のある斎藤祐樹かもしれないな・・・」っと。



それにしても・・・。このブログの「三つ折りのフェイスタオル」
ここ
→→http://design-university.seesaa.net/article/22647876.html

記事アップしていた頃の斎藤祐樹君や我々はというと、

2004年駒大苫小牧高校、北海道初の春、夏の甲子園通しての初優勝。
2005年またしてもの夏、2連覇の快挙。そして向かえた3連覇をかけた

2006年夏の甲子園大会の決勝戦、早稲田実業・斎藤佑樹と駒大苫小牧
高校・田中将大の2日間にわたる死闘は高校野球史上に残る名勝負となった。

再試合で斎藤佑樹は9回を投げ抜いて優勝投手になった。
最後の打者は田中将大。豪快なスイングで三振に打ち取られた。

もう、北海道高校球児初の春、夏の甲子園通しての初優勝から、
あわよくば3連覇なんて、とんでもないことに北海道中が

高校野球に熱中していた時期だったのである。

田中将大投手は東北楽天ゴールデンイーグルスへ2007年入団し、
来季の推定年俸は2億円だとか・・・・・。

斎藤は契約金1億円プラス出来高払い5000万円の最高条件で、年俸は
1500万円。

たった、4年しかたっていないのに・・・見事なキャリアデザインと
いうしかない。


「何か解らないカリスマ性」って言う言葉から、
 相田みつを氏の詩

 ただいるだけで

 あなたがそこに ただいるだけで
 その場の空気が あかるくなる

 あなたがそこに ただいるだけで
 みんなのこころが やすらぐ

 そんなあなたに わたしもなりたい

   出典:『いちずに一本道 いちずに一ッ事』、相田みつを、
          


ただ、日本ハムにいるだけでは困ります。活躍してくれなくては。

そうして、こんな記事をブログに書いていると、今日もまだ
斎藤君は札幌にいて、札幌市東区にある球団の合宿所と屋内練習場を

見学したと全国ニュース。

マスコミというか一般大衆の問題点というのを、市川海老造という
歌舞伎役者の芸名報道。

本名:堀越 孝俊(ほりこしたかとし)君がやったこと。

ダルビッシュの離婚問題(?)
田中将大投手里田まい(26)とのバリ島へ婚前旅行問題(?)

まっ、有名になればなるほど叩かれる時は徹底的に叩かれるのです。

相田みつを氏の詩のように、斎藤祐樹君がバリ島へ婚前旅行しようが
結婚し離婚問題で揉めようとも、お酒に飲まれて裸で公園で騒ごうとも

誰かと喧嘩し、顔面陥没になろうとも「ただいるだけで」いいという
人になるのには、この社会では難しいことなんだろうと思うわけです。

聖人君子像を作り上げて、ポイ捨てする一般大衆には併合しないで
いようといつも思っているのですが、これも難しいことで・・・。

こうして、また今年も過ぎていくのでした。
追伸: 2010年 ジェームス・スキナーからのクリスマスプレゼント
■20代のときに知っておきたかったこと・・・

本文:
「お金は稼ぎやすい。使いにくい。」
「変化するのに時間はかからない。」
「間違った決断は、最後までくだされない決断に勝る」
「体の動きが感情の元である」
「年をとれば学習のスピードが速くなる」

この無料音声セミナーには、あなたの常識を破壊し、
これまで知らない間に抑圧されていた可能性を引き出してしまいます。
↓ ↓ ↓
http://123direct.info/tracking/af/282980/GOAoXVFm-ow8HsH5E/

今の生活に満足されているのなら、これは必要ありません。
しかし、もしあなたが、今の人生を変えたいと思っているのなら、、、、
「もっと若い時に出会っておけばよかった・・・」

そんな声がたくさん届いたこのジェームス・スキナーの無料セミナーが
クリスマスキャンペーンとして、12月26日までの

期間限定で、無料公開されています。

この期間を逃すと、もう無料で聴く事は
できませんので、今すぐココからチェックしてみて下さい/
↓ ↓ ↓
http://123direct.info/tracking/af/282980/GOAoXVFm-ow8HsH5E/

ちなみに、先にすべてを視聴した方の感想はこちらに
↓ ↓ ↓
http://www.jamesskinner.jp/blog/

ジェームス・スキナーのことを知らない人は、こちら。
↓ ↓ ↓ 
彼は今まで、経営コンサルタントとして100社以上の大企業や
政府機関を指導し、自分自身でも30社以上の会社の経営をやってきた、

正真正銘のビジネスのプロです。
彼はまた、ほかの人の成功をサポートすべく、

彼自身が確立した成功法則を、セミナーや書籍、講演などを通じて、
多くの人に広める活動を積極的に行っています。

実際、たくさんの著名人が、
ジェームスの影響を受けて成功しています。


例えば、、、

■リッツカールトンホテル日本支社長の高野登さん
■100万部のベストセラー「鏡の法則」の野口嘉則さん
■極真空手全日本空手道選手権大会13、15、16回
 重量級優勝の志田清之さん
■ドクターシーラボ・ネットプライスと
 100億円企業を2社も上場させた池本克之さん
■セミナーズ代表「お金の聖書」の著者、清水康一郎さん
■「初対面の1分間で相手をその気にさせる技術」の著者、朝倉千恵子さん
■ベストセラー「宝地図」シリーズの著者、望月俊孝さん
■「儲けを生み出す悦びの方程式」の著者、小阪裕司さん
■「脱・どんぶり経営」の著者、和仁達也さん
■「感動力」の著者、平野秀典さん
■10万部のベストセラー「加速成功」の著者、道幸武久さん
■「一瞬でキャッシュを生む!価格戦略プロジェクト」の著者、主藤孝司さん
■20代で年収1億円のベストセラー作家、川島和正さん
■ソニー生命トップセールスの林正孝さん
■福島大学教授、スポーツメンタルコーチの白石豊さん
■「生年月日の暗号」の著者、佐奈由紀子さん

などなど、書きあげていったらきりがありません。

出会った人の人生を一瞬で変えてしまう
ジェームス・スキナーの秘蔵セミナーの内容が、
今だけ、無料公開されています。

このページにメルアドを入力するとすべてを視聴できます。
↓ ↓ ↓
http://123direct.info/tracking/af/282980/GOAoXVFm-ow8HsH5E/


 

posted by 情報建築家・niNaru  at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/172778488
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。