2009年05月14日

時の流れに 身をまかせ・・・

時の流れに身をまかせ過ぎてしまいました。

またまた、1ヶ月以上もブログアップが疎かになっていました。
緊急案件の処理と、なにせ全国的にゴールデンウィークだったものですから。

ゴールデンウィークなど、本当は関係のない弱小企業の我が身ですが
時の流れに身をまかせて・・・・

豚インフルエンザが、いつの間にか新型インフルエンザにごまかされて
「絶対アメリカ産の豚肉は食べないぞ」と心に誓い、もうこりゃあ

新型細菌兵器の漏出事故に違いない。そう思った私は、ここ札幌も
豚インフルエンザ細菌が蔓延するに違いないと・・・・。

そうであれば遊ぶのは今の時期しかないということで・・・。
そんなわけで、1年に一度の桜の開花に「花見」で宴会三昧。

ついでに「ETC高速料金割引」という時の流れに乗っかろうと・・・
しかし、普段あまり高速道路には乗らない私の車にはまだETCがついていなかった。

政府・自民党のばら撒き経済対策の、この流れには乗っかることも出来ず
桜の開花にあわせて北上の小旅行に行ってきました。

今年は結構、桜の開花の北上スピードも速く道央や道北の都市でも
満開の桜を見てくることが出来ました。

あと何度、花見が出来るんだろうか?映画の「感染列島」みたいに
ならなければいいなと思いながら、海外旅行にいけない言い訳を

時の流れの「豚インフルエンザ」のせいにしながら過ごしておりました。


ここ1ヶ月世の中いろんなことがありました。
草薙剛君がちょっと飲みすぎて、ハメをはずしすぎて逮捕なんてことも・・・。

「時の流れに身をまかせ」「つぐない」など、テレサ・テンさんなどの
歌を作曲した三木たかしさんが亡くなりました。

そんなんで、「YOU−TUBE」で歌を聴くと懐かしさが込み上げてくるのと
若かりし日々の記憶が蘇ってきます。

「時の流れに身をまかせ」は、男と女の愛の歌なのですが
民主党の小沢一郎代表も、やむなく時の流れに身をまかせて辞任に至りました。

友愛社会の建設を掲げて鳩山由紀夫幹事長が次の民主党代表になろうとしています。
岡田副代表も代表選挙に出るのですが、戦後60年間も自民党政府の影で

官僚利権を拡大してきた我が官僚国家、日本は小沢一郎や鳩山由紀夫のような
一癖も二癖もあるような人じゃないと変える事なんて出来ないと思うのです。


ちょっとここで、現在の政党支持率を大雑把にみてみましょう。
過去の国会議員の総選挙の投票率は60〜70パーセントで推移していて、

意思表示をする60パーセントの国民が、現政権(今のままの自民党と
官僚政治)のほうがいいのか、それとも政権交代を願っているのか・・・・

残り30〜40パーセントの人が投票へも行かないので意思表示をしない層と言われ、
この層のことを国民B層と言うのか言わないのかは解りませんが、

(国民B層のことは自分で調べて・・・)

一昔前に「無党派層は寝ていてくれればいい」と元自民党の首相に言われるぐらい、
相手にもされていないそうなので、やはり残り60パーセントで見てみると

自民党支持26パーセント、民主党支持26パーセント、その他の党支持8パーセント
(私の勝手分析)

要は今のままの体制でいろんな利権にあずかって、世の中は変わらない方が
いいという人々と、私みたいにいろんな利権の恩恵にもあずかれなく

ばら撒き経済対策のうち12000円だけしかもらえない変革を期待している
人々の数が拮抗してきたという現在の状況であると思うのです。

拮抗しているからこそ、いろんな嫌がらせや落とし入れ作戦、
しまいには最悪暗殺なんていういうこともある人類社会なのである。

過去の細川政権の時のように、打たれ強くない奴は自民党などの
巻き返しにすぐ退陣させられてしまうのだ。

細川総理も「自民党を政権から引きずり下ろすためには悪魔とも手を結ぶ」と
言っていたのだが、くだらない佐川急便借金未返済の問題で

引きずり下ろされたんだから。情けねー、借金未返済が何だってんだ。
企業献金の2,3億がどうだって言うんだ。

総額14兆7千億円の補正予算案のうち、独立行政法人、公益法人などの
天下り先に2割近くの2兆8500億円余りが投入される。

独立行政法人(49機関)に1兆5610億円。公益法人に1兆2944億円。
アニメ、漫画、映画などの作品を展示するための美術館(漫画喫茶と言われる)

「国立メディア芸術総合センター」(仮称)に117億円だって。
他にも地方合同庁舎建設、公務員住宅建設など・・・・。


本日のニュースでも昨年度の自殺者の数が3万2249人だって、
ここ北海道でも、会社の不況・倒産などで教え子たちのリストラも増えています。

黙って時の流れに身を任せているとどんどん底辺の方へ押し流されてしまいます。

トップ2割、3割だけの利権構造の中にいる人々だけの友愛から、
いろんな利権構造から外れている人々への友愛を感じさせる政治を
期待するものです。

絶対民主党というわけではなく、4年ごとに政権交代でもしてチェックして
いかなければ官僚利権構造から財界利権構造まで、何も変わらないのだ。

「国立メディア芸術総合センター」(仮称)の設計に関われない
超弱小設計事務所のひがみで言っていそうに聞こえるかもしれないけど、

・・・ひがみです。

21時のNHKのニュースに鳩山、岡田両氏が出演していましたが
相変わらずNHKのキャスターや放送内容は政権交代してほしくないのでしょう。

そんなニュアンスのような感じでした。
そうか、「国立メディア芸術総合センター」(仮称)っていうところに

NHKも他のメディアもなんか参加するのかな?
久しぶりのブログで何を言いたいのかって・・・・。

「時の流れに身をまかせて」
荒木とよひさ作詞・三木たかし作曲/昭和61年

歌手は、「アジアの歌姫」と呼ばれていたテレサ・テンさんです。
いい歌です。「YOU−TUBE」で聞いてください。
・・・・・・
時の流れに 身をまかせ メディアの色に 染められ
一度の人生それさえ 絶対、捨ててはいけません。
・・・・・・


今日は私の勝手情報ってことで情報についてでした。

posted by 情報建築家・niNaru  at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119491494
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。