2009年04月06日

私の「ショーシャンクの空に」を目差して。

土曜の夜、NHKBSで映画の「ショーシャンクの空に」を
やっていたので久し振りにじっくりと見てしまいました。

何年か前に、私の息子(その当時は学生だった)と一緒にみた時に
「すごい良かった。感動した。」と言っていたのを思い出したから。

そう見ていくと、結構この映画、ある程度評価が高いみたいだし、
過去に見たときにも、そんなに高い感動を得なかった私としては

この映画に息子たちは、本当に何に感動を覚えたのだろうかと・・・。
映画の内容などについては自分で検索してみて下さい。
USENでは・・・

スティーブン・キングの中編小説を映画化。絶望の中、不屈の精神に
よって自らの運命を切り開く男を描き、世界中を感動させた傑作。

とあります。

ワクワク、ドキドキさせるような映画ではなく、静かに進行させる
映画なのですが、理不尽な形で刑務所に収監される元エリート銀行員が

刑務所の収監仲間の体制と併合しリーダーになるという話ではなく、
一人静かに看守側の体制に取り入り、その手腕を発揮しながら

刑務所所長の裏金作りに加担し、最後は脱獄しその裏金を奪って
外国に逃亡してハッピーエンドを迎えるという話なのです。
 
夢も希望も見えない塀の中で一人静かに夢と希望を持って生きる。
その姿と根性に感動するのでしょうか?

まっ、確かに良くできた映画なのですが私は今回もやはり感動はせずに

「夢は諦めちゃいけない。どんな時も希望を持って生きよう。」
という教訓とともに、

「そうか、体制側の上前をはねることを考えなくっちゃな〜」
なんて考えてしまった・・・・。


モーガン・フリーマンが言う言葉が印象に残りました。

「希望か・・・。お前に言っておくが希望は危険だぞ。
正気を失わせる。塀の中では禁物だ。よく覚えておけ」


「何とでも言え。だがあの壁を見ろよ。最初は憎み、次第に慣れ、
長い月日の間には頼るようになる。“施設慣れ”さ」


やー、ここまで引っ張っておいてどうやってまとめようか・・・。


 

体制側を刑務所所長側とし、反体制側を囚人たちに捉えている
この映画の様に、我々の社会を見てみると

ここ最近の出来事(新しい順に・・)


1、北朝鮮がミサイル?人工衛星打ち上げ  北朝鮮の希望か?
  それとも“施設慣れ” 北朝鮮は世界の反体制側

  自民党の支持率が落ちると北朝鮮がミサイルを打つという噂

  自衛隊のレーダーやミサイルや、エムネットの誤報による
  新規予算の確保のためのデモンストレーション?


2、民主党小沢一郎への国策捜査疑惑とマスコミ論調
  政権交代するかもしれないという体制側の危機感と焦り
  
  かんぽの宿問題の沈静化と小泉元首相等の沈静化


3、定額給付金とETC高速道路割引 ETC利権と天下り問題
  
  定額給付金の差し押さえを受ける人や
    ETCもつけていない反体制側の自分

    政治家が体制側なのか、それとも高級官僚なのか??
  延滞利子を取るのに消えてしまった年金問題や不払い年金


4、金融危機から経済不況へ 
  11年連続 自殺者 30000人超え

  派遣切から正社員リストラ 内定取り消し 
  経営側のベア・ゼロ回答 
   

このように、人類は権力闘争の歴史でありそれは体制側と反体制側との
争いごとであり、子供のいじめ問題からして原点はここにあると

思うわけです。(仲間はずれなんてそうでしょう?)
いつの時代も、世界中どこででもこの権力闘争か体制側と反体制側との

戦いの歴史でもあり、永遠と子供の時から続いていくのであろうと
思うわけです。

どんな人も体制側になったり、反体制側になったり・・・・

ちょっと反体制側にいるのが多くなった私としては、体制側に
立ち向かうべきか取り入るべきか悩んでいて・・・。


私の建築設計事務所にも、国土交通省から
「改正建築士法(H18年)に関する重要なお知らせ」が届きました。

平成20年11月28日から施行されているものや平成21年5月27日以降からの
適用になるものなどがパンフレットとして送られてきたものです。

ハ〜、法律だしな〜。逆らったら苛められるんだろうな〜。

でも、「何とでも言え。だがあの壁を見ろよ。最初は憎み、次第に慣れ、
長い月日の間には頼るようになる。“施設慣れ”さ」

会社という組織の塀という壁や、業界という壁、社会という壁、
そして日本という塀に囲まれた壁、“施設慣れ”だな。

何か「上前をはねる」ことを考えなくっちゃ。やっぱり。

そうか、うちの息子は親父という壁に反抗してて、その体制に
立ち向かってじっと一人静かに夢と希望を叶えた主人公の生き方に

自分をダブらせて感動したんだ!!
どうりで最近「上前をはねられている」ような気がしてた。

結論、「体制側の上前をはねよう!!」
私の「ショーシャンクの空に」を目差そう!!

今日もただの日記でした。

posted by 情報建築家・niNaru  at 23:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
sxO8Ggmi
Posted by hikaku at 2009年05月08日 07:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116977269
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。