2008年10月21日

高校時代の同窓会に

あやー、松浦あやー、いや違ったあやや〜。
早くも10月後半戦になってしまいました〜。

本当に歳をとるとあまりにも時の流れが速く、つい
1週間前のことが一昔前のように思われたり、逆に

3年も前の事なのに昨日のことのように時間感覚を
無くしております。

前回ブログをアップしてから1ヶ月間、私自身もそうですが
この1ヶ月間、世界的にも激動の期間でしたネ。

何か自民党の総裁選を5人で勝手にやっていたかと
思ったら、いつの間にか麻生総理大臣も解散総選挙の

ことも言わなくなって、アメリカ発の金融危機勃発。
麻生総理の就任と同時に始まった日本の株価の下落。

もう、完璧に日本経済も失速状態へ。
それに乗じて麻生総理はしっかりと政権にしがみついて

それがいつものことのように個々個人の日常さの中に
政権のことより日々の生活に埋没していっています。

先週の土曜日なのですが、私事なのですが「高校時代の
同窓会」などをしていたものですから・・・・。

まずは亡くなってしまった同級生に黙祷から開始で
日々髪の毛が薄くなっていく男子学生との歓談。

数十年ぶりに同窓会へ参加したという女子学生たちの
うら若き頃の「おもかげ探し」なんかで、あっという間の

1次会、2次会、3次会・・・・。
我々の高校以降の時代を簡単に振り返ってみると、

考えてみれば団塊の世代たちの学生運動の沈静化で
無力感が漂っていた高校時代。

オイルショックでトイレットペーパーの争奪戦をやって、
第2次オイルショックで就職難を過ごした大学時代。

そしてバブル時代に突入しこの世の春を謳歌したと
思ったら、十数年で社会人中堅どころでバブルの崩壊。

北海道の拓銀が破綻し山一証券も破綻。
そしてゼネコンも保険会社も・・・。

なんとか頑張りながら向かえたちょっとだけのITバブル。
そしてまたまたITバブルも崩壊して、ちっとも感じていない

3、4年前の「いざなみ景気」の中でのこのアメリカの
証券バブルの崩壊。

もう何年も前からこのアメリカの金で金を儲ける金融バブルは
いずれ崩壊すると言われていたのだし、

(崩壊しないために9.11のテロやイラク戦争を演出した?
という説も有ります。)

むしろ日本政府はアメリカのポチのようにアメリカ国債を
購入して金融バブルを手助けしていたようなもんだし。

まっ経済は循環すると言うので、この金融バブル崩壊で
しばらくは日本経済も落ち込むだろうけど・・・。

経済危機の中で、何で税金で銀行なんか助けないといけないんだと
貸しはがしを受けたりして、倒産したり廃業したりもした

仲間もいたし、こんな時期はやっぱり一番弱いところへ
すぐ影響が現れるもので福祉施設の経営とか派遣社員のカットだとか、

パート社員の解雇とかで本当に我々一般庶民がモロに影響を
受けるものなのだ。

国も銀行も金融で儲けた人たちは、予測不能な事態だったので
税金投入は仕方がないというけれどそれは嘘だ。

もう何年も前から、いろんな人たちがこの世界的経済危機を
金融バブルがはじけることを予測していたのだから。

世界中が公的資金で銀行などを守ろうとしていますが、
日本の銀行にもまた投入なんていう事態が来るのでしょうか?

頼むぞアメリカ金融企業の救済に打って出た三菱東京UFJ銀行や
みずほ銀行!!


まっ、同窓会ついでに我々50代中の生きてきた時代背景を
そこはかとなく書きつらねましたが・・・、

50過ぎたら「同窓会」の合言葉のようになっていたな。
「生きてるだけで丸儲け、これからも何とか生きていこう!!」って。


こういう時代は次のチャンスが来るまで、ひっそりと自分磨きの
修行です。

ここ→→ 誰でも学べるデザインの学校


そうそう、10月は毎度の事ながら完成物件の追い込みの時期なのです。
1年前も本日も何も変わっておりません!!

1年前のブログ記事

ここ→→ これでいいのか?

posted by 情報建築家・niNaru  at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。