2010年03月04日

一寸先は「ホワイトアウト」からの生還

先日、北海道の豪雪地帯を通って留萌と言う街まで打ち合わせのため
車で行ってきたのですが、やはり豪雪地帯。

そして、天気予報は「冬の嵐」ということで「吹雪」。
「吹雪」の意味が解らないかたはご自分で調べて下さい。

いやーな予感が的中し、途中、途中で「ホワイトアウト」状態。
行きはまだ日中だったのでそうでもなかったのですが、問題は

帰り。夕方、向こうを出発して暗くなってからの度重なる
「ホワイトアウト」状態。

もう、一寸先も見えないという状態。それでも、前に車があれば
前の車のテールランプを頼りにノロノロと運転するのですが、

あるところで、前の車も見えなくなって「こりゃ、だめだ」と
思って本当にノロノロ進んでいたら、ゴツンっと雪山へ。

バックしたらうまく出れたので、道路から落ちなくてよかったなーと
思っていたのだが、次に考えたのが後ろの車に追突されること。

北海道のこの時期に多い交通事故は、ホワイトアウト状態の追突事故。
そして、追突されないまでもこの状態で雪に埋もれて凍死しちゃうこと。

今年の正月には襟裳の方でも、車が50数台埋まってしまったという
事故もあって、過去記事に書いた「雪の中に車ごと埋って亡くなった」という
事故現場と同じ道路を、私も走っていたのです。

過去記事
http://design-university.seesaa.net/article/87598328.html

幸いに追突をされることも無く、道路の左側一杯によって吹雪が止むのを
待っていたのですが・・・・。

30分ほどして、ヘッドライトとワイパーの雪を除けようと
外に出たら、すぐ脇をトラックがガーっと素通りしていきやがんの。

「お前、見えているのかよ〜!!」っって本当に死ぬ思いをしました。
心臓がバクバクしながら車に戻って、また数十分が過ぎたので、

このまま、雪の中で死んでいくのかな〜と考えつつ、携帯で皆に
「今まで、いろいろとお世話になり有難うね〜。さよーなら〜。」って

お別れの電話をしようとしたら、少し吹雪が止んで後ろから他の車が
5、6台数珠つなぎできたもんだから・・・ソレーってわけで、

一番後ろにくっつきながら猛吹雪の中からの生還を果したのである。
なにせ、私の車シャコタンなんで一番後ろをくっついていくしか
ないのである。

やはり、こんな時は車に乗らずに家に居るべきなのである。
社会の様子を見ながら過ごすということも必要なのである。


今年も、早くも2ヶ月が過ぎ去りもう3月になってしまいました。
個人事業で仕事を行なっている方は、確定申告の準備などで

必死になっている頃でしょうか。私は、もう終了しました。(ふー)
そんなこんなで、3月ですが私も10年ほど住んでいた

神奈川県の藤沢市の湘南工科大学が、不況による就職内定者の激減を受け
内定を取れない学生のため、就職活動を続ける学生に

卒業の延期を認める「就職支援特別在籍制度」を設けた。とのニュース。

ここ↓↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100302-00000054-mailo-l14


・・・一部抜粋・・・

年間授業料の約18%に当たる22万円で1年間、在学できる。

文科省によると09年12月現在、全国の大学の就職内定率は
73・1%で、調査を始めた96年以降最低。

就職情報サービス「ディスコ」(東京都)の推計では今春、
卒業後も進学や就職をしない「無業者」が10万人を超える見込み。

                             ・・・ここまで・・・

私が卒業した頃も、内定が取れないものは一回卒業して研究生として
残るという道もあったのだが・・・・。

いまだに採用対象を新卒者に限る企業が多いって言うことの方が
問題だと思うのです。

まっ、就職未定者にとってはホワイトアウトのように一寸先も見えない
世の中かもしれませんが、数珠つなぎのように仲間と起業してもいいし、

卒業延期か、研究生として家に居るのもいいのかもしれないね。
3月は一番自殺者が多くなるという時期らしいが、

必死になって「どうやって生きていくか」を考える時期なのかも
しれない。

生きてさえいれば、フィギヤスケートの浅田真央ちゃんのように
度重なる真央ちゃんのスケートが否定される採点方法の変更に

耐えながら銀メダルに終わったが、今季ラストゲームの世界
選手権(22〜28日、イタリア・トリノ)にむけて、

負けずに次を狙うということも出来るのだ。

ここ↓↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100303-00000008-ykf-spo


北海道は、こんな生死をわけるような出来事がすぐに
体験できるから「アドベンチャーランド」とも言われるのです。

だからとってもいいところですよ〜。
今回は只の日記でした。

スキーをしていて木の枝が体に刺さったことのある情報建築家でした。
posted by 情報建築家・niNaru  at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。